文化・ライフ

ザッケローニ監督率いる日本代表はW杯予選を突破できるか(写真:時事)

ザッケローニ監督率いる日本代表はW杯予選を突破できるか(写真:時事)

 楽観視はできないが、これで文句を言ったらバチが当たるだろう。

 2014年サッカーW杯ブラジル大会の組み分けが決まった。アルベルト・ザッケローニ監督率いる日本代表はコートジボワール、ギリシャ、コロンビアとともにC組に入った。

 最新のFIFAランキングはコロンビアの4位を筆頭にギリシャ12位、コートジボワール17位、日本47位。4カ国の中では日本が最も格下だが、これはあまり気にしないほうがいい。

 ちなみにホストカントリーで、W杯優勝5度のブラジルは10位。誰もコロンビアよりブラジルの方が弱いとは思わないだろう。

 C組4カ国のW杯での成績を見てみよう。

 コロンビア 出場4回、最高成績ベスト16(1990年)、3勝8敗2分け

 ギリシャ 出場2回、グループリーグ敗退、1勝5敗

 コートジボワール 出場2回、グループリーグ敗退、2勝3敗1分け

 日本 出場4回、最高成績ベスト16(02年、10年)、4勝7敗3分け

 このように戦績だけを見れば、日本が一番いいのだ。

 参考までに英国のブックメーカー「ウィリアム・ヒル」のC組突破オッズを紹介しよう。

 上から順にコロンビア1・22倍、コートジボワール2・00倍、日本2・25倍、ギリシャ2・87倍。

 トップから最下位までのオッズの幅はわずか1・65倍。実力が拮抗しており、どこにでもチャンスはあるとの見立てだ。〝どんぐりの背比べ〟と言うと聞こえは悪いが、全8組の中で、これだけ混戦が予想されるグループは他にない。

 日本は過去、W杯に4大会連続で出場しているが、初出場の98年フランス大会はアルゼンチン、06年ドイツ大会はブラジル、そして前回の12年南アフリカ大会にはオランダと、ホストカントリーとなった02年日韓大会以外はすべて「こりゃ、ちょっと勝てないな」と思われる相手がグループにひとつはいた。実際、以上のチームに日本はすべて負けている。

 ところが、今回はそういうチームがない。4チームの中では、頭ひとつ抜けていると思われるコロンビアについても、それほど恐れる必要はあるまい。

 コロンビアと言えば、忘れられないのが94年米国大会での破局だ。戦前、同国は戦力が充実していることに加え、開催国の米国に近いという追い風もあり、優勝候補に推す声も少なくなかった。

 なにしろ、前年の南米地区予選では、それまで33戦無敗だったアルゼンチンをたて続けに破ったのだ。しかもブエノスアイレスに乗り込んでのアウェー戦は、ワンサイドの5対0。この歴史的勝利に狂喜乱舞したコロンビア国内では20人を超える死者が出たという。

 メンバーもビッグネームがズラッと揃っていた。司令塔は南米年間最優秀選手賞に輝くカルロス・バルデラマ。ファウスティーノ・アスプリージャ、フレディ・リンコン、アドルフォ・バレンシアという三発の核弾頭が揃う攻撃陣は「世界最強」との評価さえあった。

 しかし初戦、ルーマニアに1対3と粉砕されると、ホストカントリーの米国にも1対2で敗れ、わずか2戦で決勝トーナメント進出の望みは潰えたのだった。

 米国戦でオウンゴールを献上したアンドレス・エスコバルは帰国後、凶弾に倒れた。賭博を開帳していた地下組織の仕業だといわれている。

 この事件が選手たちに与えた影響は測り知れない。下手を打てば命まで取られるのだ。これ以降、コロンビアは1度だけ本大会に出場したが、グループリーグで敗退している。代表チーム全体に巣食うトラウマはそう簡単に克服できるものではあるまい。

 決勝トーナメント進出を果たす上で、日本にとって最も大切なのは初戦のコートジボワール戦である。直近の対決は南アフリカ大会前にスイスで行なわれたテストマッチ。日本は0対2で敗れ、これをきっかけに「守りのサッカー」にシフトしたのである。

 ディディエ・ドログバ、ヤヤ・トゥーレら世界的なスターを要するコートジボワールには、今回も「アフリカ最強」の呼び声が高い。

 日本サッカー協会最高顧問の川淵三郎氏は「初戦のコートジボワール戦がすべて。ここに負ければ3連敗もあり得る。前回はカメルーンに勝って勢いに乗ったが、あの時のカメルーンはギャランティの問題などをめぐって協会と選手がもめており、一枚岩ではなかった。今回はよほど、心して戦わないと勝てない」と辛口のエールを送っていた。

 勝てそうもない相手はいないが、簡単に勝てる相手もいない。それを踏まえれば日本が入るC組は別の意味で〝死の組〟と言えるだろう。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

自動車産業・産業機械の世界的サプライヤー、シェフラーグループの日本法人で2006年イナベアリングとエフ・エー・ジー・ジャパンが合併して設立。国内4拠点で自動車エンジン、トランスミッション、シャーシなど精密部品、産業機械事業を展開する。文=榎本正義四元伸三・シェフラージャパン代表取締役・マネージング…

シェフラージャパン代表取締役 マネージング・ディレクター 四元伸三氏

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

【特集】2019年注目企業30

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年5月号
[特集]
進化するチーム

  • ・総論 姿を変える日本の組織 個人とチームが互いに磨き合う時代へ
  • ・小笹芳央(リンクアンドモチベーション会長)
  • ・稲垣裕介(ユーザベース社長)
  • ・山田 理(サイボウズ副社長)
  • ・鈴木 良(オズビジョン社長)

[Special Interview]

 南場智子(ディー・エヌ・エー会長)

 「社会変革の今こそ、組織を開き、挑戦を加速する」

[NEWS REPORT]

◆社長になれなかった松下家3代目がパナソニック取締役を去る日

◆DeNAとSOMPOが提案する新たなクルマの使い方

◆ここまできたがん治療 日の丸製薬かく戦えり

◆ブレグジット目前!自動車各社は英国とどう向き合うか

[特集2]九州から未来へ

 九州一丸の取り組みで生まれる新しい産業

ページ上部へ戻る