広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

準備万端で夜明けを待つ 東レの炭素繊維戦略

ニュースレポート

炭素繊維世界最大手の東レが9月末に米・炭素繊維メーカーであるゾルテック社を買収した。今まで航空機などの先端分野に経営資源を集中していた東レだが、ゾルテック社が扱うのは汎用性が高い別のタイプ。あえて拡大していく狙いを追った。 (本誌/古賀寛明)

炭素繊維のメリットとは?

構造材の50%を炭素繊維複合材が占めるボーイング787

構造材の50%を炭素繊維複合材が占めるボーイング787(写真=ANA)

 「強くて軽い」炭素繊維が、近年注目を浴びるようになった要因の1つに、大幅な航空機への使用が挙げられる。

 エアバス社、ボーイング社のどちらの予測でも、今後20年間で、航空機は新たに3万機から3万5千機ほどつくられるようだ。金額に換算すれば500兆円に迫る。

 その背景には、東南アジアや南米がけん引する経済成長とLCCの世界的な活況がある。

 航空会社にとって燃料費の軽減は各社必須の課題である。環境問題に対する意識の高まりを考えれば、燃費効率の高い航空機に人気が集まるのは当然のことだ。

 鉄に比べ重さは4分の1、強さは10倍、硬さも7倍、おまけにさびないという夢の新素材の炭素繊維は、全日空がローンチカスタマーとしてボーイング社とともに開発にも携わったボーイング787でも目玉になった。機体の構造材の50%を炭素繊維複合材が占めるこの航空機は、3%ほどしか使っていない767という機材に比べ、大幅な軽量化を可能にし、20%もの燃費の向上に役立った。さらに、耐久性が増したことで、メンテナンスコストが減少するなどメリットは多い。

米企業を買収する東レの狙い

 東レは、エアバス社を傘下に収めるEADS社と炭素繊維の供給では2011年から15年間の長期契約を結ぶ一方、ボーイング社とも東レ独自の技術を導入したことで単独供給を行う。

048_20140107_08 今後新たに投入される新型機には必ずと言っていいほど、炭素繊維複合材が使用されるはずで今後の見通しは明るい。

 好調な航空機需要を押さえ、炭素繊維の中でも高機能、高品位のレギュラートウへの経営資源集中がうまくいっているといえる東レだが、今回、汎用性は高いが、単価の下がるラージトウ炭素繊維メーカーである米ゾルテック社をあえて買収する意味はどこにあるのだろうか。

 東レ広報は、「確かに航空機関連で利益を生み出していますし、需要の伸びは今後も楽しみですが、総量で考えれば影響は限定的です。現在、産業用途の伸びが飛躍的に拡大していますから、ゾルテック社のラージトウを手に入れたことでその分野に対して新たな手が打てますね」と語る。

 確かに、今後20年間で3万機製造されたとしても、年間1500機程度だ。小型機が中心である現状を考えれば、たとえ鉄の40倍の価格といえど、絶対量は限られ、売り上げも伸びない。

 一方、伸長著しい産業用途は、シェールガス運搬の圧力容器をはじめ、圧縮天然ガスや水素のタンク、風力発電のプロペラ、送電線の芯材など用途は幅広い。今回買収したゾルテック社の生産するラージトウは、ヨーロッパで最大の需要がある風車に使用される。また、送電線の芯材も軽さと硬い性能を利用すれば、たるみが抑えられ、広い国土を持つ国であれば、鉄塔間の距離を伸ばすことができる上、送電コストを減らせるなど可能性に満ちている。

炭素繊維の新たな有望市場で増す東レの存在感

 今でも、炭素繊維の将来性を疑う者はいないが、一方で継続の難しい事業だといわれている。欧米企業は軒並み撤退、もしくは事業縮小しており、生き残りは非常に難しい。そんな中、東レを筆頭に帝人系の東邦レーヨン、三菱レイヨンの日系3社が長く業界を引っ張ってきたのには、日系企業の培ってきたアクリル原糸の性能の良さが寄与しているそうだ。

 東レは、1971年の事業開始より赤字を出しながらも技術開発を進め事業を継続してきた40年以上の歴史がある。ついに航空宇宙関連などの高機能用途にめどをつけ、年率15%の伸びを示す市場を背景に汎用性の高い分野への新たな一歩を踏み出したといえる。

 新たな有望市場としては、自動車向けの用途が挙げられる。

 今はまだ高級車の一部分に使用されているにすぎないが、車体に炭素繊維を使用することになれば、今後飛躍的に拡大する分野になるはずだ。

 しかし、まだ導入されないのには当然理由もある。現在のラインでは部品同士を溶接して完成させていくが、炭素繊維を使用する場合は、一度に成形する必要が出てくる。衝突安全性の向上や組立工数の削減に寄与するのだが、新たにラインをつくらなければならないため、自動車メーカーの英断が求められる。

 無論、東レも黙っていない。11年には、自らEV(電気自動車)コンセプトカーをつくり、次世代型の戦略を提案、各自動車メーカーを刺激している。

 既存の納入先に対しても、炭素繊維での納入ではなくプレプレグという樹脂を染み込ませたシート状の中間基材や成形品にするなど付加価値を高めて単価をあげている。前出のボーイング社への供給でも、機体に鳥などの物体が衝突した場合、金属に比べ衝撃を吸収する力が弱かった。しかし、プレプレグの層に粒子を混ぜることによって従来の金属よりも強度を持たせることに成功している。

 東レの総売上高の中でも、炭素繊維事業は、まだ15%前後だが、「技術者は、まだ炭素繊維の能力の10%〜20%の能力しか引き出せていないと言っています」(同広報)

 待ちに待った夜明けは、もうすぐかもしれない。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る