マネジメント

ここ1、2年多くの企業からAI(人工知能)の利用、活用といった言葉が聞こえてくるが、実際、AIによって社会はどのように変わっていき、どのような効果を生み出すのかについてはあまり見えてこない。そこで、配車アプリから、創薬、バーチャル警備システムなど、さまざまな領域で積極的にAIを活用しているディー・エヌ・エー(以下、DeNA)の守安功社長に、AI拡大の背景やこれからの変化について、分かりやすく説明してもらった。聞き手=古賀寛明 Photo=山内信也(『経済界』2019年11月号より転載) 

 

守安功・DeNA社長プロフィール

守安功DeNA社長

もりやす・いさお 1973年、茨城県生まれ。98年、東京大学大学院(工学系研究科航空宇宙工学)修了後、日本オラクル入社。99年、ディー・エヌ・エーにシステムエンジニアとして入社し、「モバオク」や「モバゲータウン(現Mobage)」などを立ち上げる。2006年取締役に就任。11年代表取締役社長に就任し、13年よりCEOを兼務。

 

AIがもたらす社会的変化とは

 

—— ビジネスの世界でAIという言葉が当たり前のように聞かれるようになりました。AIは社会にどのような変化をもたらしますか。

守安 インターネットの登場を考えると分かりやすいかもしれません。1990年代の後半から一般に普及しはじめたインターネットは、今ではサービスに当たり前のように入りこんでいますが、当時は事業化できるのか、そもそも実用化できるレベルなのか、といわれていたのです。

 それが、今や社会になくてはならないものになっています。AIもインターネットと同じように、既存のサービスに付加価値を与え、次の事業を生み出していくことが一般的になると考えられています。

 ですから、今はバズワード的に使われ、1、2年後は少し下火になっているかもしれませんが、5年、10年のスパンで見れば、AIによって社会のさまざまなものに付加価値をつけられると思っています。

—— DeNAは、そのAI開発に力を入れていますが、いつから、そしてその理由は何ですか。

守安 AIの専門部門をつくって、もう3年ほどたちます。最初は数人からのスタートでしたが、今はスペシャリストだけで70人ほどの規模になりました。

 力を入れる理由のひとつがビジネス環境です。IoTによって、いろいろなものにセンサーがついてデータがたまるようになってきています。

 加えて、5Gになることによって通信のデータ量は増大し、コストは劇的に下がっていきます。半導体にしてもムーアの法則で処理能力はますます上がっていきますので、データの活用で新たな価値を生み出すことが、どんどん可能になっているのです。

 これは直接AIに関係するわけではない世の中の流れですが、その大量のデータをうまく扱えるようにするのが、AIの技術です。

 もうひとつの理由が、われわれはITの会社ですのでITのエンジニアや大量のデータを扱える基盤があります。そうしたこともAIを扱う上で大きなアドバンテージです。

 さらに当社は、「Delight and Impact the World」、世界中に驚きを与えるようなサービスで楽しみと喜びを届けていく、というビジョンを掲げています。

 “デライト”は楽しさや喜びという意味ですが、エンタメとしての楽しさもあれば、利便性や効率性といった付加価値の向上も、デライトのひとつです。AIを使うことによって、手掛けるサービスすべてに付加価値をつけられるのではないか、デライトを提供する上でAIが役に立ってくるのではないかということで、本腰を入れて注力しています。

—— AI活用は「逆転オセロニア」というゲームからだそうですね。

守安 今も当社の主力事業はゲームですが、ゲームの世界も過去の家庭用コンピューターゲームの頃とは変わっています。

 かつては面白いゲームをつくって買ってもらうまでがビジネスでしたが、インターネット時代のオンラインゲーム、スマホ向けゲームは、発売してからが勝負です。

 ユーザーさんの反応を見て、「こう変えれば面白くなるのでは」、「こういう機能を追加すればどうか」といった、運営型のサービスに変わりました。

 例えば、「最初の段階での離脱率が高いから、チュートリアルを変えよう」ということができます。そのため、数百万、数千万人の膨大なユーザーデータを解析し、利用動向を把握することが重要になっています。

 その結果、分析の基盤には相当な技術の蓄積がされましたし、アナリストの解析力も磨かれました。「逆転オセロニア」は当社のオリジナルであったので、そのナレッジの上にAIの専門家を入れて、新たな付加価値を生み出しています。

 

AI領域におけるDeNAの強みとは

 

—— DeNAのAI領域の強みというのはどこにありますか。

守安 優秀な人材だと思います。現在、伸びているのは、数年前から注目を浴びているディープラーニング(深層学習)の分野です。画像認識の精度が人間と比べてなかなか超えられなかったものが、一気に超えました。

 例えば、認識技術が劇的に上がったことで、囲碁の世界でもグーグル系のディープマインドが開発した「アルファ碁」が世界のトップ棋士に勝つという、数年前には考えられなかったことが起こっています。私も囲碁をやりますので、こういうことも起こるかなと思っていましたが、予想よりも早く衝撃を受けました。こうした深層学習が得意な、コンピュータービジョンに精通しているエンジニアが、研究開発チームに30、40人ほどいます。

 もうひとつの分野が、データサイエンティストという、世の中のデータの最適なモデリング、予測をしていく人たちです。分析にもいろいろな手法があるのですが、問題によって有効な統計、分析手法は変わりますので、そのデータごとに最適な手法を見つけられる優秀な人がいるのが強みです。

 いずれの分野でも、企業がコンペ形式で課題を出し、もっとも精度の高い分析を行った人に賞金が出る「Kaggle〈カグル〉」という世界中のデータサイエンティストが技を競うコミュニティがあるのですが、そのカグルで優秀な成績を収め、カグルマスターやグランドマスターと呼ばれる称号を得た優秀なエンジニアに入社してもらっています。

 彼らは業務時間内でもカグルに取り組むことが許されていますし、当社の事業範囲が広いことも、優秀なエンジニアが集まる理由になっています。

—— 囲碁をやられるのですか。

守安 私が始めたのは40歳の時で、1年で初段になるほどはまりました(笑)。ルールがシンプルで、置き碁というハンデがあるので、レベルが違っても同じような実力で楽しめるのが魅力です。しかも運の要素がないので、実力が如実に出る。

 突然AIが強くなったのは衝撃でしたが、私自身はそんなこともあるかなと思っていました。この例は、自分たちの業界は匠の技術があるのでAIには超えられないと思っている場合の参考になるはずです。囲碁でもあったように、技術が一度追いつくと、あとは離されていく一方です。というのも人は1日8時間しか働けず1人での蓄積ですが、AIはさまざまな場所での経験が集約されて上達していきます。

 そういう意味で、今後は驚かされることが増えてくるのではないかなと思っています。

守安功DeNA社長

「囲碁の例のように今後はAIに驚かされることが増えてくる」と語る守安社長

社会課題解決の切り札としてのAI

 

—— AIの進化で倫理や法についての議論が必要だと言われていますが、この点をどう考えていますか。

守安 AIの定義によって違いますし、何に気をつけなければならないかも変わってきます。

 ちまたで言われるシンギュラリティ(技術的特異点)が起こり、数十年後に人類がコンピューターに支配されるといった恐れを抱く方がいらっしゃいますが、これは考えが飛躍しすぎだと思います。ある特定のAI、例えば、囲碁では既に人間の知性を超え、他の分野でも今後広がっていくと思いますが、囲碁のAIは将棋ができませんし、法律も理解しないわけです。

 汎用的な人工知能と特化された人工知能は全く違います。特化したものは次々と出てきますが、汎用性のあるAIの実現はまだまだ難しいのが現状です。

 一方で、データを大量に扱うようになっていますから、個人情報などプライバシーの問題は発生しやすくなると思っています。

 しかし、これもAIだから出てくる問題ではなく、単純に個人情報やプライバシーをどう守るかが大切です。つまりAIと絡めずに、個人情報の問題として向き合っていくべきでしょう。

 倫理の問題についても同様です。ただ、新たなサービスには予測もつかなかったことが起こり得るのですから、その時々に法や倫理に照らし合わせて考えるべきだと思います。

—— 将来、AIによって日本社会はどう変わりますか。

守安 AI脅威論はないのはもちろん、日本の社会課題はAIの利用で解決できることが増えると思っています。

 例えば、寿命が延びてきていますが、健康寿命を考えると、最後の5年間は寝たきりでしたということも多いわけです。そういった分野でも創薬をはじめとしてAIが役立つはずです。そして、健康寿命が延びれば、余暇の時間が増えますからエンタメを含め、個人が自分らしい楽しみを見つけて、生き生きとした人生を送れるはずで、そこにAIが貢献していくのです。

 大量生産、大量消費の時代から、多様な価値観のパーソナライズされた時代が来ています。AIはそこに貢献できるはずです。しかし、今も悲観的にとらえる人が多いような気がします。

 ビジネスの面では、労働力不足は少子高齢化の進む日本の大きな課題です。この課題を解決できれば、今後他の国でも同じ問題を抱えますから、ビジネスとしても大きなチャンスです。

 もうひとつ、エネルギーの問題も解決できると思っています。気温の上昇率を考えれば確実に温暖化は進んでいます。持続可能な社会のためには、CO2の削減につながる再生可能エネルギーを増やさなければいけません。しかし、太陽光にしても風力にしても、発電量は自然環境に左右され安定的ではありませんから、今後、電力の最適化が大事になってきます。

 そこにAIが活躍する機会があります。持続可能な社会を実現するためにも、AIは欠かせないと思っています。

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る