政治・経済

アベノミクスによる景気回復策を好感してか、輸入車販売台数は対前年比2桁増と好調に推移している。少子高齢化を背景に、国内販売台数の減少に歯止めがかからない自動車業界の中にあってこれは例外的な朗報と言っていいだろう。 (本誌/大和賢治)

プジョー・シトロエン 認知度向上に努める

大きな期待を寄せる「プジョー2008」の前で。ジャン・イブ・ドッサル氏(左)と上野国久社長(右)

大きな期待を寄せる「プジョー2008」の前で。ジャン・イブ・ドッサル氏(左)と上野国久社長(右)

 12月1日に好評のうちに閉幕した第43回東京モーターショーだが、注目したいのは輸入車のWP(ワールドプレミア)が前回を大きく上回っていたことだ。アベノミクス効果は、特に富裕者層の購買意欲の喚起に寄与し、高級乗用車へのニーズとなって現れているのだ。輸入車各社にとってこれは千載一遇の好機、WPを積極的に打ち出した格好だ。

 同モーターショーに出展したプジョー・シトロエン・ジャポンの代表取締役社長で在日フランス商工会議所理事でもある上野国久氏とPSAプジョー・シトロエンのアジア事業本部のジャン・イブ・ドッサル営業部長に現状と展望を聞いた。

-- 今回、東京モーターショーに出展した意義は。

上野 輸入車業界として国内市場を盛り上げようというコンセンサスもありますが、ここで新商品を発表すればマスコミ各社で大きく取り上げられる。認知度向上という面では出展は必須です。

-- ブランド認知度は十分ではないですか。

上野 確かにブランド認知度は高いかもしれません。しかし、それがイコール実車の購入とは言えません。一般には、まだ輸入車を特別な車であると思っている方が多いのです。モーターショーのような場で、実際に、手で触り品質を確認していただくことが重要になるのです。

ジャン 日本では輸入車市場という言葉(概念)が確固としてありますね。そんな背景からも日本市場では特別な対応を取らなければなりません。

-- 具体的には。

ジャン 重要なのは差別化です。特にエクステリアのスタイルは特有のものを採用しなければなりません。とはいえ、言葉で表現するのは非常に難しいので、これは実際に見ていただくしかありませんね(笑)。内装でも同様です。一例を挙げますとシトロエンDSラインの内装に使用する革1つ取り上げても非常に高い素材ですが、〝無難〟な素材では納得していただけません。

-- 日本市場はフォローですが、一方、注力している中国市場の現状もお聞かせください。

ジャン 中国では今期は前年比28%増の55万台の販売を予想しております。総市場が10%前後の伸びが想定される中で言えば急成長と言っていいでしょう。牽引しているのがプジョー2008と同308シリーズおよびシトロエンC4シリーズです。さらには深圳工場が11月から稼働し生産性も高まりますから来年も好調は維持できると考えています。近い将来、中国では販売実績100万台を目指せるのではないでしょうか。

-- 中国市場の攻略法についてお聞かせください。

ジャン 上海、北京といった沿海部は乗用車保有に対する規制から、市場は成熟化に進んでいます。そういう中では内陸部へのアプローチが重要になります。内陸部の富裕層も驚異的な勢いで増加しています。国レベルでも内陸部への投資を進め産業を活性化しようという流れもありますので、取りこぼしなく販売につなげていきたい。それには生産の現地化は必須になります。

プジョー・シトロエン 国内販売好調の要因

-- 国内市場に話を戻しますが、昨年、リニューアルしたプジョー208が好調ですね。

上野 そうですね。日本車からの乗り換え需要という意味ではプジョー208の果たす役割は重要です。208は前モデルの206と207の好評だった部分を集めた集大成ですから、今後の販売戦略を構築する上でも良い試金石になりました。さらには208GTiを205 GTi以来復活させましたが、非常に評判がいいのは心強いですね。

-- シトロエンCラインの位置付けは。

上野 Cラインはプジョー208と同様に乗り換え需要のエントリー車という位置付けです。価格帯も200万円台前半からとなっていますので、女性層の掘り起こしにも寄与すると考えています。上位車のシトロエンDSラインもラインアップしていますが、最初の突破口としてはやはりシトロエンC3がふさわしいと考えております。

-- 価格戦略も重要ですね。

上野 そのとおりです。日本車からの乗り換えという意味では、最初の障壁となるのは価格です。しかし、そうは言っても輸入車ならではのハイソなプレミアム感も訴求しなければなりませんから、その兼ね合いが難しい。そういう意味ではレンジ的には200万〜500万円が適切ではないですか。

-- 来年、発売予定のプジョーRCZ Rおよびプジョー2008も注目されます。

上野 プジョーRCZ Rは40〜50代をターゲットに想定しています。価格は540万円になりますので、ベンチマークはポルシェやBMWになりますね。一方のプジョー2008ですが、年間販売台数は2千台はいけると考えています。欧州を感じられる独自性の強いデザインでありながら価格も246万円からと大きな期待を寄せています。

-- 長短の課題は。

上野 長期的には引き続き認知度の向上に尽きます。輸入車が特別な車ではないということをもっと周知しなければなりません。

 また、短期的には顧客満足度の向上です。最後は接客に行き付きますから、これは、トレーニングを日々積み重ねてやっていくしかないですね。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年4月号
[特集] 僕らが宇宙をめざす理由
  • ・岩本裕之(JAXA新事業促進部長)
  • ・松尾剛彦(内閣府宇宙開発戦略推進事務局長)
  • ・岡島礼奈(ALE社長)
  • ・永崎将利(Space BD社長)
  • ・並木文春(IHI理事 宇宙開発事業推進部長)
  • ・宇宙視点で新ビジネス!
  • ・月面農場も夢じゃない キリンのジャガイモ大量増殖技術が宇宙の食を支える
  • ・スタートアップが切り拓く宇宙農業の未来
  • ・20万ドルで飛び立つ 丸い地球と満天の星空へ
  • ・宇宙旅行の前に、宇宙を感じる旅へ
  • ・新薬実現のきぼうは地上400キロの実験場にあり
[Special Interview]

 酒巻 久(キヤノン電子社長)

 宇宙事業に必要なことは「成功を信じてやるしかない」

[NEWS REPORT]

◆いよいよ始まる携帯5G 膨らむ期待と直面する課題

◆23年の長期政権に幕を引く イオン・岡田元也社長の残したもの

◆打倒アマゾンへ 楽天の送料無料化は吉と出るか

◆連続加入者増に赤信号 WOWOWを脅かす定額配信

[総力特集]

 2020年注目企業38

ページ上部へ戻る