広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

外国人旅行客増加を目指す国際空港 キーワードは〝ムスリム対応〟

ニュースレポート

関西国際空港は今年夏、イスラーム教徒の観光客らも快適に利用できる空港を目指す新しいコンセプトを打ち出した。東京へのオリンピック招致が決まったり、成長戦略に外国人観光客誘致が盛り込まれたりするなど追い風が吹くが、現状で日本の玄関口になる空港の環境整備は追い付いているのだろうか。 (本誌/宮崎二郎)

ハラール認証取得でムスリム対応を進める国際空港

ムスリムフレンドリーエアポートを目指す関西国際空港

ムスリムフレンドリーエアポートを目指す関西国際空港

 東京へのオリンピック招致決定をうけて、弾みがついたのは外国人観光客の誘致。中でも注目を集めるのは、東南アジアや中東に多いイスラーム教を信仰するムスリムの外国人の受け入れ体制強化で、とりわけ玄関口となる国際路線を持つ空港の環境整備だ。関西国際空港がさっそく「ムスリムフレンドリーエアポート」というコンセプトを打ち出し、他空港も同様の施策を前向きに進める。

 そこで今回は、勢いづく外国人観光客誘致と受け入れ体制について調査した。

 まずは、背景をおさらいしよう。9月上旬、2013年の出来事の中でも大きく印象に残ったのが20年の夏季オリンピック・パラリンピックの東京への招致決定。それに伴い外国人観光客をいかに増やすかが1つのテーマとして注目を集めた。

 さらに、政府が展開する支援策も手厚い。6月に閣議決定された、アベノミクス3本の矢の1つでもある成長戦略で、「30年には、訪日外国人旅行者3千万人超を目指す」と大きな目標を掲げ、ASEAN諸国へのビザ要件を緩和し、観光客が来日しやすい環境の整備が推進されてきたのだ。

 それでは具体的な取り組みを見てみよう。明確なコンセプトを打ち出した関西国際空港は「ムスリムの訪日観光においては特に『食事・礼拝』に不自由されることがあり、安心して空港を利用」してもらうため、14年3月をめどに施設整備を目指すとしている。

 食事については、事前の予約が必要だが、厳格な基準に合格したハラール認証食品の提供を開始する。関西国際空港の担当者は、「ほかにも、空港内にはハラール認証を取得したザ・うどんやグルメ記念館といったレストランが既にある」と解説する。羽田空港の担当者も、ハラール認証の取得については「進めて行きたい」と前向きな姿勢を示す。

 成田国際空港でも、有料待合室にてハラールミールの提供を12月6日から開始した。

 しかし、事はそれほど単純ではない。このハラール認証については、さまざまな認証団体があり、各団体で認証の基準も異なる。

 現在、日本ハラール協会や日本アジアハラール協会、日本ムスリム協会による認証があり、認証基準もまちまちで、統一された品質が保障されるわけではないというのが一般的な見方だ。また、一口にムスリムといっても非常に敬虔で戒律を厳格に守る人もいれば、比較的寛容なムスリムもおり、要求される基準があるわけではないという。ポークフリー/アルコールフリーのハラール認証を受けたお土産を製造、販売しようという動きはあるものの、課題もある。

 ムスリムを対象にしたお土産の開発を他社と共同で進めている食品卸・ムソーの出口裕起社長はこの点について、「認証といってもさまざまなものがあり、難しい部分もある。それに監査には費用が掛かる上に、一度監査を受けて合格しても、認証を維持するために更新料などが発生するため、それを上回る収入を見込めるかという問題もある」と指摘する。

 記者も以前、日本アジアハラール協会の認証の監査に同行したことがあるが、製造装置に禁忌に触れる素材が使われていないかに確認を要するなど、意外に細かい懸念事項もある。

ムスリム用の礼拝施設を設置した関西国際空港

 他方で、第三者機関による認証に左右されない施設整備については、各空港で着々と進められている。

 それが関西国際空港が2つ目の課題として挙げた「礼拝」施設だ。ムスリムにとってその重要性はよく知られているが、これまでは、施設の整備が追い付いていなかったという。

 関西国際空港の担当者はこれまでの祈祷施設について、「お祈りをする前に、手足を洗いお清めをするが、そのための場所がなかった。中にはトイレの洗面台に乗ってお清めをする人までいた」と既存の祈祷施設の不備を指摘した。

 この点を改善するため、同空港は、礼拝前に身体を清めるための「小浄施設」の設置を推進。その効果か、祈祷室の利用は活況らしい。

「祈祷室の前に設置した電話からの利用者の報告によれば、利用は年間で約1千件。ただ肌感覚では、全体の利用者数は報告件数の約3倍ある」(担当者)と積極的に利用されている現状を説明した。

 成田国際空港も祈祷室の拡充に乗り出した。これまで礼拝や瞑想で利用するための部屋として、サイレントルームを設置していたが、12月1日より「礼拝室」へ名称を変更。身体のお清めをするための水場も近く整備する予定だ。さらに、来年夏までに出国審査後のエリアにも新たに礼拝室の準備を進めているという。

 外国人観光客の誘致と接遇体制強化の取り組みは、政府の成長戦略を含めたオール・ジャパンで推進するプロジェクトだ。新たな集客策が今後も次々と出てくることだろう。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る