政治・経済

「抗がん剤は、株価に効く」。前世紀、製薬企業が創り出した抗がん剤を、口さがない一部の投資家はこう評したという。薬としての効き目は弱いが、株価を押し上げる効果は強い――そんな揶揄を込めた意味合いだ。

 時代は変わり、抗がん剤の製品化には、臨床試験で統計学的に明確な延命効果を証明することが求められるようになった。今でも治療のベースは化学療法剤ではあるが、製薬企業が研究開発を手掛ける抗がん剤の多くは、バイオ医薬品などの分子標的治療薬だ。(ジャーナリスト/山下剛平)

日本企業の相次ぐ大型買収の成果が結実へ

 2000年頃から登場した分子標的薬は、がんの成長や増殖などに関与する特定の体内因子の働きを阻害し、治療効果を得ようとするものだ。がんを叩きはするが、同時に正常な細胞も傷つけてしまう殺細胞性の化学療法剤よりも、少ない副作用でより長い延命効果が得られる。

 日本で認可を得ている分子標的薬をいくつか挙げると、白血病治療薬の「グリベック」(ノバルティスファーマ)、乳がん治療薬の「ハーセプチン」、大腸がん治療薬の「アバスチン」(ともに中外製薬=ロシュ・グループ)などが有名だ。

 いずれも、欧米系の大手製薬企業が開発した新タイプの抗がん剤であり、日本で大きな収益を上げている。最近、日本の医薬品の輸入超過が拡大していることが注目を集めているが、その主役と言えるのが抗がん剤なのだ。

 では、日本の製薬大手はと言うと、残念ながら抗がん剤の研究開発競争には大きく出遅れているのが実情だ。最大手の武田薬品をはじめ、欧米進出で一定の成功を収めた日本の大手製薬企業は、高血圧症や糖尿病といった生活習慣病分野で大きな収益を上げることができたが、相対的に患者数が少ないがん領域には、ほとんど投資してこなかった。

 潮目が変わったのは、ここ5、6年のことである。

 日本の製薬大手の中では、比較的早い段階から自社での抗がん剤研究を手掛けてきたエーザイは07年に米モルフォテックを、翌08年には米MGIファーマを39億㌦で買収。技術や販売インフラ、製品群を整備すると、11年には満を持して、自社研究所で見いだした乳がん治療薬「ハラヴェン」の世界展開に乗り出した。

 武田薬品は08年に、米ミレニアム・ファーマシューティカルズを88億㌦で買収したことで、業界を驚かせた。同社の買収で多発性骨髄腫治療薬「ベルケイド」を獲得するとともに、開発パイプラインや優秀な研究スタッフの取り込みを果たした。

 社外技術の取り込みやベンチャー企業との提携で、目に見えた成果を上げつつあるのが、アステラス製薬である。

 10年にはTOB合戦の末に米OSIファーマを40億㌦で買収し、同社がロシュを通じて世界展開していた肺がん治療薬「タルセバ」を手中に収めるという成果を上げた。だが、アステラスはこの大型買収の以前にも、07年の米アジェンシスの買収などによって、「抗体医薬」と呼ばれるバイオ医薬品の技術基盤を着実に取り入れていった。

 欧米ベンチャーとの提携の成果は、昨年花開いた。米メディベーションとの共同開発を進めていた前立腺がん治療薬「エクスタンディ」が米国で認可を取得し、昨年9月の発売から半年程度で、100億円を超える売り上げを達成したのだ。日本を含む世界展開にも弾みがついている。

日本企業が行った巨額の研究開発投資は日の目を見るか

 もちろん、原則として新薬には生存期間を延長させることが求められる抗がん剤の分野で、すべての開発候補がうまく製品に結実するわけではない。

 アステラスも、大腸がん分野で大型製品に成長すると見込んでいた「チボザニブ」(米アヴェオとの提携品、同社が協和発酵キリンから導入)が、米国申請を果たしたものの、審査の過程で、当局が招集した諮問機関の支持を得ることができなかった。認可の判断はこれからだが、現状では追加のデータが必要となる公算が高い。

 非小細胞肺がんの適応で欧米での開発が進んでいた第一三共の「チバンチニブ」も、第Ⅲ相試験で思うようなデータが得られず、開発中止に追い込まれている。現在は、肝細胞がんなどにターゲットを変更して開発の仕切り直しを進めているところだ。

 ただし、こうした臨床試験の失敗は、欧米の企業でも日常的に経験する通過儀礼と言える。肺や胃、大腸といった具合に、がんは臓器ごとに細かくセグメント化された疾患のため、予定していた適応症で開発がうまくいかなくても、他のがん種に適応症を見いだすことができれば、一定の市場性を確保することは可能である。

 もっとも、日本の製薬大手の一番の課題は、一連の大型買収などの成果を、短期的な製品補完という形にとどまらず、自社の研究力に確実に還元できるかという点だろう。

 買収や技術提携で取り入れた人材やノウハウを、どれだけ自社研究所の血肉として消化できるか、ということだ。過去5、6年の間に投じた数千億円規模の大型投資の真の成否は、今後、自社研究所から革新的な抗がん剤を世界に向けて出せるかどうかにかかっている。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る