政治・経済

高度成長期に急増する都市部の住宅需要を支え、日本人のライフスタイルを変化させた団地。今、その多くが施設の老朽化、住民の高齢化など多くの問題に直面している。「団地再生」は可能なのか? その行方を追った。 (本誌/古賀寛明)

昭和の遺産である「団地」が蘇る

 「部屋が狭い」、「施設が古い」、「地震に弱い」――今の時代「団地」という言葉からイメージされるものは、かくも市場のニーズから取り残されている。

 高度成長期に建てられた団地の多くが築30年以上となり、老朽化への不安はもちろん居住者の高齢化もあり、住民はもとより、行政も今後の対応を迫られている。

 かつて団地は、都市に流入した人口の受け皿となるだけでなく、ちゃぶ台の上で食事をし、同じ部屋で布団を敷いて寝るという1つの部屋を多機能に使う生活を、現代のような「寝食分離」のライフスタイルに変えた。

 「DK(ダイニング・キッチン)」なる言葉も生むなど、庶民の憧れであった。しかし、時は過ぎ団地に対する風当たりは厳しい。ところが、今その団地が変わろうとしている。

 不動産大手の野村不動産は、現在までに首都圏で5件のマンション建て替え工事を行っている。うち2件が団地の建て替えだ。1つが三井不動産レジデンシャルとの共同プロジェクトで、昭和40年完成の「桜上水団地」。17棟404戸を、9棟878戸の「桜上水ガーデンズ」として新たに誕生させる。

 東京23区内でも最大級の大規模団地の再生は、新たな大規模マンションの誕生ではなく、過去の桜上水団地が持っていた「北側、南側の両面に窓があり採光、通風に優れる」特徴を残し、1フロア2世帯構成のゆったりとしたつくり。「最寄りの京王線桜上水駅から徒歩3分という好立地で、4・7㌶もの広い敷地を確保されていた昭和の団地の余裕を感じます。今ならこのような場所を確保するのは難しいでしょうね」(野村不動産広報)とのこと。

 建て替えに合わせて免震構造が採用され、太陽光発電や雨水などを利用した生活用水を生成する機器も整備するなど、災害対策にも余念がない。竣工は平成27年の8月になる予定だ。

 もう1つが、「(仮称)阿佐ヶ谷住宅建て替え計画」だ。東京・杉並区の閑静な住宅街に位置し、昭和33年に完成した。

 2階建てのテラスハウスや3~4階建ての中層団地などで構成された総戸数350戸の大規模団地は、ル・コルビュジエに師事した前川國男氏の設計で、建築好きの中でも評価が高かった。こちらも老朽化が進み、平成7年に再開発委員会が発足、建て替えの検討が進められ、その後権利者全員の合意による等価交換方式が採用された。建て替え後は580戸になり、うち380戸が新たに分譲される予定だという。

 両プロジェクトに共通するのは、駅から近く、近年では考えられないような緑豊かな広大な敷地を誇ることだ。阿佐ヶ谷住宅も敷地面積5㌶を誇り、東京メトロ丸ノ内線の南阿佐ヶ谷駅から徒歩5分に位置する。

 しかし、老朽化したほかの団地が、今後もすんなり建て替えられるというわけではない。

 桜上水ガーデンズは、建て替えが検討されてからなんと25年もかかっているのだ。阿佐ヶ谷住宅でも前述のとおり、再開発委員会が発足してから18年の歳月が流れている。

 平成14年「マンションの建替えの円滑化等に関する法律」が施行されたが、影響はあくまで限定的で、結局は「住民の皆さまの熱意」(同)が建て替えの原動力であったという。しかも、今回の両地区は都心に近く、最寄りに駅もあるので、再開発で戸数を倍に増やしたとしても需要がある。

 しかし、郊外で、駅から遠く、スーパーなどの商業施設も近くにない団地などでは、とてもではないが採算が合わない。では、諦めるしかないのであろうか。

 だが、建て替え以外にも解決策がないわけではない。

「団地」再生のカギ 自由とIT化が救世主

 一般的に賃貸物件であれば、部屋のリノベーション(リフォームよりも大規模な改修工事)が許可されることは少ない。仮に許可されても原状回復義務が生じるため実際的ではなかった。UR賃貸で知られる独立行政法人都市再生機構は、リビング・ダイニングの壁の原状回復義務を免除し、自由にカスタマイズできる「カスタマイズUR」プロジェクトを始めている。

 欧米では、既存の建築物を自分なりにデザインし居住するスタイルが浸透しており、流通シェアの7割以上を占めるという。一方、新築物件の人気が高い日本だが、ここにきてようやく個性に合わせた住宅を求めるようになってきたようだ。

 都心で自分の思いどおりの住宅を手に入れようと思えば、相当な費用が掛かるが、郊外の団地でリノベーションできるとなれば、夢の実現度は高くなる。

 IT化が進む世の中ならば、在宅勤務など選択肢も広がり、必ずしも交通至便という条件は最優先というわけではない。新たな住民の流入でコミュニティーが復活すれば団地もまた復活できる。

 UR都市機構が、このプロジェクトで連携するのは、「ベランダが広く使える」とか、「倉庫みたいな」、「秘密基地のような」遊び心のある物件を世に知らしめた東京R不動産というから楽しみだ。現在、カスタマイズが可能な対象団地は3つの予定だが今後の広がりが期待される。「カスタマイズURを通じて、多くの方に自分好みの空間づくりを楽しんでもらい、賃貸住宅マーケットの活性化につなげたい」(広報)と期待する。

 団地の建て替えを行う「スクラップ&ビルド」か、多様化するライフスタイルに合わせた「ストック・リノベーション」か、異なる選択肢で団地の再生に挑む。

 コミュニティーの再生にもつながる団地の今後は、日本の課題を浮き彫りにしているだけに、今後も目が離せない。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

現存の不動産に新しい価値を創造する「心築(しんちく)事業」とJ‐REIT運用、太陽光などのクリーンエネルギー事業が主力。社名の「いちご」は一期一会に由来しており、サステナブルインフラを通じて日本の社会を豊かにすることを目指している。文=榎本正義(『経済界』2019年9月号より転載) 長谷川拓…

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

社員に奨学金を提供―ミツバファクトリーが実践する中小企業が勝つための福利厚生とは

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る