マネジメント

2020年に設立60周年を迎える理化電子の戸田泰子社長は、27歳だった15年に父から同社を引き継ぎ、それから約5年がたった。半導体検査装置などの製造・販売を手掛ける同社の年間売上規模は10億円超、約120人の社員を抱えている。その組織の若きリーダーとして、戸田社長はどのような信念を持っているのだろうか。聞き手=唐島明子 Photo=佐藤元樹(『経済界』2020年3月号より転載

 

戸田泰子氏プロフィール

戸田泰子 理化電子社長

とだ・やすこ 1987年生まれ、東京都出身。高校1年生の時に米国へ2年間留学。上智大学卒業後、PwCジャパンに入社しコンサルタント業務に従事。その後2013年に理化電子に入社、15年3月に社長に就任した。

 

戸田泰子氏が語るリーダーとしての信念

 

リーダーとしての振る舞いと課題

―― 27歳だった2015年に理化電子を継いで社長に就任し、それから4年たちました。リーダーとして何か変化したことはありますか。

戸田 就任当時からこれまで、社員が接しやすいように、私としてはフレンドリーで常に寄り添えるように振る舞ってきました。

 ですが、いつも社員目線で「そうですよね、大変ですよね」と言ってばかりでは組織にとって良くありません。あるミッションを与えられた社員が、そのミッションを達成できなかった時には、事情をくんで理解を示すよりも、できなかったという結果に対してある程度の厳しさを持って接することも必要なのではないかと。私は厳しくするのは全然得意ではないのですが、それが今の自分の課題です。

「老舗ベンチャー」に込めた思い

―― 社長に就任した頃、戸田社長は「『老舗ベンチャー』に生まれ変わりたい」と仰っていました。それは今も変わりませんか。

戸田 変わりませんね。老舗ベンチャーに込めた思いは、海外ではスタートアップが社会を揺るがす存在になっていますが、日本でそれと似た立ち位置になれるのは、中小企業だという考えにあります。

 日本の中小企業には、老舗として積み上げてきた技術力やサービスなど、信頼をともなう地盤があり、それは大きな強みです。さらに身動きがとりづらい大企業とは異なり、スタートアップのようにフットワーク軽く、早い意思決定ができる良さもあります。地盤を持つ日本の中小企業が、スタートアップのようにスピード感あふれる動き方ができれば、世の中を席巻できるはずです。

 今まで大企業の下請けをしていた中小企業が、そこから一歩踏み出し、自分たちの技術を生かして世界に挑戦するようになると、日本がまた活性化されると思います。

―― 老舗ベンチャーの考えは社員に浸透していますか。

戸田 新入社員については、ベンチャーマインドが強い人を多く採用していますが、既存社員の間では、恐らくまだまだですね。しかし、そこはあまり押し付けていません。

 私としては、既存社員は老舗の部分を守ってくれる人たちだと考えていますし、個人個人が目指したい姿や生き方を大事にしたいです。今のままで何の変化もなくていいという人もいますが、それはそれで毎日のルーティン作業をやってくれる大切な存在です。

 一方で新しいことにチャレンジしたい、変化したいという人に対しては、どうすれば実現できるか一緒に考えたい。組織は両方いてバランスが取れるものですから、いずれの存在も大切です。

―― それは社員の多様性を尊重することにもつながりそうです。

戸田 日本の学校教育は、みんなが同じようなスキルを身に付け、一定水準のレベルを担保するようなところがあります。しかしこれから世界で日本がプレゼンスを高めていくには、「個が持つ力をいかに生かすか」がキーワードになると思います。

 日本で言っている多様性は、性別、人種、LGBT、障害の有無のように、スペック的な側面が強いですよね。しかし真の意味での多様性は、スペック的な多様性では取り上げられない、いわゆるマジョリティに属するような人たちの中に存在する内的な多様性をどう引き上げ、それをどう容認し、どう応援するかを意味すると私はとらえています。

 経営者として、マジョリティに属するかもしれない個人が、今以上に輝く環境や仕組みを作っていきたいですね。

 

理化電子トップとして戸田泰子氏が目指すもの

 

―― 事業面では、今後どのような方向に導こうと考えていますか。

戸田 これからの世の中においては、何をするにおいてもボーダーレスだと思います。日本は島国であるため、国外に出ていくことについてハードルを高く感じることがありますが、それはとてももったいない。

 特に私たちが扱っている半導体の分野では、海外展開は必須ですし、海外でのプレゼンスをもっと上げていきたいです。国境の垣根がないような動き方が理想ですね。

―― 国内での取り組みはいかがですか。

戸田 私たちは現在、社員120人ほどのそれほど大きくない会社ではありますが、「社員の人たちが活躍しているよね」と言っていただけるような会社にしたいです。

 個人的には、日本人が持っているポテンシャル、魂に持っている力はとてつもなく大きいけれども、それが今は生かされていない状態だと感じています。理化電子の社員、そして日本人がもっと活躍できる世の中にできると考えていす。会社の枠を飛び越えてしまっているところがありますが、日本を元気にしたいという思いがとても強くあります。

 理化電子という会社のトップである立場を生かしつつ、起業しようとしている人の後押しをしたり、社会に対して何かゲームチェンジャー的なメッセージを発信していきたいです。

 また航空宇宙業界や福祉・医療業界など、国内のスタートアップ企業とは、いろいろとお話をさせていただいています。お金を入れるという形での関わり方は私たちの規模ではなかなか難しいですが、共同研究などで協力できればと。私自身はリーダーとしてはまだ成長過程ですが、模索しながら信念は変えずに進んでいきたいです。 

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件とダスキン事件に学ぶ 不祥事対応の原則

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

ブラック企業と労災認定

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

社員17人で41億円を売り上げた社長が語る「中国で越境ECを成功させる秘訣」―栖原徹(ピルボックスジャパン社長)

今や米国と並び、世界最大級の消費市場となった中国。その中国で爆発的なヒットを飛ばしているのが健康食品・サプリメントなどの越境ECで展開するピルボックスジャパンだ。同社を率いる栖原徹社長に、中国市場で成功するための秘訣を聞いた。(取材・文=吉田浩) 栖原徹・ピルボックスジャパン社長プロフィール…

栖原徹・ピルボックスジャパン社長

意思決定の効率化を実現しデータ活用に革命を起こす―インティメート・マージャー

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

 企業経営者にとって「理念」や「志」が大事とはよく言われるものの、今一つピンと来ない向きも多いのではないだろうか。成功した経営者がいくら精神面の重要性を説いても、日々の現実と格闘している経営者にとっては、ただの綺麗ごとに聞こえてしまうかもしれない。 それでも、ビジネスを成功させるために最も大切なのは「志」だと…

立志財団

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

アスリートのセカンドキャリア問題に真正面から取り組む―中田仁之(一般社団法人S.E.A代表理事)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年3月号
[特集] 令和女史のリーダー哲学
  • ・元谷芙美子(アパホテル社長)
  • ・石黒不二代(ネットイヤーグループ社長)
  • ・小巻亜矢(サンリオエンターテイメント社長)
  • ・石渡美奈(ホッピービバレッジ社長)
  • ・戸田泰子(理化電子社長)
  • ・吉本新喜劇で初の女性座長は「イキらず、驕らず、高ぶらず」の支えるリーダー
  • ・敏腕ヘッドハンターが語る リーダーに求められる力は使命感に裏付けられた勇気
  • ・本と映画に学ぶ女史たちの生き様
[Special Interview]

 橋本聖子(女性活躍・東京五輪・男女共同参画担当大臣)

 女性が輝く新時代へ 政治家もOne Team

[NEWS REPORT]

◆CESでコンセプトカーを発表 ソニーが自動車メーカーになる日

◆アマゾンと提携したライフ 新規顧客獲得は成功するのか

◆ゴーン被告逃亡の影響は? 内田誠・日産新社長の前途

◆血液によるがん診断で日本の医療費は高騰する

[特集2]

 スタートアップ!関西

 日本の起業家たちが関西に注目する理由

ページ上部へ戻る