マネジメント

競争戦略論とイノベーション① 経済的価値を生み出さないゆるキャラ

熊本県PRマスコットキャラクター「くまモン」

熊本県PRマスコットキャラクター「くまモン」

 前回は、規制とイノベーションの関係を考えた。規制のあり方はイノベーションの生成に大きな影響を与える。また、新規参入企業を促進するような規制のあり方がインパクトの大きなイノベーションのためには重要になるという話をした。

 今回は、最近どうしても気になる地域振興についての〝ゆるい〟話である。近頃の地域振興で、どこにいっても目にするのが「ゆるキャラ」である。その生息は日本全国に広がっている。最初のゆるキャラグランプリには、169体のエントリーがあった。それが、第2回には349体と、わずか1年で2倍に増加した。第2回である2011年大会では、今やすっかり有名になった熊本の「くまモン」が1位に選ばれた。13年の第3回のゆるキャラグランプリには、なんと865体ものエントリーがあったという。

 ここで少し考えてもらいたい。くまモンが1位に選ばれた第2回のゆるキャラグランプリの2位と3位を知っているだろうか。第2位は今治のタオル地の「バリィさん」、第3位は西国分寺の「にしこくん」である。即答できた人はかなりのゆるキャラマニアだろう。それでは4位と5位はどうだろう。栃木県大田原市の「与一くん」、名古屋市の「はち丸・だなも・エビザベス」なのだが、こうなってくるとイメージすら湧いてこない。

 それでは、くまモンの賞味期限はどうだろう。ここで言う賞味期限とは、くまモンが生み出す経済的な価値である。例えば、普通のポケットティッシュでも、くまモンがプリントされていると人々が好んでそれを買うかどうかである。くまモンは全国的にも有名になったためその経済的な賞味期限はそれほど短くない。しかし、それでも恐らく数年だろう。次のブームがくると大きくその経済的な価値は下がってしまう。2位以下のバリィさんやにしこくんなどに関してはその減損のスピードはさらに早い。ほとんど経済的な価値を生み出していないゆるキャラのほうが多いはずである。

競争戦略論とイノベーション② ゆるキャラに見る安易な横並び思考

  300や800ものエントリーがある競争の中で、経済的な価値を生み出せるのはトップの1つか2つである。これを普通の市場に置き換えて考えてほしい。300や800もの企業が同じ土俵で競争する市場は、確実にレッドオーシャンである。レッドオーシャンでは高い付加価値は作れない(その土俵を創った側は儲かるのだが)。ジャック・ウェルチではないが、そのマーケットで1位か2位になれないのならば、早くに撤退し、貴重な経営資源をより有効に活用するほうが良い。しかし、なぜ、レッドオーシャンに正面から突っ込んでしまうのだろう。

 先日、技術力の高い中小企業が集積する地方に招待していただいた。そこでもゆるキャラがウロウロしていたので、担当者に聞いてみた。そうすると「まわりの市ではどこでもやっている。うちではなぜやらないのか?と聞かれるとやらざるを得ないのですよ(笑)」という。これは競争戦略論的には、大きく間違っている。他と違うことをやるからこそ、付加価値が生み出せるのだ。「他がみんなやってるから、うちも…」というのはイノベーションという観点からしても最悪の意思決定である。これは、ゆるキャラグランプリに限った話ではない。日本企業の意思決定を見ても、「他がやっているから」「技術のロードマップにそって、ライバル企業もやっているから・・・」などという話はいたるところで耳にする。

 日本の地方がどこも温泉とゆるキャラとB級グルメで地域振興をすればするほど、顧客は飽きてくる。また、海外からの訪問者は、ゆるキャラの着ぐるみがウロウロしていても意味が分からない。海外の富裕層が楽しみたいのは、B級グルメではなく、レベルの高い日本人のシェフが創る和食やフレンチだろう。

 そのような顧客をしっかりと掴み高い価値づくりをしている良い例が、香川県の直島だろう。直島は、ベネッセが中心となって、近代美術の島になっている。美術館と一体になっているホテルにはテレビもない。ゆっくりと瀬戸内海と近代美術が融合するのを楽しめるようにである。もちろん、ゆるキャラやB級グルメはない。直島のように、しっかりとその地域の特色の本質と新しさを融合させることが、持続可能性の高いイノベーションには必要である。ゆるキャラグランプリに参加するほど簡単なことはない。しかし、それでは本当の高い価値は生み出せない。自分でしっかりと創り出したい価値を考える必要がある。イノベーションはお手軽には生み出せない。あなたの会社の意思決定も振り返ってほしい。

 「他社がやっているからうちも……」というのは競争戦略論的にもイノベーションの観点からしてもまずい。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応のプリンシプル

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

グローバル化が進む中、多くのビジネスパーソンにとって英語力の向上は大きな関心事の1つ。日本人が相変わらず英語を苦手とする理由と解決策について、英語学習アプリで展開するポリグロッツの山口隼也社長を取材すると共に、同社が提供するサービスについても聞いた。(取材・文=吉田浩)日本でますます高まる英語学習熱  201…

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る