マネジメント

スルガ銀行事件高裁判決後に見るシステム開発の留意点とは

 スルガ銀行事件東京高裁判決は、最終合意締結以降、ベンダーには「本件システム開発過程において、適宜得られた情報を集約・分析して、ベンダーとして通常求められる専門的知見を用いてシステム構築を進め、ユーザーに必要な説明を行い、その了解を得ながら、適宜必要とされる修正、調整などを行いつつ、本件システム完成に向けた作業を行うこと(プロジェクト・マネジメント義務)」が求められると判断しました。この一般論自体は、目新しいものではありません。

 しかし、契約書締結後でも開発の遂行過程で計画を変更しなければならない場合があることを認めた点、その場合ベンダーは、具体的な局面に応じて顧客(ユーザー)側のメリット・デメリットを考慮し、適時適切に開発状況の分析、開発計画の変更の要否とその内容、開発計画の中止の要否とその影響などについても顧客に対して説明する義務を負う、と判断した点は、新しい側面であると言えます。東京高裁の判断からすれば、当初想定されていた開発計画を変更せざるを得なくなった場合に、このような説明義務を果たしていただけで直ちにベンダーが債務不履行責任を免れるのではなく、説明義務を果たしたことを前提に、顧客との間で適切な協議を行い、その了解を得ながら適宜必要とされる修正や調整などを行いつつ、本件システム完成に向けた作業を行うことが求められることになります。

 もっとも、システム開発の実情を見るとこのような場合、顧客はベンダーが約束した開発計画と異なることを主たる理由として、協議そのものや「必要とされる修正、調整」に応じることを拒み、プロジェクトが頓挫、遅延することが少なくありません。他方、ベンダーの現場担当者は、このような場合でも、安易に開発中止を提案せず、種々の対応策を検討して何とか完成させようと試みるのが一般的です。したがって、このように誠実な対応をした結果の責任の公平な分担については、後知恵の弊に陥ることがないよう慎重に判断することが裁判所には求められます。その意味では①顧客が不合理に協議に応じなかった場合に発生した損害の公平な分担の枠組みや、②ベンダーが開発計画や開発手法の変更に関し顧客に対して説明をすべき時期と内容については、今後の事例の積み重ねによってさらに検討されるべき課題となるでしょう。

 ただ、そのような枠組みなどが裁判上明らかになるまでは、ベンダー側は開発計画に変更の必要性が生じた場合には、適切に議事録または電子メールなどで必要な説明をするとともに、顧客の承認を取得するよう努め、顧客が「必要とされる修正、調整」に応じなかった場合には、その事実や理由も含めて記録を残しておくこと、またベンダーと顧客との間の責任の公平な分担の枠組みについても、できる限り詳細かつ明示的に契約書または提案書に落とし込んでおくことが、リスク・マネジメントの観点から必要になるでしょう。

みずほ証券誤発注事件、スルガ銀行事件とも重要な争点とは

 免責条項または責任限定条項の適用範囲は、みずほ証券誤発注事件、スルガ銀行事件とも重要な争点となりました。免責条項、責任限定条項は、企業間取引の場合であれば公序良俗に反するとか、故意か「重過失」がある場合を除き、当事者を有効に拘束するというのがこれまでの裁判例です。スルガ銀行事件では、当事者間の最終合意書に「契約違反、不法行為などの請求原因を問わず、現実に発生した通常かつ直接の損害に対してのみ、損害発生の直接原因となった各関連する個別将来契約の代金相当額を限度とし、また、いかなる場合にも予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害や第三者からの損害賠償請求に基づくスルガ銀行の損害については責任を負わない」旨の規定がありました。

 しかし同事件の控訴審判決は、スルガ銀行がIBM以外の第三者との契約に基づいて最終合意以降に支払ったソフトウエア開発費用などについては「各関連する個別将来契約の代金相当額を限度」という規定は適用されず、これらの代金相当額を超える部分について免責されない、と判断しました。この契約解釈には疑問がありますが、今後契約書を作成する際には、裁判所がこのような契約解釈をする可能性があるということを認識しつつ、たとえ文言的には重複しても、第三者とのソフトウエア開発などに関する契約に基づく支払額まで当然に免責されるような明示的規定を置くことも検討する必要がありそうです。

 みずほ銀行誤発注事件では「重過失」の意味が争われ、東京高裁は、「重過失」とは結果予見可能性および容易性を前提として、注意義務違反の程度が「顕著」である場合をいう、と判断しました。みずほ銀行誤発注事件では「重過失」の意味が一審と控訴審で若干異なってとらえられたことからも明らかな通り、今後、裁判所でも判断が分かれる可能性があります。また裁判所による「顕著」のあてはめによっては、後知恵でベンダーやシステム提供者にバグ回避の可能性と容易性が認定され、利用者にばく大な損害が認定されてしまう可能性も否定できません。実務的には「重過失」の意味を当事者間で合意しておくなどの措置も、今後検討に値するものと思われます。

関連記事

好評連載

銀行交渉術の裏ワザ

一覧へ

融資における金利固定化(金利スワップ)の方法

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第20回)

銀行交渉術の裏ワザ

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第19回)

定期的に銀行と接触を持つ方法 ~円滑な融資のために~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第18回)

メインバンクとの付き合い方

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第17回)

銀行融資の裏側 ~金利引き上げの口実とその対処法~

[連載] 銀行交渉術の裏ワザ(第16回)

融資は決算書と日常取引に大きく影響を受ける

元榮太一郎の企業法務教室

一覧へ

社内メールの管理方法

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第20回)

企業法務教室

[連載]元榮太一郎の企業法務教室(第19回)

タカタ事件に学ぶ 不祥事対応のプリンシプル

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第18回)

「ブラック企業」という評価の考察

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第17回)

電話等のコミュニケーション・ツールを使った取締役会の適法性

[連載] 元榮太一郎の企業法務教室(第16回)

女性の出産と雇用の問題

本郷孔洋の税務・会計心得帳

一覧へ

税務は人生のごとく「結ばれたり、離れたり」

[連載] 税務・会計心得帳(最終回)

税務・会計心得帳

[連載] 税務・会計心得帳(第18回)

グループ法人税制の勘どころ

[連載] 税務・会計心得帳(第17回)

自己信託のススメ

[連載] 税務・会計心得帳(第16回)

税務の心得 ~所得税の節税ポイント~

[連載] 税務・会計心得帳(第15回)

税務の心得 ~固定資産税の取り戻し方~

子育てに学ぶ人材育成

一覧へ

意欲不足が気になる社員の指導法

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第20回)

子どもに学ぶ人材マネジメント

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第19回)

子育てで重要な「言葉」とは?

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第18回)

女性社員を上手く育成することで企業を強くする

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第17回)

人材育成のコツ ~部下の感情とどうつきあうか~

[連載] 子どもに学ぶ人材マネジメント(第16回)

人材育成 ~“将来有望”な社員の育て方~

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

コエンザイムQ10のCMで知名度向上、売上高1兆円を目指すカネカ--カネカ社長 角倉 護

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
65歳からのハローワーク

  • ・総論 働く上で「年齢」は意味を持たなくなる
  • ・50歳からの15年間の準備が豊かなセカンドライフを保証する
  • ・エグゼクティブのセカンドキャリア最前線
  • ・企業のシニア活用(富士通、ネスレ日本、鹿島)
  • ・副業のすすめ 現役時代の副業は定年以降のパスポート
  • ・島耕作に見るシニアの今後の生き方 弘兼憲史

[Special Interview]

 赤坂祐二(日本航空社長)

 「中長距離LCC事業には挑戦する価値がある」

[NEWS REPORT]

◆社員の3分の1を異動したWOWOWの危機感

◆迷走か、それとも覚醒か B2Cの奇策に出るJDI

◆外国人労働者受け入れ解禁で どうなる日本の労働市場

[特集2]

 開幕まで1年!

 ラグビーワールドカップ2019

ページ上部へ戻る