2014年IPOの話題を追う

第2次IPOブーム到来へ(オイシックスの髙島宏平社長)

 2014年はIPOマーケットが昨年以上の盛り上がりを見せそうだ。取引所による上場基準の緩和が後押しする中、安倍内閣発足によるアベノミクス相場の恩恵を受けて日経平均が7年ぶりとなる1万6千円台に到達。その好環境と国内景況感の回復を受けて13年(暦年ベース)のIPO企業数は4年連続で増加した。市場関係者の話を総合すると14年は昨年を一段と上回る70〜80社程度が上場するとみられる。今年のIPO候補群の特徴は「高い知名度」「復活(再上場)組」「多彩な業種」といったキーワードが浮かび上がる。今年もIPOマーケットからは目が離せない。

 

 まず、昨年までのIPO市場の動向を振り返ってみる。2008年9月に生じた「リーマンショック」による世界的な株式市場の下落から09年のIPO銘柄数(プロマーケット含む、REIT、ETF除く、以下同)は19銘柄に落ち込んだが、10年22銘柄、11年37銘柄、12年48銘柄、そして13年は58銘柄へと4年連続で増加した。

 景気回復期待感の上昇により、内需関連企業の業績回復を背景とする新規上場が増え、11年以降に東京証券取引所をはじめ各取引所が上場規程やガイドラインを緩和した結果、上場準備の事務負担が相対的に軽減され、過去に上場を目指した会社が上場準備を再開するケースが増加したことも寄与した。

 また、株式市場の回復により、IPO企業候補が前向きなファイナンスを実施する経営判断を下すことが可能になった環境が整ったことも増加のファクターだ。こうした好環境を受けて、14年は70社から80社程度のIPOが見込まれているとともに、15年には07年の121社以来となる100社の大台に回復するとの観測もある。

 

IT・ネット系がリード

オイシックスの髙島宏平社長

オイシックスの髙島宏平社長

 58銘柄が登場した13年のIPO企業群を振り返ると3月タマホーム、7月サントリー食品インターナショナル、12月足利ホールディングスといった知名度の高い企業や大手企業の登場があったほか、〝変わり種〟業種としてジェイエスエス(スイミングスクールの運営、指導業務の受託)、買取王国(総合リユース小売業としての古着、中古雑貨等の販売)が上場を果たした。

 また、近年増えている「バイオベンチャー・ライフサイエンス分野」では、メドレックス(医薬品製剤開発)、ペプチドリーム(特殊ペプチド創薬研究開発)、リプロセル(ヒトiPS細胞事業にかかわる臨床検査事業)、ヒューマンメタボロームテクノロジーズ(メタボローム解析試験受託事業等)、オンコリスバイオファーマ(がんや重症感染症を対象にした創薬事業)、「ネットサービス関連」で、オイシックス(インターネットを通じた食品の販売)、オークファン(オークション等の商品および価格情報の比較等が可能なメディアサイト運営)、ホットリンク(ソーシャルビッグデータ活用を支援するクラウドサービスの提供)、フォトクリエイト(インターネットを活用した写真販売サービス)、じげん(ライフメディアプラットフォーム事業)といった企業などがデビューした。

リプロセルの横山周史社長

リプロセルの横山周史社長

 この結果、業種的にはここ数年の傾向を継続して「サービス」「情報通信」「小売り」が全体の約3分の1を占めた。企業数ではIT・ネット系が含まれる「サービス」「情報通信」「小売り」がIPOの増加をリードした。一方、株価のパフォーマンスではここ数年続くバイオベンチャーが話題を席巻した。

 

IPO初値神話の復活

 登場企業社数の回復とともに13年のIPOの特徴は「IPO初値神話の復活」にある。

 13年のIPO第1号は東証マザーズに登場したバイオベンチャーのメドレックス。その初値は公開価格1千円の2・2倍に当たる2200円。さらに、上場から3カ月後には初値の3・4倍に株価水準を切り上げた。

 13年の年間でみたIPOの「公開価格から初値までの上昇率」上位銘柄では、6月にJASDAQに上場したリプロセルが公開価格3200円に対して初値1万7800円と約5・6倍の初値を形成。上場3日目でようやく初値が成立するという、過去10年間で見ても記録に残るIPO劇を展開した。iPS細胞の山中伸弥教授のノーベル賞受賞に加え、安倍政権によるバイオ(iPS)研究開発の国策化と材料がそろい、まさにバイオ・ベンチャーバブルを象徴する出来事だった。

 このリプロセルに続く「公開価格から初値までの上昇率」ランキングの上位は、ANAP(女性用衣料の販売)5・1倍、システム情報(ソフトウエア開発)4・7倍、ソフトMAX(総合医療情報システム)4・2倍、オークファン(価格比較サイト)4・0倍の驚異的なパフォーマンス。プロマーケットを除く昨年のIPO銘柄で初値が公開価格を下回ったのは12月に東証2部に上場したウィルグループ(公開価格2870円に対して初値2750円)のみ。株式公開前のブックビルディングで当選し公開価格をゲットできれば、初値で早くも大きく利益確定ができるというほぼ〝百発百中〟のIPO初値神話が復活したのが13年だ。

 

1 2