政治・経済

スキー人気が復活している理由

スキー・スノーボード人口推移 今から20年前、日本は空前のスキーブームに沸いていた。

 直接的な要因は1987年に公開された映画「私をスキーに連れてって」だが、当時のバブル景気でレジャー産業全体が盛り上がっていたこともあり、若者がこぞってスキー場に押し寄せた。

 そのブームのピークが93年で、レジャー白書によると、日本のスキー・スノーボード人口は約1890万人に達した。その後は景気の悪化も影響し、スキー人気は低迷。長期的には右肩下がりの傾向が続き、2012年のスキー・スノーボード人口は約800万人。スキー人口だけなら約560万人で、ピーク時の3分の1にまで減っている。

 この間、スキー場の淘汰も進んだ。しかし危機意識の高まりから、数年前よりスキー業界全体で需要喚起策を展開。プリンスホテルと東急不動産との業務提携や、リクルートの「雪マジ!19」のキャンペーンなど、業界横断的な施策が行われている。

 こうした取り組みの成果で、スキー場の低迷に歯止めがかかり、一部のスキー場では、収益を改善。スノーリゾートの復権が始まろうとしている。

 その大きな牽引役は、かつてのブームの時にスキーに夢中になった世代だ。彼らが40代前後で親となり子どもを連れてスキー場に戻ってきている。

 子どもがスキーやスノーボードを楽しみ一生続ける環境を整え、参入人口を増やせば、マーケットは長期的に拡大することになる。業界全体で、こうした家族連れの取り込みを進めている。

 具体的な施策として、まずはスキー場に子どもを連れてきやすい環境を整える。スキー場を子どもが楽しめるように、子ども用のゲレンデやパークを用意し、雪に親しむところから始める。さらに子ども用のスキースクールを開講したり、子ども用のリフトを無料にするスキー場もある。

 次に子どもが楽しむだけでなく、親世代が楽しめる施策も整える。かつてスキーブームでゲレンデを訪れた親世代のスキーヤーの多くが、中上級者のレベルであるため、中上級者向けのゲレンデの整備を進める。さらに上級者向けにはパウダー滑走が体験できるスキー場もある。

 また、子どものスキーに祖父母が同伴する3世代の旅行が増え、スキーを滑らない人たちもスキー場に滞在するケースがある。そのためアフタースキーのアクティビティーとして、基本的なリゾートのサービスの拡充も進んでいる。

 親離れした子どもの世代、20歳前後の若年層に向けた施策も行われている。

 高校生までは学校行事や家族旅行でスキー場に行く機会もあるが、高校卒業後はスキー場に行く機会がなくなる若年層も少なくない。

 この若者層の取り込みとして、リクルートの雪マジ19!がある。19歳のお客にはリフト券が無料になるキャンペーンで、全国170以上のゲレンデが対応している。また、前年に雪マジ!19を体験した20歳のお客に対して、「雪マジ!20」のキャンペーンを企画。各ゲレンデがそれぞれ特典サービスを設けており、若年層が継続的にスキー・スノーボードを楽しみやすい環境を整えている。

 さらに「街コン」のゲレンデバージョンとも言うべき「ゲレコン」も行われている。情報サイト「SURF&SNOW」が主催。男女グループでスキーやスノーボードを楽しんだ後、ゲレンデ内やゲレンデ近隣のレストランでパーティーを開催し、親睦を深めるもの。若年層をゲレンデに呼び戻し、スキー場の活性化にもつながっている。

外国人に人気のスキーでインバウンドの開拓

 もう1つ、スキー業界が注目しているのが、インバウンドの観光資源としてのスキーリゾートだ。

 アジアに限ると、日本ほどスキー場に恵まれた国はない。アジアでは、寒冷地でなおかつ降雪の豊富な場所は少なく、仮にあったとしても大都市へのアクセスやインフラが整っていない場合がほとんどだ。日本の場合は、東北地方はスキー場を縫うように空港があり、また東京から新幹線で2〜3時間の場所にスキー場がある。交通アクセスやインフラと良質のゲレンデを併せ持つ日本のスキー場ではアジアでは稀有な存在だ。

 この利便性から、外国人のスキー客の受け入れが多くなっている。東急不動産が運営するニセコでは、半数以上がパウダースノーを求める外国人客だという。

 特に南半球のオーストラリアは日本と季節が逆となるため、夏に雪を求めてスキー客が日本にやってくる。また、東南アジアのように雪山がない熱帯地域からも観光客が雪を求めてやってくる。

 こうしたインバウンドの需要はまだまだ開拓の余地はある。成長産業の観光の1つとして、日本のスノーリゾートの可能性は大きい。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

自動車産業・産業機械の世界的サプライヤー、シェフラーグループの日本法人で2006年イナベアリングとエフ・エー・ジー・ジャパンが合併して設立。国内4拠点で自動車エンジン、トランスミッション、シャーシなど精密部品、産業機械事業を展開する。文=榎本正義四元伸三・シェフラージャパン代表取締役・マネージング…

シェフラージャパン代表取締役 マネージング・ディレクター 四元伸三氏

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

【特集】2019年注目企業30

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年6月号
[特集] 進化するリーダーシップ
  • ・あなたは北風、それとも太陽?
  • ・小路明善(アサヒグループホールディングス社長兼CEO)
  • ・鈴木貴子(エステー社長)
  • ・千葉光太郎(ジャパン マリンユナイテッド社長)
  • ・二木謙一(國學院大學名誉教授)
[Special Interview]

 中村邦晴(住友商事会長)

 「正々堂々と向き合えば、仕事は人を幸せにする」

[NEWS REPORT]

◆パイオニアに続きJDIも 中国に買われる日本企業の悲哀

◆会社はだれのものなのか サイボウズと株主がつくる“共犯関係”

◆24時間営業はどこへ行く コンビニ業界未来予想図

◆トヨタとホンダが手を組み参戦 「MaaS戦争」いよいよ勃発

[特集2]ブランド戦略 新時代

 技術やデザインだけではない ブランドとは商品の哲学だ

ページ上部へ戻る