政治・経済

 スノーリゾートへの回帰の動きが始まる中、着実にスキー客を戻しているのが西武グループのプリンススノーリゾートだ。昨シーズンは、子ども向けの施策を展開したが、今シーズンは、子ども向けに加え、親子・3世代、若年層、インバウンドの3つの層をターゲットにした施策を新たに展開する。

昨シーズンは子どもに着目した施策が成功

プリンスホテル事業企画部課長の安齋義直氏

プリンスホテル事業企画部課長の安齋義直氏

 現在、西武グループでは、苗場スキー場や富良野スキー場をはじめ、10カ所のスキー場を「プリンススノーリゾート」として運営している。そのうちの9カ所がプリンスホテルの直営で、多くのスキー場が宿泊施設を併設し一体運営を行っていることが特徴だ。単に滑るだけでなく、ホテルからすぐにゲレンデに出ることができる環境がプリンススノーリゾートの強みとなっている。

 スキー・スノーボード人口が減っていく中、今がまさに転換期だというのがプリンスホテルの認識。プリンスホテル 事業企画部課長の安齋義直氏は次のように語る。

「バブル景気の頃のスキーブームでスキーをやっていた世代が親となり子どもを持った今が、次の世代につなげるタイミング。ここで業態を変えなければいけないという意識から、昨シーズンより需要喚起の施策を打っていきました」

 まず業界全体として将来的なマーケット拡大を重視した。スキーは、大人になってから始める人が少ないスポーツであり、いかに早く始めるかで、その後の市場のボリュームも変わってくる。このため、できるだけ小さい年齢のうちからスキーを始めてもらおうということで、子どもに着目。昨シーズン(2012年〜13年シーズン)から、子ども向けの施策として「キッズフリープログラム」を実行した。

 具体的には、子どものリフト料金を無料にし、親が子どもをスキー場に連れて来るハードルを下げた。次に対象日を限り、レンタルの無料サービスや、無料レッスンを実施。また、子どもがゲレンデで滑るだけでなく、スキー場のスタッフとふれあい、スキー場での思い出をつくってもらうため、スキー場のパトロール体験や圧雪車の乗車体験などのプログラムも用意した。

 これらのことから、昨シーズンは子どもの集客が前年比約1・5倍に伸びた。プリンススノーリゾート全体の利用者数は前年比約104%に増加している。

現在の需要を喚起し、将来への線をつなぐ

子どもと親が一緒に楽しむ施策を展開

子どもと親が一緒に楽しむ施策を展開

 昨シーズンは子ども向けに集客し、一定のお客が集まる素地は固まったという。今シーズンは、子ども向け施策を継続した上で「親子・3世代」「若年層」「インバウンド」の3つをターゲットとした施策を展開する。

 昨シーズンは未来の需要を育てる意味合いがあったが、今シーズンは未来の需要を育てつつ現在の需要を喚起し、需要を点から線に結び付ける年と位置付けている。

 家族・3世代に向けての施策は、まず家族全員で楽しめるスキー場を目指す。40〜50代の親世代はスキーブームの最盛期にスキーを楽しんでいた世代であり、潜在需要は高い。また、祖父母世代は定年退職により余暇需要が拡大する世代である。さらに親・祖父母は子や孫と楽しみを共有したいと考える。親や祖父母のスキー熱を高めることが、子どものスキー需要、将来のスキー需要にもつながる。

 こうしたことから、「ファミリープログラム」として、子どもと大人が一緒に楽しめる企画を提供。親子が揃って受ける「プライベートレッスン」や「貸切ゲレンデ」、営業前に一番に滑っていただく「ファーストトラック」をファミリー向けに企画している。また、「物づくり体験」として、子どもが親や祖父母と民芸品などを一緒に作る企画を用意。こうした企画を通じ、スキー場を家族で楽しむ思い出づくりの場所にする。

 若年層への取り組みは、リクルートの「雪マジ!19」やSURF&SNOWの「ゲレコン」などの業界横断的なキャンペーンがあり、プリンスホテルも問題意識を共有し、これらの動きに参画している。プリンスホテル独自の動きとしては「20才リフト無料」を実施。前年に雪マジ!19の対象だった20歳のスキー客に対して12月と1月の平日限定でリフト券を無料にし、2月以降は半額にする。これにより、引き続きスキーを楽しんでもらおうという企画だ。

 ゲレコンについては、ホテルを備えるスキー場としては、顧客獲得の側面もある。ホテル業において、顧客を作ることは、ホテルを気に入ってもらって思い出の場所にすることである。ゲレコンで出会ったカップルが結婚すると、そのスキー場は思い出の場所になり、スキー場のホテルで婚礼を挙げる可能性もあり、ホテルの生涯顧客になる。こうなると、ゲレコンには単なる集客以上の効果を期待できる。

 インバウンドについては、訪日外国人が増加している現状で、今後はスキー需要も見込まれることから、今シーズンから積極的にPRしている。まず台湾市場へ積極的に展開。台湾には雪がないが、過去10年でスキーツアーの参加者が10倍になるなど、スキー熱は高い。昨シーズンのプリンススノーリゾートのインバウンドのうち、3割強が台湾からの顧客となっている。今シーズンの取り組みとしては、昨年9月に台湾の展示会に出展し、スキー場のPRと旅行商品の提案を行ったほか、ラッピングバスを走らせ、スノーリゾートの告知を行った。インバウンドの場合は、基本的に顧客は複数泊するため、宿泊が大きな意味を持つ。ここで、ホテルが付随する強みが生きてくる。

 今シーズンはこれらの施策に加え、外部環境も好転しており、プリンススノーリゾートの集客は昨シーズンよりもさらなる増加を目指す。今後も3つのターゲットの需要を喚起し、将来のスキー人口増大につなげていく。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポート――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

不動産の現場から生産緑地の将来活用をサポートする――ホンダ商事

ホンダ商事は商業施設や宿泊施設の売買仲介、テナントリーシングを手掛けている。本田和之社長は顧客のニーズを探り最適な有効活用を提案。不動産の現場から、生産緑地の将来活用など社会問題の解決にも取り組む。── 事業の概要について。本田 当社は商業施設やホテル、旅館の売買・賃貸仲介(テナントリーシング)を…

企業eye

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年7月号
[特集]
社会課題で儲ける!

  • ・総論 グローバリズムとどう折り合いをつけるのか
  • ・なぜ、よしもとは社会課題と向き合うのか 大﨑 洋(吉本興業共同代表取締役CEO)
  • ・茶葉から茶殻までバリューチェーン全体で価値を創造する 笹谷秀光(伊藤園顧問)
  • ・持続可能な経営は、持続可能な地域が支えている キリンホールディングス
  • ・人生100年時代の健康問題に取り組む ファンケル
  • ・世の中に貢献する中で商売を広げていく ヤマト運輸
  • ・社会課題を解決する金融モデルは、懐かしい過去に学ぶべき 吉澤保幸 場所文化フォーラム名誉理事

[Special Interview]

 芳井敬一(大和ハウス工業社長)

 創業のDNAに立ち戻り、オーナーの教えを伝承・実践

[NEWS REPORT]

◆史上最高益でも原価低減 豊田章男の「原点回帰」

◆成長戦略再考を迫られた富士通の苦境

◆市場規模はバブル前に逆戻り 規模より知恵を問われるビール商戦

◆7兆円M&Aを仕掛けた武田薬品の野望とリスク

[特集2]

 オフィス革命 仕事場を変える、働き方が変わる

ページ上部へ戻る