政治・経済

 IRに関する議論を進め、法案の作成を手掛けたのが、超党派の議員連盟である国際観光産業振興議員連盟(IR議連)。今、なぜ日本にカジノ導入が必要なのか。IR議連の幹事長を務める岩屋毅議員に話を聞いた。

カジノはツールの1つに過ぎない。〝観光貧国〟からの脱却を目指す

 

-- 特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案(推進法)が国家に提出されましたが、今後の流れは。

岩屋 もちろん、法案の成立に全力を尽くしたいと思います。100%成立すると断定はできませんが、幸いにも昨年、わが党と維新の会さん、生活の党さんもまとまって賛成していただく方向で提出者になっていただきました。

 公明党さんと民主党さんにはこれから党内で議論を進めていただきますが、もし最終的に党として方針がまとまらないということになれば、その時は自主投票という形でぜひお願いしたい。その他の政党に対しても、働き掛けを丁寧にやっていきたいと思います。今の国会情勢からすると、成立する見込みは十分にあると思っています。

 そして、今後は国民的な議論もしっかりと行わなければなりませんし、できるだけ多くの議員、政党、そして国民の皆さまのご理解を受けたいと思っていますので、丁寧に進めていきたいと思っています。

-- 国民的議論を深めるに当たって、なぜ今カジノが必要かという部分を主張していかなければならないと思います。

岩屋 われわれは大きな観光戦略の一環として、カジノを含む統合型の施設を考えています。さらに、成長戦略の一環としても、国際観光振興を図っていかなくてはいけません。そのためのツールの1つとして、あくまでもカジノを含む統合型のリゾートがあるわけです。

 ですから、カジノ単体の建設を認めるつもりは全くありません。昨年、ようやく海外からのインバウンドが年間1千万人を超えたわけですが、世界の中では日本はまだまだ観光貧国と言えます。政府としても、やがてインバウンドを2千万人、3千万人に増やすというビジョンは持っていますが、現在のペースではなかなか到達するのは難しい。

 幸い、2020年の東京オリンピック招致が決まりましたが、これを一過性のものにしてはいけません。

 われわれは何もオリンピックを目指して構想を練ってきたわけではないのですが、国が成長戦略へと舵を切り、観光立国ということがその中で大きな柱となり、東京オリンピックが決まったとこの機会に、ぜひ構想を実現させたいと思っているわけです。

-- オリンピックに間に合わせるには、タイミング的にはギリギリです。

岩屋 われわれが提出したのはあくまでも推進法です。これが成立して、1年以内に実施するための具体的な法律を政府に作ってもらい、さらにそれを国会で審議して成立させた後に、カジノ建設を実行することになります。

 国際競争力を持つ魅力的な施設を期待していますので、建設だけでも数年はかかるでしょう。スケジュールを考えると、あまり時間的猶予はありません。そういう意味でも早く推進法を成立させたいと思っているところです。

カジノを公営ギャンブル方式にしない理由とは

-- 都市と地方で同時に進めるほうが望ましいという意見がIR議連の中では多いと聞いていますが。

岩屋 IR議連としてはあくまでも推進法を成立させることに今は全力を注いでいますから、具体的な場所の話をしているわけではありません。やがて政府によって推進本部が設置され、そこで有識者などの意見を聞きながら具体的な方針が定められることになります。そこで、どんな施設がどのくらいあるのが望ましいということが決められていきます。

 ただ、これまでの議論でいうと、やはり大都会だけではなく、地域の特性を生かしたローカルリゾート型のIRがあってしかるべきという方向性です。ぜひ政府もそうした議論を参考にしていただき、方針を作っていただきたいと思っています。

-- 地方につくる条件についての議論はあったのでしょうか。

岩屋 日本は狭い島国と言えども、北海道から九州・沖縄まで極めて豊富な観光資源に恵まれています。あくまで例えばの話ですが、北海道であれば今でも冬場に南半球の方々がウインタースポーツを楽しみに来ています。そうした特性を生かしたスキーリゾートのようなものがあってもいいし、沖縄だったら南国情緒にあふれた特性を生かした海洋リゾート型のIRがあっていい。そういう議論は、今まで行われてきました。

 最終的には政府に決めていただきますが、やはり最初は数カ所ぐらいに限定して地域が指定されるのが望ましいのではないかと思います。

 わが国として初めての試みですし、かつてはリゾート法の失敗もありました。当時は雨後の竹の子のように全国にリゾート施設ができてしまい、結局は多くの施設がうまくいかなかったという経験もあるので、やはり施行が順調に行われているか、そして安全・安心が確保されているか、観光振興にどのぐらい寄与することができるか等々、実績を何年かにわたって検証した上で、次のことを考えるべきです。

-- IRの運営に公営ギャンブル方式を採用しなかった理由は。

岩屋 今回は民設民営が基本となっており、あくまでも国の厳格な審査を経て免許を受けた事業者でなければ、この事業に参画することはできません。施行の主体者に対してだけでなく、すべての出入り事業者にも同様の措置を取ります。監視・監督についてはカジノ管理委員会を国の組織として立ち上げ、強い権限を持たせます。逮捕権を持った特別査察官を置く仕組みが望ましいと考えています。

 公営ギャンブルは、地方自治体および事務組合が施行の主体になっています。同じ方式を導入することも当初は考えていましたが、それではとても国際競争力の高い魅力的な施設は運営しがたいのではないかという認識に立ち、初めて民間事業者の活力を用いたIRを認めたらどうかという考えに至りました。

 それを実現するには、極めて厳格な審査を、事業主体だけでなく個人にも適用する仕組みを作らなければなりません。海外には既に先行事例があるので、わが国も透明性の高い厳格なルールを導入する必要があるでしょう。

カジノ税の収益でギャンブル依存症対策を徹底

-- 注目されるのは運営会社がどこになるかという点ですが、やはりカジノ運営の実績がある外資系企業が有力になるのでしょうか。

岩屋 特定の事業者について議論したことはないですが、当然、経験豊富な事業者の知見は活用しないといけないでしょう。その一方では、できれば国内の事業者にパートナーとなっていただき、日本の特色を生かして差別化できる施設をつくってほしいと期待しています。外資の参入をどれだけ認めるべきか、規制をするべきかは政府が今後方針を定めるでしょうが、われわれとしては世界中から提案を受け入れるべきと思っています。

-- ギャンブル依存症対策や治安の問題にはどう対応していきますか。

岩屋 当然対応していくべき問題と認識しています。わが国は過去に既に特別立法で、たくさんのギャンブルを事実上認めてきました。刑法はすべての賭博行為を禁じているので、その違法性を阻却するために特別法を設置して、競馬、競輪、ボートレース、宝くじなどを認めてきたわけです。当然ギャンブルである以上、一定の比率で依存症のような問題も生じてきます。

 しかし、それらについて国として調査したこともなければ、十分に対応してきたわけでもない。これはやはり、極めて無責任な姿勢と言わざるを得ません。したがってわれわれの構想では、IRができた場合はカジノ税を取り、入場料も取って、その収益の一部を使ってギャンブル依存症の調査、抑止政策、ケアを含めた対応策を取れる体制を作るべきだと思っています。

 例えばシンガポールでは、自国民からは毎回入場料を取っていますし、依存症患者や家族から管理当局に申告があれば、カジノの入り口で排除できるといった仕組みもあります。こうした事例を参考にしながら、一定の抑止政策を考えて然るべきでしょう。

-- ほかに日本が参考にするべき事例はありますか。

岩屋 世界の趨勢は単体でのカジノを認めるのではなく、「MICE」というビジネスモデルに沿った施設をつくって観光の拠点にしようという方向に向かっています。ホテル、ショッピングゾーン、遊園地、国際会議場などがあり、大人も子どもも楽しめるという形式になってきています。そういうものをわが国においてつくりたいと思っています。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[特集 新しい街は懐かしい]

水辺に都市が栄える理由と開発の事例を探る

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年7・8月合併号
[特集] 世界で売れるか!? 日本カルチャー
  • ・拡大のカギは「点」の活動を「面」にしていくこと
  • ・技術はあくまで手段。感動を生み出すことが市場を拓いていく 迫本淳一(松竹社長)
  • ・世界最大の中国市場 攻略のカギはどこにある!?
  • ・41カ所の海外店舗で和菓子の心を世界に 岡田憲明(源吉兆庵ホールディングス社長)
  • ・プロが認める商品として日本茶ブランドを構築 丸山慶太(丸山海苔店社長)
  • ・機能性とファッション性で再発見される地下足袋の魅力
  • ・日本を発信するビームス ジャパン 常設ショップ視野に海外でも販売
  • ・盆栽輸出量は16年で20倍 今や「BONSAI」は共通語
[Special Interview]

 大崎洋(吉本興業ホールディングス会長)

 数字じゃない存在意義が、より問われてくる

[NEWS REPORT]

◆アビガンで注目集める富士フイルム・医薬品事業の実力

◆100周年を襲ったコロナ禍 マツダは危機を乗り越えられるか

◆住宅から高級家具まで「ダボハゼ」ヤマダ電機の明日

◆抽選倍率100倍の超人気 シャープがマスク製造する真意

[特別企画]

 危機を乗り越える

◆緊急事態宣言で導入企業が激増 ビジネスチャットが変える働き方

◆在宅ワークの効率を上げる方法とストレスマネジメント

◆輸入依存の中国経済にコロナ禍がとどめの一撃 石 平(作家、中国問題評論家)

ページ上部へ戻る