文化・ライフ

新型コロナ騒動による営業自粛要請で、飲食店の多くが崖っぷちに立たされている。急遽テイクアウトメニューを揃えたものの、認知が広がらず苦労している店舗も多い。そんな状況の中、神奈川県茅ケ崎市で立ち上がった1つの活動が注目されている。(吉田浩)

 

営業自粛で苦境に陥る飲食店を支援

 

 「活動を始めてまだ1週間ですが、飲食店のテイクアウトの動きは間違いなく活性化しています。世の中は新型コロナのニュースばかりですが、茅ケ崎ではテイクアウト情報が一番流れている感じです」

 こう語るのは淺野真澄さん。営業自粛で苦境に陥る地域の飲食店を支援するため、友人と2人で「茅ケ崎foodaction テイクアウトできる店」というフェイスブックページを立ち上げた。

 テイクアウトメニューを手掛ける茅ケ崎の飲食店と、その支援者たちによる約1500人のグループをわずか3日で形成。その後もハイペースで規模を拡大し、問い合わせも日増しに増えている。

 活動を始めたきっかけは、地元で花屋とカフェを経営する境はづきさんから、弁当メニューの告知について相談を受けたことだ。店舗営業自粛の影響でテイクアウトメニューを始める飲食店は全国的に増えているが、個別のPRでは認知がなかなか広がらないのが実情だ。

 そこで、そうした地域の店を一覧で紹介する場をオンラインとオフラインで作り、支援する活動を2人でスタートさせた。

 特筆すべきはスピード感だ。まずはウェブサイトの立ち上げを考えたが、時間がかかると判断してフェイスブックグループの形成に着手。その傍ら、茅ケ崎商工会議所などの協力を得て、折込みチラシの作成や、個人的ネットワークを通じた参加飲食店の募集も始めた。3日後には、44店舗のテイクアウト情報を掲載した初回のチラシが配布されることになった。

茅ケ崎foodaction

初回44店舗だった参加店は現在も増え続けている

 

 「1日20人ぐらいとメッセージでやり取りして、複数のチャットグループをつくって境さんと2人で対応しています。大変ではありますが、基本的にスマホ1台あれば仕事は回せます」

 飲食店の状況が日に日に切迫していく中、行動の「早さ」はとにかく意識している。

 ウェブサイト立ち上げを急ピッチで行う一方、今後は参加人数をさらに拡大し、リアルの場での認知を広げるためにチラシの枚数と配布場所もさらに増やしていく。自治体の掲示板や地域の広報誌といった場所での告知も行い、利用者とのタッチポイントを増やしていく考えだ。

 

多方面からの支援が地域全体に広がる    

 

 淺野さんはもともとローカルファースト研究会という団体の代表として、地域情報を発信する機関誌の出版などを手掛けてきたが、今回の活動は完全に個人で行っているという。

 「この活動は多くの方の共感を得ることが絶対に必要と思ったので、団体の名前は一切出さないことにしました。あくまで個人の情熱だけでやっていることなので」

 協力の輪は着実に広がっている。商工会議所のほかにも、たとえば、飲食店に対して野菜を半額で提供できるという農家や、販売スペースを貸せるというガソリンスタンド、料理の写真撮影に協力するというカメラマン、さらにチラシ配布については観光協会や隣の藤沢市など、さまざまな方面から支援の申し出が届いているという。

 こうした幅広い支援が得られている背景には、普段の仕事を通じて積み上げた信用がある。

 「私も境さんも、地域の人たちをつなぎ合わせるネットワークをそれぞれ持っているのが大きいですね。あとは女性ならではの行動力も生きていると思います」

 茅ケ崎の動きをモデルケースとして、他の自治体からの問い合わせも増えているとのことだ。

 「みんな考えすぎて動けない部分もあると思いますが、どんどん真似していただければと思います。私たちは単純に情報発信グループとして認知活動をしているだけで、組織として利益を得るためにやっているわけではありません。私たちの活動を起爆剤に、全国的な動きになればと考えています」

茅ケ崎foodaction

茅ケ崎foodaction発起人の淺野真澄さん(右)と境はづきさん

 

社会情勢の変化で進化する地域支援の形

 

 活動の規模が拡大するにつれ、ビジネス目的による協力のオファーも増えてきた。しかし、特定店舗の利益や企業の広告宣伝につながる話については、活動の趣旨と異なるため今のところ進める考えはないという。あくまでも「自らのメリットではなく、みんなで勝つために活動する」という姿勢は崩さない。

 世間の情勢がどうなるかはまだ見えないが、「新型コロナ騒動が終焉しても活動は続けていくつもりです」と淺野さんは語る。飲食店から始めた活動を、別の業界について展開する可能性もあるという。

 新型コロナ騒動がもたらした社会の変化は、地域活性化の在り方も変えようとしている。

 

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年7・8月合併号
[特集] 世界で売れるか!? 日本カルチャー
  • ・拡大のカギは「点」の活動を「面」にしていくこと
  • ・技術はあくまで手段。感動を生み出すことが市場を拓いていく 迫本淳一(松竹社長)
  • ・世界最大の中国市場 攻略のカギはどこにある!?
  • ・41カ所の海外店舗で和菓子の心を世界に 岡田憲明(源吉兆庵ホールディングス社長)
  • ・プロが認める商品として日本茶ブランドを構築 丸山慶太(丸山海苔店社長)
  • ・機能性とファッション性で再発見される地下足袋の魅力
  • ・日本を発信するビームス ジャパン 常設ショップ視野に海外でも販売
  • ・盆栽輸出量は16年で20倍 今や「BONSAI」は共通語
[Special Interview]

 大崎洋(吉本興業ホールディングス会長)

 数字じゃない存在意義が、より問われてくる

[NEWS REPORT]

◆アビガンで注目集める富士フイルム・医薬品事業の実力

◆100周年を襲ったコロナ禍 マツダは危機を乗り越えられるか

◆住宅から高級家具まで「ダボハゼ」ヤマダ電機の明日

◆抽選倍率100倍の超人気 シャープがマスク製造する真意

[特別企画]

 危機を乗り越える

◆緊急事態宣言で導入企業が激増 ビジネスチャットが変える働き方

◆在宅ワークの効率を上げる方法とストレスマネジメント

◆輸入依存の中国経済にコロナ禍がとどめの一撃 石 平(作家、中国問題評論家)

ページ上部へ戻る