スキル・ハウツー

寝具メーカーのエアウィーヴ広報責任者として、売上高を1億円から115億円にまで伸ばした実績を持つ笹木郁乃氏。コストをかけずにSNSなどを活用して企業と商品・サービスの認知を上げるのが真骨頂だが、その手法は経営者の自己プロデュースにも応用できるのか。初の著書『0円PR』(日経BP)で紹介された内容をもとに、経営者自身が発信する意義と効果について語ってもらった。(写真=山内信也)【『経済界』2020年6月号より加筆の上転載】

 

笹木郁乃・LITA社長プロフィール

笹木郁乃LITA社長

(ささき・いくの)1983年生まれ。山形大学工学部卒業後、アイシン精機で研究開発職に従事。その後寝具メーカーのエアウィーヴ第1号社員として転職し、PRに注力して売上高1億円から115億円に伸ばす急成長に貢献。鍋メーカーの愛知ドビーを経て、2017年ikunoPRを設立、19年LITAに社名変更。企業のPR支援のほか、経営者や個人事業主、広報担当者などにPRスキルを伝える「PR塾」も主催する。

 

経営者がSNSを始める前に知っておくべきこととは

 

SNSの活用はまず目的の明確化から

 私たちのところには、SNSを使った自己プロデュースが必要と感じている企業経営者からの相談が増えていますが、炎上リスクなどを考慮して大きな会社ほどやっていない印象です。特に50代以降の方は、メディアに出るのはOKでも経営者が自ら前面に出て発信することに対する抵抗感が強いようです。

 一方、中高年の中小企業経営者が上手くSNSを活用して、業績向上や人材採用で大きな成果を出しているケースも出てきています。

 経営者個人の自己プロデュースで成果を上げるには、まず、目的をはっきりさせることが重要です。法人相手のビジネスがメインの企業などでは、必ずしも経営者の認知度拡大が業績向上に結び付かないケースもあります。そんな場合は人材採用に目的を特化して、応募者の興味を深堀りしてもらうツールとして活用するのも手です。

事前の設計図をしっかりと描く

 一気に認知を広げる広告と違って、SNSは少しずつじわじわとファンを増やす活動で、言ってみれば田植えのようなものです。たとえば、既に著書を出していて周りから「先生」と呼ばれているような方がSNSを始めると、地味な作業に音を上げてしまうこともあるようです。

 SNSをはじめとするネットの情報発信は絶対にやらなければいけないわけではないですが、始めるなら事前に設計図をしっかり描くことが重要です。無駄なパワーを極力使わず、結果が出ない間も試行錯誤しながらツールの雰囲気に染まっていく努力が求められます。

笹木郁乃PHOTO1

「経営者のSNS発信は事前の計画が大切です」

 

SNS・ネットツール活用の具体的なテクニック

 

各ツールの特徴と活用法

 自社商品のPRと相性の悪いSNSを使って無駄な労力を割くケースもあるので、目的に応じたツールを選ぶことが非常に大事になります。

 例えばツイッターやフェイスブックは多くの人から注目を集めるのに、ブログは読者の興味をさらに深堀りするのに有効なので、社長の価値観や会社への関心を惹きつけることを書かないと意味がありません。

 ラインやメルマガについても、経営者や会社の価値観により深く共鳴してもらうためのツールと言えるでしょう。不動産投資など、高額商品をじっくり選んで購入してもらう場合には、SNSよりメルマガが有効になります。

 また、フェイスブックと比べて制約が多く、効果が出る分野は限られるものの、商品やサービスの購入率が非常に高いのがインスタグラムです。特に、旅行、アパレル、美容、フード系など、女性をターゲットにした領域には強いという特徴があります。購入率の高さの理由として、写真によって世界観を作りやすいインスタの投稿はあまり宣伝っぽく見えないという点が挙げられます。

フェイスブック投稿のコツと注意点

 謙虚さはもちろん必要ですが、誰でも利用できるSNSの中で自分を差別化するには、仕事やメディア登場の実績などをしっかり見せて、自分の価値を高めることが必要です。

 私がよく活用するフェイスブックを例に挙げると、投稿する内容のバランスとして「実績、お役立ち情報、人柄、告知」の順に「3:3:3:1の法則」を意識しています。実績だけアピールするのが好きな方もいますが、これだと威厳は出てもなかなかフォロワーが増えません。役に立つと思ってもらうには、読者にとってのお役立ち情報を同じくらい上げると良いでしょう。

 さらに、実績とお役立ち情報だけだと同じようなことをやっている人がいる可能性が高いので、共感を得て差別化するために大事なのがプライベートの情報や考え方など人柄が分かる投稿です。そして、商品やイベントの告知は1割程度に抑えます。

 文章に自信がない人でも、考え方を入れるだけで興味を惹きやすくできます。例えば、「今日ラーメンを食べた」という投稿なら、それだけに終わらず「自分は飲食より思考に時間を掛けたいから、サッと出てくるラーメンが好き」というふうに「なぜ?」の部分を付け加えることによって差別化が図れます。

 流し読みされない工夫も必要です。フェイスブックの場合だと、読み手のニュースフィードに現れる写真と最初の5~6行にはかなり気を遣います。一度投稿した自分の書き込みは必ずチェックして、写真の見え方が変だったり文章の引きが弱かったりする場合は、編集して上げなおします。客観的に、他の人が見て面白いと思ってもらえるかについては相当こだわっています。

 他の細かな工夫としては、フェイスブックではタイムラインに外部のURLを載せると読み手のニュースフィードに上がりにくくなる傾向があるので、コメント欄にURL入れることもあります。ただ、私の場合はメルマガに登録していただける方を増やしたいので、表示回数が減ってもあえて目立つタイムライン上にURLを入れるようにしています。

集客に強いメルマガ

 私の場合は、まずフェイスブックで知ってもらって、それからブログ、メルマガ登録という流れが多いです。メルマガとラインは、登録してもらうためのハードルは高いのですが、それを超えてきていただいた方はコアなファンとして定着します。ちなみに、私が継続的に主催しているPR塾に関しては、メルマガからの集客が9割となっています。

 やってしまいがちな失敗は、イベントなどを先にSNSで一般告知して反応がなかったらメルマガで告知するというパターン。これではメルマガ読者は、ないがしろにされた感じを抱いてしまいます。まず、コアなファンが多く集客しやすいメルマガで実績をつくってから「残り〇〇席」という形で、SNSフォロワーの気持ちをくすぐるほうが効果が上がりやすいです。メルマガは最初なかなか登録者が増えずに不安になることもありますが、何かを告知したときの反応は強くなります。

 メルマガは最初のうちはなかなか登録者が増えないので、いきなり始めず100人程度の登録者の見込みが立ってからスタートするのをお勧めします。

ブログツールは何を使えば良いか

 最近、利用者が増えてきた作品配信サイトのnoteのメリットは、ホームページのようにデコレーションや記事の編集機能がしっかりしているので、内容の濃いコラムをしっかり見てほしい場合は有効でしょう。ただ、noteだけ更新しても認知は広がりにくいので、記事拡散用のツイッター、フェイスブック、インスタなど、強いSNSを1つ持って組み合わせで使うと結果が出やすいようです。

 ブログサービスとして代表的なアメブロも、依然として利用価値は高いです。アメブロの良い点はユーザー数が6千万人以上と多く、アメブロ内で回遊するユーザーが多いので、noteに比べると自分を見つけてもらうチャンスが増える点にもあります。ランキングやトピックなどに抜粋されると一気にアクセスが増えるのも良いところです。

経営者の情報発信を人材採用に活かす

 経営者自らSNSで発信することの効果が高まっているのが、人材採用の部分です。商品購入の場合はユーチューブやツイッターなどで事前に評判をチェックすることはあっても、社長のSNSなどを見ることはほとんどないと思います。でも入社する企業に関しては、特に最近の若い人は誰と働きたいかを重視する傾向が強まっているので、トップの情報発信が大切になります。

 例えば、ITエンジニア養成スクールを運営するdiv社長の真子就有さんは、ユーチューバーの「マコなり社長」として活躍しています。ユーチューブでは仕事や人生で成功する秘訣といった内容で10分程度の動画を2日に1本ぐらいのペースで上げ、チャンネル登録者は45万人以上にもなっています。

 始めた当初は同業者などから懐疑的に見られていたようですが、入社希望者が殺到するようになり、メディアの取材も増えて周囲の目が大きく変わったということです。

笹木郁乃photo2

「企業トップの情報発信が人材採用にも影響します」

 

まとめ―結局SNSで勝てる経営者とは?

 

 繰り返しになりますが、SNSを始めるときに何のためにやるか、どこまでの結果を目指すか決めることが重要です。最初は失敗もしますが、比較的すぐに結果を出す人も長期的に結果を出す人の共通点は、古臭い言い方かもしれませんが根性があるということ。

 そしてもう一つ。SNSのツールごとに、好まれる投稿のテイストや、フォロワーが増えやすいコツのようなものがあります。それを理解し、柔軟にSNSのツールにあった投稿の仕方に合わせられると伸びやすいです。

 何かの分野で実績があっても、SNSの世界では他の人とスタート地点が同じということを理解して、プライドを捨てても戦える人が強いのです。

0円PR

実践的なPR手法が学べる笹木氏の著書『0円PR』

 

 

 

関連記事

好評連載

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年7・8月合併号
[特集] 世界で売れるか!? 日本カルチャー
  • ・拡大のカギは「点」の活動を「面」にしていくこと
  • ・技術はあくまで手段。感動を生み出すことが市場を拓いていく 迫本淳一(松竹社長)
  • ・世界最大の中国市場 攻略のカギはどこにある!?
  • ・41カ所の海外店舗で和菓子の心を世界に 岡田憲明(源吉兆庵ホールディングス社長)
  • ・プロが認める商品として日本茶ブランドを構築 丸山慶太(丸山海苔店社長)
  • ・機能性とファッション性で再発見される地下足袋の魅力
  • ・日本を発信するビームス ジャパン 常設ショップ視野に海外でも販売
  • ・盆栽輸出量は16年で20倍 今や「BONSAI」は共通語
[Special Interview]

 大崎洋(吉本興業ホールディングス会長)

 数字じゃない存在意義が、より問われてくる

[NEWS REPORT]

◆アビガンで注目集める富士フイルム・医薬品事業の実力

◆100周年を襲ったコロナ禍 マツダは危機を乗り越えられるか

◆住宅から高級家具まで「ダボハゼ」ヤマダ電機の明日

◆抽選倍率100倍の超人気 シャープがマスク製造する真意

[特別企画]

 危機を乗り越える

◆緊急事態宣言で導入企業が激増 ビジネスチャットが変える働き方

◆在宅ワークの効率を上げる方法とストレスマネジメント

◆輸入依存の中国経済にコロナ禍がとどめの一撃 石 平(作家、中国問題評論家)

ページ上部へ戻る