文化・ライフ

禅における平常心の意味

 

 「多くの人々が新型コロナウイルス(COVID-19)を大災害だととらえていますが、私は〝大修正〟の良い機会だと思っています」とビル・ゲイツ氏がメッセージを発していました。危機下でも焦ることなく平常心を保って状況をとらえようとされています。

 ところで、「平常へいじょうしん」は禅語では「平常心びょうじょうしん」と読みます。ふつう、平常心へいじょうしんというと、「何が起こっても落ち着いてブレない心」のようなものを想像しますね。でも、禅における平常心びょうじょうしんは、それとは随分違う意味で使われています。

 鎌倉・円覚寺の横田南嶺老師によれば「造作無く是非無く。取捨無く断常無く、凡聖無し」であり、「作り事をしない」「なんの造作もしないありのままの心」「それがそのまま道であり、仏でもある」それが平常心びょうじょうしんなのです。

 

「正気な人」とつながること

 

 先日、精神科医の友人に久しぶりに再会しました。大病院の副院長として病院改革にも力を入れる、リーダーシップのある方です。国レベルの特殊な任務にも参加することがあるようで、危機的状況の最前線に立って対処してきた彼の生々しい報告を聞かせていただきました。

 医師でありながらスピリチュアリティにも理解の深い彼のお話しで、特に印象的だったのは「ご支援ありがとうございます」という言葉に救われたという体験。過酷な状況の中で支援を必要としている人を診察に回っている時に、まさにその支援を必要としている当事者から労いの言葉をもらうことがあるといいます。

 大変なはずのその人から、支援に来た自分に「お忙しいのに、ご支援に来てくださって、ありがとうございます」と労いの言葉をもらうとき、彼は過酷な状況の中で落ち着きと自信を取り戻すのだそうです。

 「危機の中で仕事をしていると、人はどんどん正気を失っていく。そんな中で、どうやって正気を取り戻すか? 人は自分が正気ではないということに気づくことができると、正気に戻ることができる。そのきっかけとなるのが、正気な人の存在に触れること。

 刻々とギリギリの決断を迫られ続ける危機現場のリーダーは、根元的なエネルギーとの繋がりを失って、心がどんどんやせ細っていく。そんな時、正気な人、つまり、自分の心の中に神性を保つ人、根元的なエネルギーとつながっている存在に触れることで、自分を見つめる物差しをもつことができる」

 非常時にこそ、それに飲み込まれることなく平常心を保つ人の存在が、リーダーにとってもチームにとっても重要です。

 

「正気の人」を仕事にする

 

 最近、ある企業からコンサルティングのご依頼をいただきました。

 年商500億円くらいの規模の企業で、私はこれまでも僧侶としてそのオーナー社長の人生相談をさせていただいてきましたが、今度は後継者育成や会社の将来ビジョンも含めてもう少し突っ込んだ相談を定期的にさせてもらいたいというのです。コンサルティングというより、メンター的な関わりとも言えます。

 特に、子ども世代への事業継承などは、会社の論理ではなく家族の論理も入ってくるので、信頼できる第三者的な相談相手を持つこと自体が、精神衛生上良い効果を生むようです。「本当に心から相談できる人がいなくて、孤独なんですよ」という経営者の方の声は本当によく聞きます。

 基本的に私ができることは、お茶や食事をしながらお話を聞くことです。起業してビジネスを急成長させてきた経営者も、判断には迷います。そんな時、「正気の人」として側にいてあげて、正しい判断ができるようにサポートするのが、私の役割です。

 もちろん私には、企業経営上の戦略判断の正しさなどはわかりませんが、社長が焦って極端に走ることなく落ち着いた精神状態でベストな判断ができるよう、その環境を整えることを心掛けています。

 リーダーたちは迷っています。

 特に今のような非常事態には、誰もが正気を失いがちです。そんな時、仏教的にいえば、その人や組織が「中道」を歩むことができる環境を整えてあげること。それも僧侶の役割の一つと思います。

 

中道を行くこと

 

 これらの点をつないで見えてくるのは、非常事態が慢性化するこれからの時代にあって、その雰囲気に飲み込まれることなく「正気」を保つ人の存在が、リーダーにとってもチームにとっても重要であるということ。日常的に人の「死」という極限に触れている僧侶のような立場の人は、役割を果たすのにアドバンテージがあるかもしれません。

 このような時代の宗教家の仕事とは、人々が安心して「中道」を歩める環境を整えることに他なりません。

 ウェルビーイングに関して、平成10年のWHO執行理事会(総会の下部機関)において検討された幻の「健康」の定義はこうでした。

 「完全な肉体的(physical)、心理的(mental)、スピリチュアル(精神的)及び社会的(social)福祉のダイナミック(力強い精力的)な状態であり、単に疾病又は病弱が存在しないことではない。」

“Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.”

松本紹圭

イラスト=田村記久恵

 

 肉体的、精神的、スピリチュアル的、そして社会的に「動的」なウェルビーイングを保つということは、すなわち、常に変化する諸行無常の世界の中で、中道をととのえ続ける終わりのない営みということになるでしょう。

 中道を行くことは、簡単なようで難しい。極端を行くほうが、分かりやすいからです。しかし、非常事態には目先につられて極端に走ることは、社会のボラティリティ(不安定さ)を高めることにつながります。

 私も平常心びょうじょうしんを大切に、正気を保ち、中道を行く日々を過ごしていきたいと思います。

 

筆者プロフィール

(まつもと・しょうけい)東京神谷町・光明寺僧侶。未来の住職塾塾長。東京大学文学部卒。武蔵野大学客員准教授。世界経済フォーラムYoung Global Leader。海外でMBA取得後、お寺運営を学ぶ「未来の住職塾」を開講。著書に『お坊さんが教える心が整う掃除の本』(ディスカバートゥエンティワン)●Twitter ID shoukeim●komyo.net

 

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年7・8月合併号
[特集] 世界で売れるか!? 日本カルチャー
  • ・拡大のカギは「点」の活動を「面」にしていくこと
  • ・技術はあくまで手段。感動を生み出すことが市場を拓いていく 迫本淳一(松竹社長)
  • ・世界最大の中国市場 攻略のカギはどこにある!?
  • ・41カ所の海外店舗で和菓子の心を世界に 岡田憲明(源吉兆庵ホールディングス社長)
  • ・プロが認める商品として日本茶ブランドを構築 丸山慶太(丸山海苔店社長)
  • ・機能性とファッション性で再発見される地下足袋の魅力
  • ・日本を発信するビームス ジャパン 常設ショップ視野に海外でも販売
  • ・盆栽輸出量は16年で20倍 今や「BONSAI」は共通語
[Special Interview]

 大崎洋(吉本興業ホールディングス会長)

 数字じゃない存在意義が、より問われてくる

[NEWS REPORT]

◆アビガンで注目集める富士フイルム・医薬品事業の実力

◆100周年を襲ったコロナ禍 マツダは危機を乗り越えられるか

◆住宅から高級家具まで「ダボハゼ」ヤマダ電機の明日

◆抽選倍率100倍の超人気 シャープがマスク製造する真意

[特別企画]

 危機を乗り越える

◆緊急事態宣言で導入企業が激増 ビジネスチャットが変える働き方

◆在宅ワークの効率を上げる方法とストレスマネジメント

◆輸入依存の中国経済にコロナ禍がとどめの一撃 石 平(作家、中国問題評論家)

ページ上部へ戻る