国際

(写真:AFP=時事)

(写真:AFP=時事)

オバマは君子か小人か

 君子豹変す。「君子」とは、学識も人格も優れた立派な人のことだ。その逆の、つまらぬ人間は「小人」である。豹の毛は季節によって抜け変わり、斑紋がはっきりと目立つ。易経の原文は「君子豹変、小人革面」とあり、「立派な人は、自分の過ちを認めれば、豹の皮の斑点が黒と黄ではっきりしているように心を入れ変え、行動も改める。逆に、つまらぬ人間は、表面上は変えたように見せかけて、中身は全然変わらない」となる。

 さて、オバマは君子か小人か。

 オバマは2006年、イリノイ州の新人上院議員だった時に債務上限の引き上げに反対していた。

“The fact that we are here today to debate raising America’s debt limit is a sign of leadership failure.”

〈今ここで米国の債務上限の引き上げを議論すること自体、リーダーシップの失敗だと言えましょう〉

 とブッシュ大統領を責めている。

“It is a sign that the U.S. Government can’t pay its own bills.”

〈これこそ米国が自分のツケを払えないということの証しです〉

“It is a sign that we now depend on ongoing financial assistance from foreign countries to finance our Government’s reckless fiscal policies.”

〈これこそわが政府の無軌道な経済政策によって諸外国からの経済的支援無しには立ち行かなくなっている現状の証しです〉

 ここまで債務上限の引き上げに反対していた新人上議員は、やがて大統領になり、債務上限引き上げの法案に自らサインする立場となった。

 連邦政府が国債などで借金できる債務の上限は、連邦議会(United States Congress)が定める。議会が上限の引き上げを認めないと資金繰りが困難になり、米国債はデフォルトに陥る可能性がある。

 今回、その引き上げ期限は2月末に迫っていた。もし引き上げが認められないと、5年前のリーマンショックから回復途上にある世界の金融市場、経済の混乱は避けられない。

 米上院で多数を占める与党民主党と下院で多数を占める野党共和党はネジれ、この問題では厳しく対立し、決着は先送りが繰り返されてきた。しかし11月の中間選挙を控えて一時休戦ムードが広がり、下院と上院は「上限法案」を相次いで賛成多数で可決した。

 連邦議会は少し前には14会計年度(13年10月〜14年9月)と15会計年度の予算の大枠も認めている。これで暫定予算の不成立による政府機関の一部閉鎖という昨秋の悪夢再来の恐れも遠のいた。

 もし8年前ならこの引き上げに反対しただろう新人上院議員だったオバマは今では賛成に回り、2期目の大統領として法案に署名した。

President Obama signed legislation that raises the U.S. debt limit through March 2015, taking the politically volatile issue off the table with congressional elections coming up this November.

 連邦政府の借り入れが認められるのは15年3月までで、オバマ政権にはこの1年余りの猶予期間に、財政の懸念材料をどう取り除くかが問われる。

 

債務上限引き上げに反対していたオバマ

 

[今号の英語]The buck stops here.

 この英語は米国が起源だが、今では英国人も使うほど常套句となっている。トルーマン大統領の机にはThe buck stops here.というプレートが置いてあった。

 「責任は俺が取る」という意味だ。Pass the buck to〜というのは「〜に責任転嫁する」という意味だが、buckとは元来ポーカー(poker)の親のことである。

 Buck passingというのは親になりたくない時にほかのカードプレーヤーに親をパスしていくことで、ここから責任転嫁、という意味になった。

 どこまでも転嫁されていく責任は大統領執務室(Oval Office)の大統領のところ、最高責任者のところで止まる。これ以上、どこにも行きようがない。だから、The buck stops here.なのである。ちなみにルーズベルトが死んで副大統領から繰り上がったトルーマンは米国大統領史上最低の支持率22%だった。これはジョージ・W・ブッシュと並ぶ数字だ。
 われわれ日本人が覚えておくべきは、原爆投下の最終責任者はトルーマンだということだ。
 The buck stops here. 極東の島国の非戦闘員を焼き殺す決断は大統領執務室で下された。
 さて、新人上院議員時代のオバマはこのトルーマンのモットーを援用している。
“Increasing America’s debt weakens us domestically and internationally.”
〈米国の負債は国内外でわれわれの力を弱めていきます〉
“Leadership means that ‘the buck stops here.’”
〈リーダーシップとは元来、「責任は俺が引き受ける」ということを意味するはずです〉
“Instead, Washington is shifting the burden of bad choices today onto the backs of our children and grandchildren.”
〈ところが、ワシントンは今日の悪い選択に起因する重荷をわれわれの子どもや孫の世代の背中に背負わせようとしています〉(中略)
“I therefore intend to oppose the effort to increase America’s debt limit.”
〈でありますから私は、ここに米国の債務の限度引き上げに反対する者であります〉
 8年後、立場の変わったオバマは債務の上限引き上げに署名した。全くコメントは出さなかった。

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る