国際

(写真=時事)

(写真=時事)

 森元首相を本誌のためにインタビューした時、無防備なほどフレンドリーな人であることに驚いた。いい人なのだ。

 森さんはサービス精神が旺盛なあまり、自分の目の前にいる人にサービスしてしまう。首相だった頃、神道政治連盟国会議員懇談会で神主さんを前に「日本は神の国」と言ったのもサービスだし(これは神の国発言として大問題になった)、浅田真央選手のパフォーマンスに言及したのもサービスだった。それをメディアは舌なめずりをするように報道する。「日本の国、まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを国民の皆さんにしっかりと承知していただく、そのためにわれわれが頑張ってきた」と森さんは言っただけだ。突きやすい。

 オバマは、その意味ではガードが固い。めったなことは口にしない。が、彼も人間。1つの論拠を固めるために、もう一方を揶揄したりもする。でも、それが今回うまく働かなかった。今、オバマが力を入れているのは製造業へのてこ入れ。だからウィスコンシン州の工場で、こんな言い方をした。

“You folks can make a lot more, potentially, with skilled manufacturing or the trades than they might with an art history degree.”

〈あなたたち製造業に就く人々は、その製造や交易の技能から美術史の学位を持つ人々より多く稼ぐことができるのです〉

 それはそうだ。美術史を学ぶことよりも製造業のほうが何かを生み出しそうだ。美術史は、直接的な実利はない。美術品をつくることさえしない。しかし、このオバマの発言に美術史を教えている教授が反論した。テキサス大学のアン・コリンズ・ジョーンズ上級講師は、ホワイトハウスに抗議の電子メールを送ったのである。

“We really work hard on teaching students…who come in and take an art history survey class how to think, read and write critically, because that’s what you do with art.”

〈私たちは美術史調査の教室にやってきた生徒たちに対して、どのように考えてどのように読み込んでどのように評論していくかを懸命に教育しています。というのも、それこそ皆が美術に対してやっていることだからです〉

“It’s not just looking at a pretty picture.

〈ただ綺麗な絵を眺めているだけではないのです〉

You have to call upon all of your resources to come up with some sort of interpretation.”

〈自分の知見を総動員して絵を読み解いていく、ということなのです〉

 この先生は美術史というものが特権階級の玩具ではないと言いたかったのである。

“Increasingly the discipline is much more global.

〈この美術の読解というものは、世界的に採用され始めております〉

We really teach the arts to a wide range of students with a wide range of backgrounds, and we are teaching the arts of Africa, Asia, South America, Central America and we have a global outlook and that tends to change the whole field.”

〈われわれは美術というものを多様な背景を持つ多様な生徒に向けて教えておりますし、われわれが教えている美術もアフリカやアジアや南米や中米など世界規模に広がっており、この動きは美術史全体を変革していく動きでもあるのです〉

 何の反応も期待しなかったジョーンズ女史。

“I sent him an email, never thinking for one second that anything would happen.”

〈大統領にメールは送りはしたものの、何か起きるとは夢にも考えていませんでした〉

 が、ホワイトハウスからメールの返信が来た。メールに大統領の直筆の手紙をスキャンした画像が添付されていたのである。驚く。

“Let me apologize for my off the cuff remarks.

〈まず、私の即席の発言をお許しください〉

I was making a point about the jobs market, not the value of art history.

〈私は労働市場に対して言及していたわけで、美術史の価値に関して語っていたわけではなかったのです〉

As it so happens, art history was one of my favorite subjects in high school, and it has helped me take in a great deal of joy in my life that I might otherwise have missed.

〈しかしながら口にしてしまった以上、そして美術史というものは私が高校生時代に大好きだった科目であることもあり、そしてまたこの科目が私の人生にかけがえのない大いなる喜びをもたらしたことも考え合わせて〉

So please pass on my apology for the glib remark to the entire department, and understand that I was trying to encourage young people who may not be predisposed to a four year college experience to be open to technical training that can lead them to an honorable career.”

〈こうした4年間の教育によって輝かしいキャリアを築く可能性を前提的に持たない若者に対して勇気を与えようとした発言だった、ということを踏まえて、私の軽薄な発言に対する謝意を、美術史教育界全体に表したいと思います〉

 これを受け取ったジョーンズさんは言った。

“I thought it was incredibly gracious and a lovely note.”

〈これは考えられないほど素晴らしく心に触れる手紙だと感じました〉

“The poor man he makes a glib remark,”

〈あの気の毒な方は、軽率な発言をしたわけです〉

“He’s trying to be funny.”

〈彼は自分を戯画化しようとしたのです〉

“He’s trying to be entertaining and everybody jumps on his case and so I was immensely pleased and the note was really, really lovely.”

〈彼は何とか喜ばせようと努力してきたわけで、それを皆が寄ってたかって攻撃したのですが、私は満足で、この手紙はとっても素敵なものでした〉

 

[今号の英語]People will talk.

 人の口に戸は立てられない、と日本人は言う。英訳するとこうだ。People will talk.人々は口にする。これは止められない。慎重な大統領も時に言いたいことを言ってしまう。肝は、People will talk.という前提で、それにどう対応するか、だ。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年5月号
[特集] 巻き込む力
  • ・高岡浩三(ネスレ日本社長兼CEO)
  • ・唐池恒二(九州旅客鉄道会長)
  • ・河野 仁(防衛大学校教授)
  • ・入山章栄(早稲田大学大学院・ビジネススクール教授)
  • ・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長)
  • ・中竹竜二(日本ラグビーフットボール協会理事)
  • ・時代も国境も超えた普遍のリーダーシップを学べるベストブックス
[Special Interview]

 小林喜光(三菱ケミカルホールディングス会長)

 イノベーションを起こすために「人間とは何か」を問う

[NEWS REPORT]

◆零細企業でも活用できるインターネットM&A最前線

◆業界再編はあるのか 日本製鉄、巻き返しへの一手

◆技術研究所を解体してホンダは何を目指すのか

◆新型コロナウイルス治療薬 なぜ日本企業は創れないのか

[特集2]

 経営者に贈る「イロとカネの危機管理」

ページ上部へ戻る