国際

北方領土問題解決に向けた交渉の枠組みが明確に

 4月29日、モスクワのクレムリンで行われた日露首脳会談で、日本側は所期の目標を達成した。同日の共同記者会見で、安倍首相は、訪問の目的について、「①日露関係の将来的可能性を示すこと。②平和条約交渉(北方領土交渉)の再スタート。③プーチン大統領との個人的信頼関係の構築」と述べたが、いずれの目標も達成された。特に、重要なのは、③の「プーチン大統領との個人的信頼関係の構築」である。

 共同会見で、安倍首相が「プーチン大統領との間で今回、平和条約交渉を含めて幅広い問題について胸襟を開いて、じっくり話し合い、個人的信頼関係が生まれたと実感している」と述べた時に、隣席のプーチン大統領が深く頷いた。この映像を通じて、日露両首脳間に信頼関係が確立されたことが広くロシア国民と国際社会に対しても可視化された。

 共同会見で、安倍首相は、領土という言葉を用いなかった。日露平和条約交渉は、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島に関する帰属の問題が解決された上で締結されるということは、最高首脳を含む日露両国間で合意されている。従って、ロシアの国民感情を刺激する「領土問題」という言葉をあえて用いずに、平和条約交渉の再スタートという表現を安倍首相が用いたことは外交的に賢明な判断と思う。

 今後の平和条約(北方領土)の進め方については、29日に両首脳が合意した「日露パートナーシップの発展に関する日本国総理大臣とロシア連邦大統領の共同声明」の第9項が鍵になる。

 ここで、「両首脳は、日露パートナーシップの新たな未来志向の地平を模索する中で、両首脳の議論に付すため、平和条約問題の双方に受入れ可能な解決策を作成する交渉を加速化させるとの指示を自国の外務省に共同で与えることで合意した」と定められている。これで北方領土問題の解決は首脳間の政治決断で行われるという枠組みが明確になった。

 これから行われる両国外務省間の交渉は、これまでと質を異にするものになる。「われわれ外交官では、これ以上、いくら誠実に協議してもまとめあげることはできません。後は安倍総理とプーチン大統領の交渉に委ねなくてはなりません」というように、政治決断に向けて問題を絞り込んでいくことが両国外務省の課題になった。

 両国外務省の「交渉担当は次官級になると思う」(29日、世耕弘成内閣官房副長官のブリーフィング)とのことだが、そうなると日本側のキーパーソンは、斎木昭隆外務審議官(ロシアとの関係で次官級という場合、日本では外務審議官がカウンターパートになる)になる。斎木審議官はタフネゴシエーターで、安倍首相の信任も厚い。日本側の態勢については交渉進捗に期待が持てる。

北方領土問題に対する首相側近の危険な発言

 もっとも首相側近の北方領土問題に関する発言が、交渉を攪乱する危険性がある。具体的には、内閣官房参与の本田悦朗氏の発言がクレムリン(露大統領府)で波紋を呼んでいる。露国営ラジオ「ロシアの声」が4月29日にこんな放送をした。

〈内閣官房参与本田悦朗氏は「インターファクス」のインタビューに答え、ロシアとの領土問題について考えを示した。/本田氏によれば、「南クリル岩礁に対し日本が潜在的な主権を持っていることを将来的に認める用意がある」とのシグナルをロシアが送ることを、日本は期待している。/しかし諸島の行政的引渡しを即座に要求するつもりは日本にはない。/本田氏によれば、もしもロシアが「諸島に対する日本の潜在的な主権を将来的に認める用意がある」とのシグナルを出せば、「非常に大きな肯定的印象を日本社会にもたらすだろう」〉

 報道から判断すると本田氏の発言は、1998年4月、当時の橋本龍太郎首相がエリツィン大統領に対して行った「川奈秘密提案」を念頭に置いている。2000年9月に訪日した際にプーチン大統領は川奈提案を拒否した経緯がある。

 プーチン大統領が明確に否定した提案を、マスメディアを通じて、ロシア側に検討しろと要請するのは常軌を逸している。

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年3月号
[特集]
環境が経済を動かす

  • ・総論 災い転じて福となせるか 持続可能な社会の成長戦略
  • ・越智 仁(三菱ケミカルホールディングス社長)
  • ・100年後を考える 世界最大級の年金基金「GPIF」
  • ・金融業界はこう動く
  • ・脱炭素化の遅れがはらむ「座礁資産」の危険性
  • ・脱炭素化で移行する「地域循環共生圏」とはどういう社会なのか!?

[Special Interview]

 中田誠司(大和証券グループ本社社長)

 「SDGsを経営戦略の根幹に据えることで企業は成長する」

[NEWS REPORT]

◆稲盛哲学を学ぶ盛和塾解散を塾生たちはどう聞いたか

◆米中経済戦争の象徴となった「ファーウェイ」強さの秘密

◆EV時代にあえてガソリンエンジンにこだわるマツダのプライドと勝算

◆それは自由か幸福か——「信用スコア」で個人の信用が数値化された世界

[特集2]関西 飛躍への序章

 大阪万博開催で始まる関西経済の成長路線

ページ上部へ戻る