文化・ライフ

Jリーグを発足させ、サッカーのプロ化を進めた川渕三郎

 開幕から20年を迎えたJリーグ。記念パーティーの主役は初代チェアマンの川淵三郎(現日本サッカー協会最高顧問)だった。

 「1993年(の5月)にスタートして、ちょうど20年になるんですが、正直言って、これだけ発展するとは夢にも思っていませんでした」

 10クラブでスタートしたJリーグだが、昨季からJ1、J2合わせて40クラブでシーズンを戦っている。

 プロ化するまで一度も出場できなかったワールドカップも、日本代表は98年フランス大会以降、4大会連続出場。2014年のブラジル大会出場にも王手をかけている。代表の躍進はJリーグなしにはあり得なかった。

 しかし、サッカープロ化への道のりは、決して平坦ではなかった。

 91年11月のJリーグ発足直前、ある会議で協会幹部がこう発言した。

 「サッカーのプロ化というがバブルもはじけ、景気も悪くなってきた。企業もサッカーには投資しにくいのではないか。時期尚早と思われる」

 もうひとりの幹部が続けた。

 「日本にはプロ野球がある。サッカーがプロ化で成功した例はない。前例がないことを急いでやる必要があるのか。もっと落ち着いて考えるべきだ」

 やにわに川淵は席を立ち、反論をぶった。

 「時期尚早という人間は100年たっても時期尚早という。前例がないという人間は200年たっても前例がないという」

 この一言がプロ化への流れを一気に加速させたのである。

Jリーグは「地域密着」の理念を貫く

 Jリーグがスタートしてからも、順風満帆というわけにはいかなかった。

 98年の10月には横浜フリューゲルスと横浜マリノスが合併を発表した。フリューゲルスの出資会社である佐藤工業が経営不振に陥り、もうひとつの出資会社の全日空がマリノスの親会社・日産自動車に働き掛けたものだといわれているが、「地域密着」を旗印に掲げるJリーグは、深い傷を負った。

 同年末には読売新聞社も名門・ヴェルディ川崎の経営から手を引いた。

 長年に渡って川淵と対立してきた読売新聞社の渡邉恒雄社長(当時)は、撤退にあたって次のような声明文を発表した。

 「Jリーグは今年、6シーズン目を迎えましたが、所属する18チームのすべてが莫大な赤字に苦しんでいる状態です。これは地域密着主義という理念ばかりを先行させ、企業が本気で支援できるような環境作りを一切怠ってきた、川淵チェアマンの誤ったリーグ運営の結果であります」

 「しかし、川淵チェアマンはそうした声に一切耳を貸さず、各クラブを支える親会社の苦しい状況を見て見ぬふりをして極めて独断的なリーグ運営を続けてきました。その結果、チーム数だけは増え、観客動員数は激減してしまいました」

 マスコミのドンに、ここまで名指しで批判されても、川淵は少しもひるまなかった。

次のように反論した。

 「物語は何でも理念があって続いていくわけでね。理念がないのなら、単なるカネ儲けですよ。Jリーグという社団法人をつくるとき、理念に賛同する人が集まり、同じ仲間としてスタートしたわけでしょう。それを批判するほうがどうかしている。

〝Jクラブに企業名を入れろ〟という要求にしたって、じゃあ企業の名前を出したらお客さんが増えるんですか? と逆に問いたい。われわれは27年間の日本サッカーリーグの歴史を通じて、企業スポーツの限界を肌で感じている。われわれがJリーグを創設したのは、ヨーロッパや南米にあるような地域に密着したスポーツクラブを目指さない限り、プロスポーツの発展はないという認識からなんです。ここを理解していない人が多過ぎる」

日本サッカーの成長とJリーグ100年構想

 どちらの言い分が正しかったかについては、今さら検証する必要もあるまい。

 最近ではプロ野球の球団も「地域密着」を標榜している。本拠地を東京から札幌に移した北海道日本ハムファイターズしかり、この10年間で2回、日本一になった千葉ロッテマリーンズしかり、05年に新規参入を果たした東北楽天ゴールデンイーグルスしかり。

 Jリーグが誕生する前、日本のスポーツは「学校」と「企業」が中心だったが、誕生以降、まだ道半ばとはいえ「地域密着」へとシフトチェンジがはかられているのは、誰の目にも明らかだろう。

 冒頭の記念パーティー。未来を見つめて、川淵はこう締めくくった。

 「ここで開幕当時の初心に立ち返り、世界のリーグのトップ10入りを目指すとともに、Jリーグ100年構想の実現に向けて、さらなる一歩を踏み出すことを期待します」

 さらなる日本サッカー成長のカギは、これまでの20年同様、進取の気性を持ち続けることができるかどうか、そこにかかっている。 (文中敬称略)

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る