文化・ライフ

 日本人にとって、破れそうで破れないのが陸上100㍍の9秒台の壁である。

 現日本陸上連盟・男子短距離部長の伊東浩司が10秒00を叩き出したのは、もう今から15年も前のことだ。

 「何か別世界にいるような感じでした。夢の中を走り終え、目が覚めると、ゴールの2㍍くらい先にランニングタイムが出ていた。9秒99。アレッて感じでした。まだ力を残していたし、タイムにこだわったわけでもなかった。確実に(準決勝では)一番に入り、決勝では金を取る。考えていたのは、そのことだけでしたから……」

 1998年12月、バンコクアジア大会準決勝。風のように走り去った伊東の目に飛び込んできたゴールタイマーの数字は「9・99」。会場がひとしきり沸いた直後に発表された正式タイムは「10・00」だったが、伊東が決勝に備えて後半を流したこともあり、9秒台突入は時間の問題かと思われた。

 快挙の数日後に会った陸連幹部は「これで20世紀中の(日本人の)9秒台は間違いない」と胸を張った。

 とうに21世紀に入ったが、100分の1秒の壁は恐ろしく厚い。「時間の問題」どころか「永遠の宿題」になりつつある。

 近年は100㍍の話題さえ耳にすることはほとんどなかった。この15年近く、伊東をはじめとする多くのトップスプリンターが9秒台の壁に挑んだが、ことごとくはね返された。

 参考までに言えば、伊東以降の日本人最高記録は2001年7月のゴールデンリーグ第3戦ビスレーゲームズ(オスロ)で朝原宣治がマークした10秒02である。

 この間、世界記録は6度にわたって更新された。現在のそれはウサイン・ボルト(ジャマイカ)が09年世界陸上ベルリン大会でマークした9秒58。比喩ではなく、影すら踏めないような状況が続いていた。

 そこに現れたのが17歳の高校生・桐生祥秀だ。4月29日の織田記念陸上で、日本歴代2位となる10秒01をマークしたのだ。初のシニア大会で、日本人悲願の9秒台に100分の2秒差まで迫ってみせた。

 「いつもより体が軽くて前に進むイメージがあった」

 「10秒1、2は出るかと思っていたが、まさか0秒台が出るなんて……。信じられない」

 記録を出した本人が一番驚いたような表情を浮かべていた。

 その1週間後、17歳は東京・国立競技場で海外の一線級と初めて対決した。

 セイコー・ゴールデングランプリ。このレースには9秒台の自己記録を持つ選手が米国のマイケル・ロジャーズ(9秒85)、バハマのデリック・アトキンス(9秒91)、米国のムーキー・サラーム(9秒97)と3人いた。

 レース前には「3人に引っ張られて9秒台を出すのではないか」と期待の声が上がったが、1・2㍍の向かい風に遮られた。

 それでも10秒4のタイムで10秒19のM・ロジャーズ、10秒24のアトキンスに次いで第3位に入り、1週間前の記録がフロックでないことを証明した。

 レース後、本人は「後半のストライドやピッチをもう一段階上げれば(外国勢とも)勝負できるようになる」と冷静に自らの走りを分析していた。

 聞けば桐生、練習する高校のグラウンドの直線コースは80㍍くらいしかないそうだ。後半の走りに課題を残すのは、そうした理由に依るものなのかもしれない。

 逆に言えば、だからこそ今後の〝のびしろ〟への期待がたかまる。

 10秒01を記録した直後、元100㍍日本記録保持者の朝原は「ラスト4、5㍍で力が入った。気持ちよく走り続けていたら9秒台が出ていたかもしれない」と語っていた。

 桐生は身長175㌢、体重68㌔とスプリンターとしては小柄だが、体幹がしっかりしているためかフォームにブレがない。つまりエネルギーのロスが極めて少ない走りなのだ。これは教えたからと言ってできるものではあるまい。

 あるテレビ番組で小学校時代、マット運動や跳び箱などを得意にしていたことが紹介されていた。バランスのいいフォームや安定した重心は、その頃にかたちづくられたのではないか。少なくともフォームにおいて、今すぐ改善すべき点は見当たらない。

 実は桐生、10秒01を記録した直後、部室の黒板に年内の目標タイムを「9秒96」と書き込んでいる。これは10秒を切ったくらいでは満足しないとの意思表示か。

 9秒台は日本人のみならず、東洋人、いや黄色人種の夢でもある。その夢に最も近い男が17歳の日本人スプリンターとは近年、これほど痛快な話はない。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

コエンザイムQ10のCMで知名度向上、売上高1兆円を目指すカネカ--カネカ社長 角倉 護

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年9月号
[特集]
65歳からのハローワーク

  • ・総論 働く上で「年齢」は意味を持たなくなる
  • ・50歳からの15年間の準備が豊かなセカンドライフを保証する
  • ・エグゼクティブのセカンドキャリア最前線
  • ・企業のシニア活用(富士通、ネスレ日本、鹿島)
  • ・副業のすすめ 現役時代の副業は定年以降のパスポート
  • ・島耕作に見るシニアの今後の生き方 弘兼憲史

[Special Interview]

 赤坂祐二(日本航空社長)

 「中長距離LCC事業には挑戦する価値がある」

[NEWS REPORT]

◆社員の3分の1を異動したWOWOWの危機感

◆迷走か、それとも覚醒か B2Cの奇策に出るJDI

◆外国人労働者受け入れ解禁で どうなる日本の労働市場

[特集2]

 開幕まで1年!

 ラグビーワールドカップ2019

ページ上部へ戻る