広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

「タイに拠点を置くことは日系企業にとって大きなメリット」--タイ投資委員会 長官・ウドム・ウォンウィワットチャイ

タイ投資委員会 長官・ウドム・ウォンウィワットチャイ

タイの強いサプライチェーンを武器に日系企業を引き込む

 

 -- 日本からタイへの投資が増えた要因は。

「中国プラスワンの投資先としてASEANを考えてくれているとは思うが、それは多数の要素の1つにすぎない。タイの成長率が高いレベルにあり、CLMV(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)の成長も、タイに好影響を与えている。タイはこれらの国々をつなげるロジスティクス網や中国南部をつなげるネットワークを持っているので、マーケットの広がりが期待できる。タイ国内の経済成長と近隣諸国の成長によって、日本の投資家はまだまだ入ってくるだろう。さらに、タイはさまざまな産業において強いサプライチェーンを持っているので、日本の中小企業を引き込めるのではないか」

 -- 自動車部品メーカーがタイに投資する際、BOI(タイ投資委員会)のサポートは。

「BOIとしては自動車部品メーカーに重点を置いて投資奨励している。例えば電子制御やオートトランスミッションなど、タイで生産されていない部品については特に力を入れて誘致している。BOIとしては、日系部品メーカーとタイの部品メーカーの連携、技術移転を促進する策として、年間5億バーツ程度の技術移転があれば1年間、8億バーツあれば2年間恩典を延長する。このスキームがうまく働けば、タイの部品メーカーの競争力が高まり、日本企業との連携も密接になる」

 

日系企業はタイを研究開発拠点としても活用してほしい

 

 -- タイから海外への投資状況は。

「これまで海外に投資してきたタイ企業は、食品、エネルギー、石油化学、化学品、ホテルなどの大企業。BOIの方針として、今後は中小企業がもっと海外に投資できるようサポートしていく。そのために、海外に投資するタイ企業のサポート部門を設けた。情報提供、コンサルティング、投資家開発プロジェクト、現地視察などのサービスを提供し、一部では既に海外投資を始めた企業もある。電機・電子、農作物の加工産業、繊維産業、建設、代替エネルギーなどの産業が海外投資に興味を持ち始めている。投資先として一番関心が高いのは、ASEAN諸国。次に国内マーケットが大きい中国やインド、その次に自然資源の多いアフリカ諸国といったところだ。2012年にタイから海外への投資は127億㌦に達した」

 -- 経済の減速にどう対処するか。

「例えば、政府の大型プロジェクトとして総額67億㌦のインフラ整備プロジェクトがある。さらに、政府の支出を増やして資金をマーケットに循環させる仕組みを考えている。成長産業を中心にインセンティブを与えて、国内でお金が回るようにする」

 -- 日系企業には何を期待するか。

「これまで以上に高度な技術を導入して、タイ国内で研究開発や技術移転をしていただきたい。タイに拠点を置き、さらに近隣諸国へ展開してもらうことで、お互いに大きなメリットが生まれるだろう」

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る