国際

ASEANの本部が置かれるインドネシア。域内最大の人口を誇り、経済も拡大し続けるこの国の発展に多くの日系企業が寄与している。その中で経済成長を支える電力事業に進出する総合商社の丸紅に話を聞いた。

 

インドネシアが地熱発電に着手した背景

 

 急激な成長を続けるASEAN諸国にとってエネルギーの安定供給は重要な課題である。域内各国の電力需要に応えるため日本の企業も各地で事業を展開しているが、安定供給を優先させるために、現在でも発電の調整能力の高い火力発電が中心となっている。当然ながら今のトレンドである再生可能エネルギーの普及は進んでいない。

 ところがインドネシア政府は、再生可能エネルギー、特に地熱発電への後押しを進めている。

 インドネシア政府が地熱にこだわるには訳がある。もちろん、環境にやさしい未来のエネルギーの選択という面もあるが、一番の要因は国内事情にある。

 インドネシアは産油国として知られ、かつては東南アジア唯一のOPEC加盟国であったが、1997年のアジア危機をきっかけに、その翌年の98年、長期独裁政権であったスハルト政権が崩壊。開発投資が不振に陥ったことで産出量は減少した。

 一方で、改革が進んだことで個人消費の拡大とともに原油の国内消費量は増大。産出を消費が上回ることとなり、2004年には一転して石油の純輸入国へとなった経緯がある。

 原油のみならずガス田なども抱える資源国家であるが、石油資源への依存を減らし外貨獲得のために産出する資源は積極的に海外へと輸出しているというわけなのだ。

 そのため輸出はできないが、半永久的に使用可能なエネルギーとして注目されたのが地熱エネルギーだ。

 「世界最大の地熱資源を有する」(丸紅広報部)といわれるインドネシアは、日本と同様、環太平洋火山帯に含まれる火山国であり、活火山も多数存在している。また地震が多いということでも日本と同じ問題を抱える。

 インドネシアも含めて中東・アジアの発電事業と日本の総合商社である丸紅がかかわったのは、今から40〜50年前にさかのぼる。当時はインドネシアに限ったことではないが、タービンなどの発電機器の輸出に携わっていたのが始まりだった。

 ところが、最近では商社も直接、事業経営に乗り出してきたため、インドネシアの発電事業にも深く参画するようになったのだ。

 現在、スマトラ島の南スマトラ州にあるランタウ・デダップ地熱資源区において、地元のエネルギー会社とフランスの世界有数のエネルギー会社GDFスエズと共同でプロジェクトを進める。発電設備容量では220メガワット規模になり、16年の商業運転に向けて動き出している。売電先もインドネシア国有電力会社PLNと30年間の売電契約を結んでいる。

 地熱発電を具体的に説明すると、掘削によって地下深部から吹き出す天然の水蒸気でタービンを回し発電を行うフラッシュサイクルという方式で、当然のことながらCO2の排出が火力発電の20分の1程度と少ないエネルギーとして知られる。

 地熱発電に使う蒸気タービンなどの発電機器は「日本の技術がもっとも進んでいる」(広報部)といわれているそうだ。その将来性にインドネシア政府も主導する電源開発計画での一翼を地熱に託す。

 また、もう1つ別のプロジェクトも動き始めている。ジャワ島西部のバンドン郊外にあるパトハ地熱発電所1号機の案件では、丸紅は東芝と連携して地熱蒸気タービン、発電機を含む設備一式と建設工事を受注し、総出力約55メガワットの発電所ができる予定だ。東芝は発電設備に関して世界で約25%ものシェアを占める世界のトップメーカーであり、技術力への評価も高い。

 ほかにも、住友商事がインドネシア・スマトラ島などで地熱発電プロジェクトに参画しており、日本企業の活躍が目に付く。

 

インドネシアの地熱発電開発における日本企業の強み

 

 ASEAN諸国を代表とする成長著しい新興国にとって、インフラの整備はもちろんのこと、電力の安定供給など事業運営に関しては、いまだ日本に一日の長がある。

 丸紅に関しても今までの発電所建設のプロジェクトマネジメント能力はもちろん、世界各国で電気事業を行ってきた経験値は大きな強みになっている。インドネシアでは地熱発電のほかに石炭を燃料にする発電所を2つ稼働させており、他のASEAN諸国でもフィリピンで4カ所、タイとシンガポールでそれぞれ1カ所ずつ発電事業に参画している。

 丸紅単独で、ASEAN域内において合計3千メガワットほどの発電容量を数え、世界にまで目を広げると約1万メガワットを超える発電量を誇る。これは、四国電力や北陸電力と同程度というから商社単独の発電量としては驚くばかりだ。

 原子力発電所の止まった状況の日本にとっても、海外で培ったノウハウを生かしたいところだが、なかなか難しい。インドネシアと同じ火山国であるだけに、地熱資源を有効に活用し、現在の再生可能エネルギーの中心である太陽光や風力だけでなく地熱発電ももっと拡大させたいところであるが、現在のところ日本ではあまり進んでいないようだ。丸紅でも、

「北海道の上川郡などで調査に携わっていますが、事業としてはまだまだというのが実情です」(広報部)とのこと。

 一方、インドネシアでは今後も地熱資源の有効活用は積極的に進む勢い。先に述べたように、急速な経済発展と石油輸入国に転じたことで今後ますます再生可能エネルギーである地熱発電開発が進められる。

 約2万8千メガワット相当の地熱発電ポテンシャルを持つこの国で、地熱発電はわずか1千メガワット程度の活用にとどまっている。インドネシア政府も25年までに10倍の1万メガワットまで地熱発電量を拡大する計画だという。

 技術、ノウハウの実績を積み上げている日本企業にとっては、今後も期待できる分野のようだ。

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る