テクノロジー

危機を好機に 成長戦略の本丸

 昨年11月13日、参院本会議で、電力システム改革のスケジュールを定めた改正電気事業法が賛成多数で可決、成立した。

 アベノミクスの第三の矢である成長戦力の中でも重要な位置を占めるこの改革は、太平洋戦争時に電力を国家管理の下においた、特殊法人日本発送電を「電力の鬼」松永安左エ門がGHQとともに9社へ解体した1951年以来の大改革である。

 改革は、電力大手の独占状態が続いた電力市場に競争を促し、電気料金の引き下げやサービスの多様化を促す狙いがある。2015年をめどに電力の需給を調整する「広域系統運用機関」の設立を行い、各地の需給計画や供給網の整備はもとより、災害時には各電力会社の需給調整を行うことができるなど、強い権限を持つ。

 その後、16年に電力小売りの全面自由化、さらに18〜20年をめどに電力の発電と送配電部門を別会社にする「発送電分離」を目指す。

 かねてより、電力システムの改革が叫ばれてきたが、電力会社の強い力を背景にその流れは緩やかで、かつ電力会社の意向が優先された。

 ところが、11年の東日本大震災を契機とする福島第一原発事故以降、状況は一変する。

 福島第一原発の処理、被災者への保障の問題により東電自体の存続も危ぶまれ、原子力発電の今後も不透明だ。今回の電力システム改革は、同時並行的に行われ、まず地域市場を独占してきた10社の発電から送配電、小売りまでの一貫したシステムの解体から始められる。

 まずは「発送電分離」だ。識者も口を揃えるのが、送配電のインフラ事業は、今後も既存の電力会社が握ることになるのではないかということだ。稼働できるかめどの立たない原発を管理、運営することを考えれば、安定的な収益が望めるこの事業は既存の電力会社に任せることになるであろう。

 もうひとつが「小売りの完全自由化」だ。自由化が進めば、現在の携帯電話業界のようにさまざまなプランで電力を買うことができるようになるはずだ。

 ただ、自由化による激しい競争の中で効率化が進み余剰電力が確保できなければ、00〜01年に頻発した米カリフォルニア州の大停電のようなこともあり得る。その懸念を払拭するために、来年度に広域系統運用機関とよばれる「取りまとめ」機関が生まれるのだが、実際にどのような組織になるかは不透明だ。

 ただ「地域独占」がなくなることは確実で、中部電力は茨城の火力発電所に、関西電力は小売り事業にそれぞれ参入を始めており、電力需要の旺盛な首都圏マーケットを狙う。

 東京ガスや石油、鉄鋼各社などの新規参入組も具体的に動き始めれば、成長戦略の確実な推進力になるにちがいない。

 

新たな電力、再生可能エネルギーの台頭

 一方、発電の世界も原発がストップしている現状では、安定的な供給が可能な火力発電が中心になっている。東京電力は円安で燃料費が高騰する中で、ガスタービンに加え、回収した排熱を再利用するガスタービンコンバインドサイクル(GTCC)などの高効率の石炭火力発電所で燃料費を抑える努力を図っている。

 一方、再生可能エネルギーに関しては政府の買い取り制度などの政策支援を受けて、確実に伸びてきている。太陽光発電がその代表格だといえるが、比較的用地買収が容易な北海道と沖縄では、既に接続量が許容範囲を超えてしまっている。また天候に左右されるということで安定せず、設備利用率が低い。

 今後、さらなる普及が進むと考えられているのが風力発電だ。ヨーロッパでは既に再生エネルギーの中心であり、発電効率の高い洋上での設置も遠浅の海が続くヨーロッパでは珍しくない。洋上を何十機もの風車が並ぶ景色は圧巻である。

 日本でも福島沖で進められているプロジェクトが存在する。

 丸紅が中心となって進められている福島洋上風力コンソーシアムは三井造船、三菱重工業など10の企業と東京大学とで行うプロジェクトで、福島沖合20キロで、浮体式の2メガ㍗の洋上風力発電所を建設、実証実験を行っている。

 経済産業省からの委託事業であるため11年には125億円、13年には95億円、合計で220億円が投じられ、今後事業化にめどが立てば、東日本大震災からの復興に向けて再生可能エネルギーを中心とした新たな産業創出が可能になる。その場合、福島原発の送電網が再利用できるメリットもあるのだ。

 しかし、洋上での建設は想像どおりコストが掛かる。1キロワット当たりの建設費は陸上で25万円、洋上の固定式で50万円。今回の浮体式では何と200万円も掛かる。

 日本は大陸棚が狭く沖合すぐに一気に深くなるので、浮体式がメーンになる。

 ただ陸上や近場での海上固定式に比べ沖合だと安定して風が吹くとのこと。設備利用率でみても通常20%のところ40%と倍に跳ね上がるという。

 14年には新たに直径80㍍の風車を持つ7メガ㍗の発電施設が投入され、コストも1キロワット当たり100万円にまで落とせる。利用率を考えれば固定式とそん色なく、陸上のように用地買収の問題や騒音、低周波の地域住民への心配もない。

 もちろん漁業権など解決すべき問題も多いが、この風車産業の一大集積地を生み出すことができれば、エネルギーとともに雇用が生まれ、復興を成し遂げた福島のシンボルになるのではないだろうか。

 大きな転換期に来ている日本の電力システム。この機会を好機ととらえ、新たな事業を生み出し、成長戦略に結び付けることが望まれている。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る