国際

寺島実郎の視点1:全員参加型秩序への移行が進む国際社会

 2013年を振り返るにあたり、ここでは背景にある大きな構造変化に注目して論じてみたいと思う。

 まずは、世界の動きの中で13年の最大のウォッチポイントは、米中関係の変化である。第2期に入ったオバマ政権と習近平体制に入った中国の関係が、世界を揺るがしかねないということを年初から指摘してきたが、実際そのとおりになっている。今年6月にカリフォルニアで米中首脳会談が、7月には第5回米中戦略経済対話がワシントンで行われたが、これは単純に米中関係が良くなっているという話ではなく、両国は多くの懸案事項を含みながらもコミュニケーションを深めていると解釈すべきだ。

 両国間には、中国の人権問題、米中間の貿易摩擦、知的所有権侵害等、さまざまな問題があるが、21世紀のアジア太平洋の秩序を米中がリードしていこうという思惑が双方にある。お互い相手を警戒しながらも、相手を巻き込むことでプレゼンスを高めようという思惑が働いている。こうした輪郭が13年には見えてきた。

 米国はアジア太平洋において、中国を戦略的対話の相手としてゲームを作ろうとしているが、一方では米国の国際関係における影響力の低下も見えてきている。中東、アジア、アフリカ、中南米などあらゆる地域でいかなる国もヘゲモニーを持たない状況が生まれている。つまり全員参加型秩序への移行が進んでいる。

 東西冷戦が終わった頃、米国が唯一の超大国になったと言われ、その後BRICsの台頭などで多極化論が唱えられたが、ここへ来て「極」という構造で世界をとらえるのは無理が出てきた。米中のG2という言い方もされているが、明らかに全員が参加して自己主張する時代になってきた。その構造変化こそが、今年の最も大きな出来事である。

 国際関係における来年以降の重要なファクターとしては、ロシアの存在感の高まりを挙げたい。ロシアはここへ来てシリア問題でオバマを揺さぶるなど、国際社会のゲームを動かしている印象が強い。日本は石油とLNGの約1割をロシアからの輸入に依存し、20年までにはこれが2割になるといわれており、同国との関係を強めている。ロシア側も、米国のシェールガス革命の影響で自国が欧州へ輸出するLNGの価格が引き下げられる中、日本のような安定した地域にエネルギーを売りたいという思惑がある。特に日本にとっては、中国と韓国との関係が悪化する中、14年はロシアファクターが重要になってくるだろう。

 

寺島実郎の視点2:日本経済の課題は実体のある政策を打ち出せるか否か

 次に日本国内に目を向けると、アベノミクスによる異次元の金融緩和と財政出動を刺激剤として好況感を印象付けているが、現実は株高幻想にすぎない。9千円台だった日経平均株価が今や1万5千円と5割近く跳ね上がっているが、日本経済の実態が5割も良くなっているかと言えばそうではない。

 東証が発表した数字によると、過去1年間に外国人投資家による日本株の買い越しが14兆円ある一方、日本人の機関投資家は累積13兆円の売り越しとなっている。つまり、日本人が日本の将来に向けて投資を増やしているわけではない。外国人投資家のほとんどはヘッジファンドで、値上がり期待の短期保有。日本の産業や企業を育てる投資ではない。ここにアベノミクスの一番大きな危険性がある。

 実体経済の伸びが実感できない中、原材料費は前年同月比で2割近く跳ね上がっている。川下の消費財価格はじわじわと上がっているがせいぜい1%程度だ。人々の所得が伸びず消費が伸びていないから、価格を上げたくても上げられないというねじれ現象が起きている。そこで、労働者の所得の伸びがポイントとなるが、多くの企業は徹底的に身をそぎ落としながら戦っており、利益の源泉は海外へとシフトしている。そうなると、多くの経営者は国内の労働者に還元しようとは考えない。

 今後、物価が徐々に上がり出すが、給料はそれほど上がらないという苛立ちの中で、消費税増税が待っている。そこでアベノミクスは正念場に入る。もしも外国人が日本株を売り抜けばアベノミクスは失敗の烙印を押されるため、何とか株高だけは維持しなければならないという強迫観念に陥るだろう。日本にとって幸いなことに、今はBRICsに対する過剰期待がはげ落ち、新興国にカネが向かわなくなり、米国はそろそろ金融引き締めに入りそうな局面であるため、金融を緩めている日本にカネが回る状況になっている。しかし、世界の金融力学が今後どうなるかは予測が難しく、それに左右されるというのは非常に危うい話だ。

 そこで、実体のある経済政策をどう打ち出すかが重要になるが、今の成長戦略はすべてビジョン政策にすぎない。問題はプロジェクトエンジニアリング。つまり、どういった制度改革が必要で、どのような施策が必要かという実行計画を考えなければならない。例えば、日本の産業構造は自動車産業に過剰に依存してきたが、ポスト自動車のプロダクトサイクルを何か作っているかということだ。

 農業の分野でも、日本が過剰に食糧を海外に依存しているのは事実。食糧における貿易赤字を縮小しない限り、日本の産業構造は安定しないと思っている。自給率の低いトップ20品目位を個別に点検してプロジェクトとして重点的に組成していけば、自給率を6割ぐらいまでに持っていくことは可能だろう。産業で培った技術と資金力を注入して、農業分野を支えるプロジェクトを作るといった試みが求められる。

 金融政策でジャブジャブになったカネで、具体的なプロジェクトに挑戦している姿を世界に見せるという方向感を取らないと、アベノミクスはマネーゲームの中の幻想に終わるだろう。単に「株価が上がってめでたい」という話から、どう脱却するかが鍵となる。 (談)

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

津山恵子のニューヨークレポート

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第16回)

米中間選挙で共和党が圧勝 16年大統領選はどうなる!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次世代の医療現場を支える病院経営の効率化を推進――保木潤一(ホギメディカル社長)

1964年にメッキンバッグを販売して以来、医療用不織布などの、医療現場の安全性を向上する製品の普及を担ってきた。国は医療費を抑える診断群分類別包括評価(DPC制度)の導入や、効率的な医療を行うため病院のさらなる機能分化を実施する方針を掲げており、病院経営も難しい時代に入っている。ホギメディカルは手術室の改善か…

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

グローバル化が進む中、多くのビジネスパーソンにとって英語力の向上は大きな関心事の1つ。日本人が相変わらず英語を苦手とする理由と解決策について、英語学習アプリで展開するポリグロッツの山口隼也社長を取材すると共に、同社が提供するサービスについても聞いた。(取材・文=吉田浩)日本でますます高まる英語学習熱  201…

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る