国際

米国は自主独立を旨としてきた国なので社会主義的な政策を毛嫌いする人が多い。

 だから通称オバマケア(Obamacare)こと「医療保険制度改革法(Patient Protection and Affordable Care Act:PPACA)」には猛反対する勢力があり、政府は麻痺状態に陥った。

 実は、米国の歴史上、オバマケアに類するものはたびたび浮上してきた。やはりそのたびに政争となり、セオドア・ルーズベルト、トルーマン、ニクソン、1990年代にはビル・クリントンが妻のヒラリーを中心に新たな健康保険制度の創設に向けた取り組みを行っていたが、自助力の重視と社会主義的な政策へのアレルギー、から次々と頓挫した。

 今回はオバマがど根性で実現し、2010年に法案に署名したが、3年たった今年の9月、共和党が多数の下院はオバマケア完全実施の1年延期を盛り込んだ暫定予算案を可決した。

 が、民主党が過半数を握る上院はこれを拒否した。

 そのため暫定予算案が成立せず、10月から政府機関の一部が閉鎖となり、予算の執行ができなくなるという事態に陥った。これはデフォルトの恐怖として日本でも報道された。

 せっかくのオバマケアだが、ここへ来て肝心の医療保険ポータルサイトがダウンするなど保険加入申請のペースを遅らせている。オバマ政権が10月1日に開設した同サイトでは、保険購入希望者が各種保険の内容を比較し、低料金の保険にスムーズに加入申請できるはずだった。しかし、20日までの加入申請は、独自のサイトを運営する14州分も含めて約50万件。CNNは「政府が想定していた3月末までに700万件というペースに達していない」と指摘した。

オバマ大統領は21日、ホワイトハウスで演説し、「弁解の余地はない」と政府の落ち度を認め、「誰よりも不満を感じている」といらだちをみせた。

“We did not fight so hard for this reform for so many years just to build a website.”

〈われわれはただウェブサイトを作るだけのために、こうして何年もの間激しく戦い続けてきたわけではありません〉

“We did it to free millions of American families from the awful fear that one illness or injury to yourself or your child might cost you everything you’d worked so hard to build.”

〈われわれが奮闘し続けてきたのは何百万という米国の家族、あなたやあなたの子どものけがや病気によって、これまでに汗水垂らして築いてきたことを一瞬にして持ち去られてしまうという堪え難い恐怖から解放してさしあげるためでした〉

“We did it to cement the principle that in this country, the security of health care is not a privilege for a fortunate few, but a right for every one of us to enjoy. ”

〈われわれが戦い続けてきたのは、われわれの国家の原理である、健康の保証というものが富める少数だけの専有物ではなく、多くの人々が享受すべきものであるという原則を保持していくためのものなのです〉

“We have already delivered on part of that promise, and we will not rest until the work is done.”

〈われわれは既にその約束の一部を実現しましたし、残りも実現するまで押し進めて参ります〉

 

[今号の英語]poke fun at~
 pokeというのは、突く、という意味だ。poke a little holeと言えば、突いて小さな穴を開ける、という意味で、poke aboutなら、あちこち突つき回る、という意味で、poke aroundとなれば、くんくん嗅ぎ回る感じだ。Stop poking around my personal affairs! なら、個人的なことを嗅ぎ回るのはやめてくれ! である。Poke fun at~はmake fun of~と同じで、~を笑い者にする、とか、からかう、という意味である。pokeは小突くわけだから、良い意味では使われない。オバマもオバマケアに関しては味噌が付いたばかりなのかいささか腐っていたのか、こう言った。
“Some people have poked fun at me this week for sounding like an insurance salesman. 
〈ある人々は今週私をからかって、私の話し方がまるで保険外交員みたいに聞こえると言った〉
保険のセールスマンだと揶揄されたのである。
And that’s OK,”
〈でも、それで構いません〉
“I’d still be out there championing this law even if the website were perfect.”
〈私はそれでも、この法律の旗ふりをし続けます、例えウェブサイトがまだ不完全なものだとしても〉
“I’ll never stop fighting to help more hardworking Americans know the economic security of health care. ”
〈私は勤勉な米国労働者の健康を保証するために戦い続けていきます〉

“That’s something we should all want.”
〈それこそ、われわれ皆が欲していることなのです〉

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る