テクノロジー

ソフトバンクは世界戦略を本格展開 日本の携帯機器メーカーは淘汰

 2013年の携帯電話業界のビッグニュースは、ソフトバンクの米スプリント・ネクステル買収とNTTドコモのiPhone販売だろう。iPhoneを武器に成長したソフトバンクは世界進出を果たした。一方、ドコモはiPhoneを手に入れるまでの迷走が目立ち、日本の携帯機器メーカーの再編を促すことになった。

 

ソフトバンクが日本を飛び越え世界へ

「10年以内にNTTドコモを抜く」

 ソフトバンクの孫正義社長は2006年にボーダフォンジャパンを買収した時にこう宣言した。13年はそれが現実になった年だった。

 年度初めの段階で、13年度の営業利益が初めて1兆円の大台を超え、ドコモが見込んでいる8400億円を上回ることを示唆。13年度上期決算では、売上高、営業利益、純利益のすべての数値で初めてドコモを上回った。上期の決算会見において、「ついに一番になった」と孫社長は感慨深げに語った。

 ソフトバンクモバイル(SBM)の快進撃を支えたのは、言うまでもなく、08年から販売を開始した米アップルのスマートフォン「iPhone」だ。対するauは12年秋発売の「iPhone5」から、ドコモは13年秋発売の「iPhone5s」および「iPhone5c」から、iPhoneの販売を開始。発売前にはそれぞれ、SBMから他社への顧客流出が懸念されたが、結果的には、想定されたほどの顧客流出は見られず、SBMのiPhone独り勝ちの構図は変わっていない。

「iPhoneのオペレーションは容易ではなく、われわれにはiPhoneを5年間扱ってきた実績がある」とSBM副社長兼COOの宮内謙氏が語るように、これまでのノウハウが強みとなっているようだ。

 各キャリアが揃ってiPhoneを扱うようになり、今後はネットワークの品質が鍵となる。具体的にはiPhone5から対応している高速通信規格LTEへの取り組みが今後のシェアを左右すると思われる。LTEのつながりやすさということでは、現時点のプラチナバンドでLTEを展開するauが有利とされているが、SBMも来年4月からプラチナバンドを含む3つの周波数による「トリプルLTE」で対抗する予定で、当面は大きなシェアの変動はない模様だ。

 ソフトバンクとしては「国内No.1は通過点」と位置付けている。「No.1」を達成したもう1つの要因が、米通信会社スプリント・ネクステル社の買収だ。今回の買収により世界3位規模となった。7月に買収手続きを完了し、9月には米国シリコンバレーにオフィスを開設。世界戦略を本格的に開始した。

 米国市場は、スマートフォンおよびLTEが主流になるという点で日本市場との類似性が高いため、基本的には日本で培ったノウハウを米国でも導入する方針。「モバイルインターネット世界No.1」の目標を掲げ、当面は米市場首位のベライゾン・ワイヤレスと同2位のAT&Tを追撃する構えだ。

ドコモの迷走が日本の携帯機器メーカーに引導

 ソフトバンクの事業拡大の一方で、日本の携帯機器メーカーにとっては、ドコモに振り回された1年となった。

 iPhoneを提供するアップルはキャリアに販売ノルマを課しており、SBMやauはどうしてもiPhoneの販売に注力せざるをえない。このため、日本の携帯機器メーカーにとっては、iPhoneを扱っていなかったドコモこそファーストプライオリティーのキャリアであり、フラッグシップモデルをドコモに優先的に提供してきた。

 例えば、シャープは独自の液晶技術「IGZO」搭載スマートフォン「AQUOS PHONE ZETA」を12年末にドコモ向けに販売。また、ソニーは平井一夫社長の改革「One Sony」の象徴的な製品である「Xperia Z」の日本モデルを13年2月にドコモ向けに販売した。

 AQUOS PHONE ZETA、Xperia Zともにシャープとソニーの携帯電話事業の牽引役となり、それぞれのシェア回復に寄与したが、ドコモの業績を回復させるまでには至らなかった。

 そこでドコモが13年夏モデル販売で打ち出したのが、「ツートップ戦略」。これまでの総花的な販売展開を見直し、大幅な割引サービスを特定機種にのみ適用することで、1点突破を図ろうとした。このツートップに選ばれたのは、ソニーの「Xperia A」と韓国サムスン電子の「GALAXY S4」で、ツートップから漏れたメーカーはさらに苦戦を強いられた。結果的に、このツートップから漏れたことが引導を渡す形となり、NECとパナソニックは個人向けスマートフォン事業から撤退を決めた。

 ツートップ戦略では、サムスンのGALAXY S4の売り上げが想定したほど伸びなかったこともあり、13年冬〜14年春モデルでは早くもツートップ戦略を撤回。サムスンを外し、ソニー、シャープ、富士通の製品を「スリートップ」として注力することとなった。スリートップ戦略を進める一方で、ドコモはiPhone5s/cの販売を発表、9月に販売を開始した。ドコモにとっては、SBMやauへの対抗上、iPhoneの販売は数年来の懸案事項だったが、日本の携帯電話メーカーにとっては梯子を外された格好となった。

 10月になって、ドコモはソニーの「Xperia Z1」、シャープの「AQUOS PHONE ZETA」、富士通の「ARROWS NX」の3機種を「おすすめ機種」として販売したが、iPhone5s/c発売の後だけに、ドコモの迷走感は否めない。

 ソニーのXperiaシリーズはグローバルモデルであり、海外のキャリアにも採用されているが、シャープのAQUOS PHONEシリーズ、富士通のARROWSシリーズは日本市場向けのローカルモデル。最大のキャリアであったドコモの迷走を考えると、ローカルモデルだけの展開は厳しい。14年は日本の携帯機器メーカーの淘汰・再編がさらに進むだろう。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る