テクノロジー

瀬戸際の東京電力、どうなる再建計画の見直し

 東京電力の再建計画にあたる総合特別事業計画が年内にも改定される。2012年の今頃、東電の広瀬直己社長は「13年の春にも見直される」との見通しを語り、13年の春になってからは「夏にはある程度のことが見えてくる」と話していたが、遅れに遅れ、あっという間に年の瀬を迎えることになった。

大幅な修正が必要となった再建計画

福島第一原発(Photo:EPA=時事)

福島第一原発(Photo:EPA=時事)

 再建計画が遅れた最大の要因は柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市、刈羽村)の再稼働時期が全く読めなくなってしまったことだ。現行の再建計画では今年4月から順次、柏崎刈羽を運転させていく予定だった。燃料コストの安い原発を動かし、大幅赤字の要因となっている火力発電の燃料費を抑制。2013年度から経常黒字に転換し、その後も安定した収益を稼ぎ出して、福島第一原発の廃炉や被災地の除染、賠償などの費用を捻出するはずだった。

 ところが、原子力規制委員会が原発の新しい規制基準を7月に施行。この審査をクリアしない限り、再稼働できなくなった。審査には半年以上かかるとされ、13年度中の再稼働はほぼ不可能となり、この時点で現行計画は破綻していた。

 さらに、東電に立ちはだかったのが新潟県の泉田裕彦知事。1日も早く原発を動かしたい東電が、7月の施行と同時に規制委員会へ審査申請を行おうとしたところ、これに猛反発。多くの報道陣が見守る中、新潟県庁を訪れた広瀬社長に「お金より安全のほうが大事というのは嘘だったのか」と迫り、数十分で追い返してしまった。

 結果的に申請は9月末までずれ込むことになったが、仮にその半年後に審査を通ったとしても、再稼働には泉田知事の了承が必要。知事は今なお再稼働に慎重姿勢を貫いている。東電が再建計画改定の中で、知事の頭ごなしに柏崎刈羽の再稼働時期を明記すれば、火に油を注ぐのは目に見えている。しかし、再稼働時期を設定しなければ、今後の収支計画も描けない。

 今のところ、来年7月に6・7号機を再稼働させ、16年度中には全号機を動かす方向で調整しているが、その体裁だけ整えても、運転資金や再建資金を融資する金融機関は納得しない。広瀬社長は「何度も変更するような再建計画をつくるわけにはいかない。きちんとしたものをお出ししたい」と述べ、デッドラインとされる12月末までの改定にも半ばあきらめの表情を浮かべている。

ネズミ一匹から始まった負の連鎖

 最大の誤算は、やはり福島第一原発における事故収束作業のつまずきだった。11年12月の事故収束宣言以降、今年の初頭までは曲がりなりにも安定した作業を続けてきた。東電社員もマスコミ関係者に「だいぶ状態が良くなってきたので、そろそろ広く取材を受けようかと考えている」と語ったほどだった。

 ところが、3月に最初のほころびが出る。配電盤の故障で停電が起き、使用済み燃料プールの冷却装置などが停止した。これが長期化すれば燃料が溶け、最悪の場合、高レベルの放射性物質が拡散する恐れがあった。もちろん、そうした事態にならないよう二重三重の安全対策は施しており、作業員、そして東電社員もそれほど重要視していなかった。だが、メディアや地元自治体がこれを問題視。東電側からの通報が停電発生から3時間遅れだったことにも非難の嵐が吹き荒れた。おまけに、停電の原因が配電盤の中にネズミが侵入し、これに触れてショートしたことだっただけに、「管理が杜撰だ」といった東電批判が増幅された。

 負の連鎖は続く。メディアの監視の目が厳しくなったこともあり、地下貯水槽からの汚染水漏れに始まり、岸壁側の井戸の中から高濃度汚染水が発見されたり、防波堤内の海水から高濃度のトリチウムが検出されたり、さらにはタンクからも高濃度の汚染水が漏れだし、8月末にはもはや手に負えない状態にまで悪化。ついに安倍晋三首相が「国の責任で対応する」と発言するまでに至った。

 こうした福島第一原発での一連の不始末が、東電に対する世間の印象を一層、悪化させた。広瀬社長も「ネズミの一件に始まった福島の混乱が痛かった」と振り返る。これが再建計画の改定を困難にしているもう1つの理由でもある。東電の経営陣は昨年11月、このままでは除染費用などが10兆円以上に膨らみ、東電単独では到底賄えないとして国による支援を求めた。だが、国費投入には国民の理解が欠かせない。世論が東電に厳しい限り、どんな政治力を働かせてもそれは困難だ。しかも、数兆円単位の支出に財務省は難色を示している。

 また、東電は会計上、除染費用を将来の損失として引当金を積む必要がある。現在は「正確な数字が確定していないため、費用計上できない」としてこの問題が猶予されている。もちろん、これが無条件で確定すれば東電はあっという間に債務超過となり、事実上の破綻となる。国が除染関連費用をどこまで負担するかが決まらないと、新たな再建計画も中途半端と言わざるを得ないのだ。

 ここに来て、ようやく国による関与の方針が定まり、除染や放射性廃棄物の中間貯蔵施設建設費などがある程度、国費で賄われる運びとなった。あとは東電が世論の納得を得られるだけの計画を提示できるかどうかにかかっている。

 国が進める電力自由化に率先して取り組むこと、希望退職者募集や支店廃止などさらに組織を合理化すること、柏崎刈羽原発の再稼働後は電気料金を下げることなど、多くのメニューが挙がっている。

 東電に対する世間の目が穏やかになり、国の支援で福島の事故収束作業が落ち着いてくれば、泉田知事の態度も軟化してくる可能性もある。もちろん、知事が一貫して求めている「福島の事故の検証が先」という声への回答も必要となってくるだろう。

 既に巨額の資金を融資している銀行団は、東電支援継続でほぼ一致。国の関与も定まった今、あとは東電自身が国民に対し、自らを律する姿を虚心坦懐に示すほかない。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

家族葬のファミーユは家族や親族など故人の近親者だけで施設を貸し切って行う「家族葬」のパイオニアだ。創業者・高見信光氏は異端児と言われながらも旧態依然とした業界を変えてきた。その思いに共感し、異業種のリクルートから転じて社長を引き継いだ中道康彰氏も業界の常識を打ち破るため奮闘している。文=榎本正義(『経済界』2…

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年10月号
[特集] 進撃のスタートアップ
  • ・スタートアップ・エコシステムの活性化
  • ・[スパイバー]2万5千円のTシャツは完売 実用化が迫った人工クモの糸
  • ・[Rhelixa]エピゲノム関連の研究・開発で人類の役に立つ
  • ・[チャレナジー]台風発電でエジソンになる ビジネス展開は「島」から
  • ・[エイシング]エッジで動く超軽量AIでリアルタイムに予測制御
  • ・[キャディ]製造業に調達革命! 町工場は赤字から脱出へ
  • ・[Clear]目指すは日本酒産業のリーディングカンパニー
  • ・[空]「値付け」の悩みを解決するホテル業界待望のサービス
  • ・宇宙ビジネスに民間の力 地球観測衛星やロボット開発
  • ・71歳で環境スタートアップを立ち上げた「プロ経営者」
[Special Interview]

 荻田敏宏(ホテルオークラ社長)

 「The Okura Tokyo」をショーケースに海外展開を進めていく

[NEWS REPORT]

◆戴正呉会長兼社長を直撃! なぜ、シャープは復活できたのか?

◆アスクル創業社長を退陣させた筆頭株主・ヤフーの焦り

◆サービス開始から3カ月で撤退 セブンペイ事件の背景にあるもの

◆絶滅危惧種ウナギの危機 イオンが挑むトレーサビリティ

[特集2]

 富裕層は知っている

・富裕層の最大の使い道は商品ではなく次代への投資

・シンガポールからケイマン諸島まで 資産フライトはここまで進化した

・年間授業料100万円超は当たり前 教育投資はローリスクハイリターン

・最先端の人間ドックは究極のリスクマネジメント

・家事代行サービスで家族との時間を有効活用

ページ上部へ戻る