文化・ライフ

パ・リーグMVPに選ばれた田中将大選手(写真=時事)

パ・リーグMVPに選ばれた田中将大選手(写真=時事)

 新ポスティング・システムをめぐる日米の交渉が大詰めを迎えている。移籍先はまだ未定だが、東北楽天イーグルスのエース田中将大が来季メジャーリーグでプレーする可能性は日に日に高くなってきた。

 今季の田中のピッチングはパーフェクトだった。28試合に登板し、24勝0敗1セーブ、防御率1・27。昨季からの連勝記録は28。この先数年、いや数十年は破られそうにない大記録だ。

 沢村賞、MVP、最多勝、最優秀防御率、最高勝率、ベストナイン、ゴールデングラブ賞、ジョージア魂賞年間大賞とタイトルも、ほぼ総ナメにした。

 ポストシーズンゲームでも田中は2勝(1敗)2セーブをあげ、楽天初の日本一に貢献した。

 辛口で鳴る星野仙一監督も、田中に対しては手放しの褒めようだった。

 「私が今まで巡り合った中では最高の投手」

 日本球界ナンバーワン投手が海を渡るのは少々、寂しくもあるが、球団がポスティング・システムによる海外移籍を認めれば、それを阻止する手立てはない。

 では田中は、メジャーリーグでどのくらい活躍できるのか。入った球団にもよるが「2ケタ(勝利)を下回ることはないだろう」と、かつてメジャーリーグの球団に籍を置いた日本人スカウトは明言する。

 「ストレートの速さはメジャーリーグのローテーションピッチャーと同等だが、スプリットの切れとコントロールは頭ひとつ抜けている。年齢的にも、これから数年間がピーク。将来はダルビッシュ有(レンジャーズ)同様、サイ・ヤング賞が狙える逸材」

 ただし、と言葉を切り、不安材料も挙げる。

 「日本では一発のないバッターに対しては、6分から7分程度の力で投げていた。で、ランナーが出てからギアを切り換えていた。しかし、日本ではヒットで済んでいた球がメジャーリーグではホームランになる。アメリカの野球に慣れないうちは、何回か高い授業料を収めないといけないかもしれません」

 日本人メジャーリーガーのパイオニアと言えばドジャースやレッドソックスなどで活躍した野茂英雄だが、彼が口ぐせにしていたのが「キープ・ダウン(低めにボールを集める)」という言葉だった。

 スターターとクローザーは役割が違うとはいえ、田中が参考にすべきは今季、レッドソックスを6年ぶりの「世界一」に導いた上原浩治のピッチングだろう。

 レギュラーシーズンの成績は73試合に登板し、4勝1敗21セーブ、防御率1・09。ディビジョンシリーズ、リーグチャンピオンシップ、ワールドシリーズと3度もファイナルゲームの締めくくり役を担った。

 今季のNPBの主役が田中なら、メジャーリーグシーンで最も輝いた日本人は上原だった。

 上原のピッチングを見ていて感心するのは、高めに浮いたボールがほとんどないことだ。ストレートもスプリットも、まるで定規で測ったかのようにバッターのヒザから下に決まっていた。

 日本にいる頃から〝立ち投げ〟のようなフォームだった上原だが、海を渡ってから、さらに重心が高くなったように映る。米国の硬くて傾斜のきついマウンドを考慮して、今のフォームに落ち着いたのだろう。

 メジャーリーグで通算84セーブをあげた斎藤隆(現東北楽天)から、日米のマウンドの違いについて、こんな話を聞いた。

 「日本のマウンドは比較的、傾斜が緩やかです。こうした形状をいかすため、踏み込んだ時、(右投手は)左ヒザをグッと前に踏み出すように指導を受けます。実際、そのほうが〝球持ち〟は良くなる。

 ところが、この日本流の投げ方だと硬くて傾斜のきつい米国のマウンドでは、ボールが抜けていく。踏み出した前足で突っ張り、その反動を利用してテコの原理でバーンと上から上体を倒すような投げ方をしないとスピードも出ないし、ボールも低めに集まらないんです」

 周知のように田中はスタンスを広く取り、腕が遅れ気味に出てくる典型的な力投派のピッチャーだ。その安定感あるフォームはアマチュアのお手本と言っていい。

 しかし米国の硬くて傾斜のきついマウンドに、この投げ方がマッチしているかとなると話は別だろう。

 第2回WBCで日本代表の投手コーチを務めた山田久志が、いみじくもこんな不安を口にしていた。

 「松坂大輔も日本では重心を低くして投げていたが、アメリカのマウンドに合わなかったらしく最初のうちは〝ヒザが痛い〟〝内転筋が痛い〟とよく言っていた。力投派のピッチャーはアメリカのマウンドに慣れるまでに、ちょっと時間がかかるのかもしれないね」

 用意周到で鳴る田中だけに、既に先輩の斎藤あたりから、メジャーリーグのいろいろな情報を入手しているに違いない。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る