政治・経済

エンターテインメント事業とライフスタイルサポート事業が柱

 —— 現在の主力サービスは。

 林 エンターテインメント系のアプリケーション事業、それとライフスタイルサポート事業の2本柱になります。

 もともとは私の個人事業としてビジネスを始めたのですが、最初は、いわゆる受託事業、プログラム開発を受託しているだけでした。仕事はあったのですが、むちゃくちゃな納期、発注の仕方さえまともではなくて、報酬も安い。今思えば酷い時期でした。これで社員も私も疲れきってしまい、もう止めようと思ったくらいです。そんなとき、経営コンサルタントの神田昌典さんの著書のなかに「どんなふうになりたいかは誰しも、よく分からない。でも、何が嫌かははっきりしている」という言葉があったのです。そこで、私自身、何が嫌かを書き出しました。そのなかでハッキリしたのが「下請は嫌」ということ。そこで、自社の製品、サービスを作らなければダメだと気が付きました。

 —— 競合も多かったと思いますが。

 林 当時の携帯電話は機能がまだ低く、ゲームも容量が小さく、小規模の開発でも対応できたという側面もあります。最初に出したゲームからヒットしたのですが、これは当時の携帯ゲームにはなかったクオリティのものを出したという点が大きいと思います。まだパケホーダイもなかった時代なので、当時ゲームをされていた方はパケット代が大変だったかもしれません。

 シナリオと絵を変えれば、別のゲームになるという汎用性が高いシステムにしたこともポイントです。おかげで立て続けに6作ものゲームをリリースできました。その後、待ち受け画像サイト、着うたサイトなども展開しましたが、これも汎用性が高いシステムで水平展開し、一気に売り上げが伸びました。

 —— 現在はマーケットがスマートフォン中心に変わり、人的リソースの確保など、大変ではないでしょうか。

  正直、その点での苦労は感じていません。当社はガラケー時代からゲームアプリの開発をしてきており、新たにスマホで参入する会社に比べて、経験値があるからです。

 —— 新たな事業として、ライフスタイルサポート事業がありますが。

 林 事業をスタートした頃は、ガラケーのアプリ全盛期でしたが、「このビジネスは長く続かない」と感じていました。そこで第2の柱を作ろうと考えたのがきっかけです。流行り廃りのないビジネス、しかもPCをベースとして生活に密着したものを作ろうと思いました。

 —— 引っ越し比較サイトの「引越し侍」ですが、引っ越し希望日や荷物などの条件を入力すると、引っ越し業者の見積り価格が並んでいて、比較ができます。類似サイトとの違いは。

  このサイトは各業者からの手数料をいただき、顧客情報をお送りしています。お客様から1回の見積依頼で10社を紹介するので、1案件で数千円の売り上げになります。

 このようなビジネスモデルに大きな違いはありませんが、重要なのは、契約している引越業者の数です。最初は20社しか契約できていなかったのですが、今では200社以上の業者と契約しています。また、引っ越し業者との連携も強化し、共に業界を盛り上げていく姿勢を強くもっています。エンターテインメント事業で得た利益をこちらに投資し続けて、3年目でようやく単年黒字の事業になりました。お陰様で、今、日本中の引っ越しのうち1割は当社のサイト経由の契約で動いています。

 —— 他のライフスタイルサポート事業は。

  中古車買取価格を比較する「ナビクル」、中古車販売サイト「なびくる+」、結婚式場情報サービス「すぐ婚navi」などがあります。これらも「引越し侍」のモデルを水平展開したものです。今、売り上げの約4割がこのライフスタイルサポート事業が占めています。

 —— 2012年に東証マザーズ上場、同年に最短記録で東証一部上場を果たしました。

  その効果として一番大きいのは、社員に自信が付いたことです。対外的な信用なども大きいのですが、やはり社員の意識が大きく変わりました。同時期に世界的なヒットゲームもリリースでき、「やればできる」ことが証明できたと思います。

様々なライフサポート事業を展開するエイチーム、東京進出はいかに

 —— 東京進出の予定は?

  今は考えていません。まず名古屋で働きたいという人が一定数以上いますし、名古屋には当社のような会社が他にないので、自然と人材が集まってきます。採用面でものすごく有利なのです。

 今、社内の合言葉は「名古屋から世界へ」です。スマホが登場し、これが世界共通のプラットフォームであることが大きい。ガラケーは日本でしか通用しませんが、スマホなら世界共通です。PCよりスマホの数の方が多くなると東京にこだわる必要はなくて、名古屋から世界に挑戦できるのです。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

永濱利廣

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

[連載] 深読み経済ニュース解説

日銀による追加緩和決定の影響は!?

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

ワンマンシリーズ(7)稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第19回)

ワンマンシリーズ(6)三和の法皇・渡辺忠雄〈3〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第18回)

ワンマンシリーズ(5) 三和の法皇・渡辺忠雄〈2〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

ワンマンシリーズ(4) 三和銀行の法皇・渡辺忠雄〈1〉

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第16回)

ワンマンシリーズ(3)住友銀行に残る堀田の魂魄

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

会員制ホテルなどを展開するリゾートトラストは4月1日付でトップが交代し、創業者の1人である伊藤與朗会長は代表取締役ファウンダーグループCEOに就いた。共同創業者の伊藤勝康社長は代表取締役会長CEOとなった。伏見有貴副社長は代表取締役社長COOとなり、創業45年で初めて代表取締役3人体制となった。聞き手=榎本正…

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

リグナ社長 小澤良介 家具のEC販売から様々な展開へ

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年12月号
[特集]
平成 ランキングで振り返る“時代”の経営者

  • ・バブル破裂で顔ぶれ一新 平成人気経営者の系譜
  • ・次の時代を創るリーダーとは?

[Special Interview]

 榊原定征(2025日本万国博覧会誘致委員会会長)

 「誘致決定まで1カ月 大阪万博を日本経済の起爆剤に」

[NEWS REPORT]

◆コンビニ軽減税率適用で激化する「外食VS中食」の戦い

◆「液晶のシャープ」が有機ELスマホを発売 初の国産パネルで攻勢をかける

◆「世界一高い」と認定された日本の携帯料金のこれから

◆チャネル政策を見直すトヨタ自動車の危機感

[特集2]

 北海道・新時代の幕開け

ページ上部へ戻る