政治・経済

2013年12月にカジノ解禁を含む特定複合観光施設(IR)を整備するための法案が国会に提出され、いよいよ日本でもカジノ施設がつくられる可能性が高まってきた。施設の建設候補地として最有力候補と見られているのは、東京のお台場地区。しかし、これに真っ向から異を唱えるのがエイチ・アイ・エス会長の澤田秀雄氏だ。「首都にカジノをつくれば、日本は二等国になる」とまで主張する同氏に、その考えを聞いた。(聞き手/本誌編集長・吉田浩)

 

澤田秀雄氏が「カジノは東京に誘致するべきではない」と言う理由

 

-- カジノ構想は長年にわたって実現しませんでしたが、今回は関連法案が通りそうです。

澤田秀雄 エイチ・アイ・エス会長

澤田秀雄 エイチ・アイ・エス会長

澤田 遅きに失した感はありますよ。本来ならシンガポールなどよりも先に建設に着手すべきでした。カジノ構想は10年前からあるのにいまだに法案が成立していないわけですから、日本はすべてにおいて遅かった。ビジネスはスピードですから、今度法案が通らなかったらもうやめたほうがいいと思います。スピード感がないと結局は二番煎じ、三番煎じになってしまいますから、やるんだったら早くやる。マカオやシンガポールに十分対抗できるものをつくることが必要です。

-- 東京でのカジノ建設に反対されていますが、なぜ駄目なのでしょうか。

澤田 今、カジノの建設候補地として挙げられているのは東京のお台場や大阪。九州であれば、われわれの子会社である長崎ハウステンボス(HTB)、その他に北海道や沖縄などいろいろな候補地はありますが、カジノは地域の活性化と観光の促進につながるものでないといけない。首都につくるほうがビジネスとしてはメリットが大きいので、業者の立場なら絶対に東京でやりたいと思います。

 ですが、カジノはエンターテインメントと言えども賭博性があるわけですから、東京という一番大きなマーケットで、例えば多くの若者や高齢者がカジノ依存症になったらどうするのかといった問題もあります。多くの人々が簡単に行ける場所につくってしまうと、規制が難しくなります。

 僕は東京に住んでいるから個人的には東京につくってもらったほうがうれしいんですが、よく考えると大国の首都にカジノはありません。北京やワシントンDC、パリにカジノはないですよね。そこには、それなりの理由があると思います。少なくとも、これまで大国の首都にカジノをつくった例はありません。ビジネスの観点からも個人としても、東京でのカジノ建設はウエルカムですが、日本のことや国民のことを考えたら東京でやるべきではないというのが持論です。

-- 2020年の東京五輪が決まった関係もあって、カジノをつくるとすればお台場は間違いないといった雰囲気が強くなっています。

澤田 大企業が何社かお台場でやろうとしていますし、政府にもその機運は強くなっています。でも、仮にお台場に決定すれば、日本は二等国になってしまうと思います。

 

ハウステンボスはカジノ事業で儲けようとは考えていない

 

-- 実際にどのようなカジノをつくれば良いと思いますか。

澤田 アジアには、既にカジノはマカオやシンガポールにもあるので、規模の大きなものをやらないと、競争に勝てません。中途半端なものをつくっても観光誘致や地方の活性化にはつながらないと思います。地方につくるにしても3千億〜5千億円を投資して差別化できるものをつくらないといけません。カジノをやったからといって、すぐに観光客が増えるとか自治体の財政が豊かになるとか安易には考えずに、慎重にやったほうがいいと思います。

-- マカオやラスベガスに日本が勝とうとすれば、規模だけでは厳しい気がします。

澤田 あとは、いかに中身で勝負できるかでしょうね。ショーやアミューズメントなどのエンターテインメントが充実していなければ駄目でしょうし、そちらがメーンでカジノは副次的なものというつくり方をしていかないといけないと思います。HTBには既に2500億円の資金を掛けてつくったエンターテインメント施設がありますし、あと1千億円くらい掛ければ立派なものができると思います。ただ、地方ということでマーケットが小さいとかアクセスが難しいという問題もあるので、そこは考えなければなりません。

-- 10年にHTBを傘下に収めた頃からカジノ構想はあったのですか。

澤田 いえ、まずは法案が通らないと駄目ですから、具体的なものはなかったです。ただ、HTBがある佐世保市や佐世保商工会議所なども非常に協力的ですし、観光客が増えれば市や県の財政も潤うことになりますからお手伝いしようと。HTBは既存のビジネスで十分利益を伸ばしているので、カジノで儲けるというよりも、そういう部分でお役に立てればいいかなと思います。ただ、カジノができればそのお客さまがHTBにも来てくれるとか、そういう意味でのプラス面は大きくあります。言い方が非常に難しいんですけど、カジノ誘致はHTBにも自治体にとっても大きなプラス、個人的には負担が増えるということですかね(笑)。

-- HTBがかかわる場合、運営ではなく場所貸しに徹するということですか。

澤田 われわれは場所を貸して、運営についてはプロのカジノ業者に任せたほうがいいと考えています。世界で実績のある米国系と欧州系の業者が2、3社入ってくれればいいのではないでしょうか。HTBが運営をやってやれないことはないと思いますが、利益より地域の活性化と観光のインバウンドのほうが重要です。仮にHTBの売り上げが伸びていないなら運営もやりたくなるかもしれませんが、今その必要はないですから。

-- これまで澤田会長は、航空事業やHTBなど新たな分野にも積極的に参入してきましたが、カジノについては若干引いた感じで見ている印象です。

澤田 僕自身はカジノを「ぜひやりましょう」という立場ではないですからね。HTBの売り上げは年率30%ずつ伸びていますし、利益も50%以上伸びていますから、この延長線上にカジノがあってもなくても特に問題はありません。ただ、地域のことや国のことを考えたらやるべきという意見ですね。

 

アジアからどれだけカジノに集客できるかが勝負

 

-- 世界のカジノで日本のモデルケースになるようなものはありますか。

016_20140218_02澤田 米国系は大規模できらびやかな雰囲気、欧州系は落ち着いた雰囲気とそれぞれテイストが違います。HTBの場合は、もともと欧州テイストの施設なので欧州系の業者を入れる一方で米国系の業者も入れて、両タイプのカジノが共存する形がいいのではないかと思います。

 日本でつくるならマカオやシンガポールに負けないもの。デザイン、サービス内容、何でもいいから何かで勝っていないと厳しいでしょう。東京でやる場合は、3千万の人口があってそれなりの集客は見込めるとは思うので、そういう意味では東京が有利です。しかし、政治経済の中心にカジノをつくるのはよくないのはなぜかという議論をもっとするべきです。

-- 今までそういう議論はなかったのですか。

澤田 なかったですね。そういうことを言いだしたのは僕が初めてではないでしょうか。長崎にカジノをつくりたいから東京は駄目だと言っていると思われているかもしれませんが、国益や地方の利益のために主張しているのです。

-- カジノという新しい領域にエイチ・アイ・エスグループが入ることによってどういう特徴が出せると考えますか。

澤田 当社は世界に数多くの拠点があるので、世界中に日本のカジノをアピールすることができます。そして、世界のカジノを知っているので、仮に運営はしなくてもそれらに負けないものをつくるためのアドバイスはできます。アジアから日本に集客する方法を知っているのも強みです。アジアから人々が来たいと思えるものをどれだけつくれるかが勝負ですが、それを本当に分かっておられる方がどれだけいるかということです。

 政府は、まずお客さまを呼べるか、エンターテインメント施設をきちんとつくることができるかを客観的に判断して場所を選ぶことが大切です。そして、日本の観光と地域の活性化のために力を発揮できる業者を選定してほしいと思います。一企業や業界団体のことより国家、国民のことを考えるべきで、お金儲けはその次です。政治的な要因を絡めたり、思い付きのような判断を下したりするのは絶対に避けてほしいところです。

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る