テクノロジー

 米国の特許技術によって開発された、世界初の機能性繊維の商品が日本に登場した。製造販売を手掛けるのは中国・青島に本拠を構えるレイズ・インターナショナル(李永紅CEO)。2013年8月には第1弾として生地の温度を下げる冷感メカニズムのタオルを発売、今年から本格的に日本市場で攻勢をかける。その戦略を同社CEOの李永紅氏に聞いた。(聞き手/本誌編集委員・清水克久)

機能性繊維商品で世界を狙うレイズ・インターナショナル

李 永紅 レイズ・インターナショナルCEO

李 永紅 レイズ・インターナショナルCEO

 日本のアパレル・スポーツ衣料品市場にまたひとつ、新勢力が誕生した。従来の製品は、ファッション性を重視した見た目や着心地などが重視されたが、これだけでは、もはやモノ足りないと感じた人も多いのではないか。そこで近年、機能性繊維という存在が注目され、肌着などを中心に伸びてきた。

 そうした市場の変化に伴って、各社はより高機能の製品開発に躍起となっているが、レイズ・インターナショナルは世界最高峰の米国の特許技術を元にした商品で、日本市場に打って出る。その中核となる機能性繊維は「COOLCORE(クールコア)」、「SolarStar(ソーラースター)」そして「CELLIANT(セリアント)」の3つ。

 まず、「COOLCORE」とは吸水、保水、蒸発の3つの役割を単層生地に集約した、世界初の冷感メカニズムテクノロジーが生かされている。水分を含んだ生地が肌との摩擦や外気に触れることにより、保水された水分が振動し、効果的な気化熱を発生させる。気化熱によって、生地の温度は外気温より約20%から30%(※1)低下することは既に実証されている。長時間の冷感を維持できるのでスポーツやアウトドア、レジャーシーン、それに外仕事には打ってつけだ。

 また「SolarStar」は、それとは逆に、十字構造の繊維を使用した素材で、今までにない温度上昇が可能な発熱繊維。そして「CELLIANT」とは、米国のHologenix社が開発したテクノロジーファイバーで、13種類のミネラルをポリエステルに注入し、着る人の体内酸素レベルを平均で約7%程度(※2)高めるといわれている画期的なものである。

 レイズ・インターナショナルは、中国に本拠地を構えながら世界市場を見据えた事業展開するグローバル企業である。事業内容は、今回取り上げた特許繊維製品の製造・販売のほかに、国内外のタレントマネジメント業務、アニメーション制作、キャラクター商品の企画開発など、多岐にわたる。さらなる事業の拡大を目指している同社CEOの李永紅氏に、今後の対日戦略を聞いた。

李永紅氏は語る コンセプトは「健康、エコロジー、ハーモニー」

-- 御社の事業内容をお聞かせください。

 もともとは、貿易をメーンにしており、取り扱い商品はOEMによる委託加工が中心でしたが、現在はOEMだけではなく、機能性繊維を使った新しい切り口で人々の健康に貢献できる商品開発をし、提供していこうと考えています。

-- 特殊な機能性繊維の技術は自社で開発されたのでしょうか?

 繊維そのものは基本的に米国で特許取得されており、それらの特許繊維を当社が独自の混用率で生地に仕上げ、より効果的に機能を発揮できるように製品化しています。世界中から最先端の素材、技術を見付けだして、その特許を購入する、あるいはライセンスを取得しています。

世界初の機能性繊維商品「冷感メカニズムタオル」

世界初の機能性繊維商品「冷感メカニズムタオル」

-- 現在の主力商品は何ですか。

 メーンとなる技術は3つです。まず、「COOLCORE」。これは特殊な3種類の糸を独自の編み方で仕上げた生地で、気化熱によって生地温度を下げる「吸水」「保水」「蒸発」の3つの役割を単層で実現しました。一番の特徴は着用者の汗の水分でも効果的な気化熱を発生させ、温度を下げることが可能で、用途としてはスポーツアパレルがメーンとなります。現在のところはスポーツタオルとして商品化しています。タオルとして使用していただけることでCOOLCORE本来の機能性を理解していただきその上で、他のアパレルにも展開していきたいと考えています。

 2つめに「SolarStar」があります。これはCOOLCOREとは逆に、温かくなる生地です。太陽光をはじめとする光に反応して熱に変換する機能を持っています。用途としてはキャンプや登山などのアウトドアユースを想定しています。ほかにもアウターアパレルとしてさまざまな活用法があると思っています。

-- 従来の機能性繊維に比べて、より高い効果が期待できそうですね。そのほかはどうですか。

 3つめが、「CELLIANT」という米国の特許繊維ですが、この繊維は、生地に二酸化チタン、二酸化ケイ素、酸化アルミニウムなどが含まれる13種類のミネラルを繊維に注入しており、着用者の体内酸素濃度を約7%高める効果があるといわれています。同繊維を採用し「より快適に、より健康に」をテーマに寝具やインナーウエア、ホームウエアを展開していきます。

 以上の3つの機能性繊維は、人々の生活や活動シーンに応じ次世代を支える繊維として広がりをみせると確信しています。 そして今期新たに当社では、これらの機能繊維を中心に採用した「Reyslee(レイズリー)」というトータルライフサポートブランドを「健康、エコロジー、ハーモニー」をコンセプトに立ち上げ展開していく予定です。

李永紅氏の思惑 日本市場で成功すれば アジアや世界で通用する

-- 現在、日本のアパレル市場は低価格のファストファッションに人気がありますが機能性製品の市場性をどう見ていますか。

 確かにファストファッションは人気がありますが、一方で機能性生地のニーズも高いと思っています。近い将来、多くの人が、個々のライフシーンに合ったファッション性を兼ね備えた機能性アパレル製品を着るようになると思っています。

-- 生地の生産はどこで行っているのでしょうか。

 「COOLCORE」はすべて米国で生産されています。「CELLIANT」は米国の特許ですが、当社がそのライセンスを取得して、中国や韓国、台湾などで生産しています。縫製などの製品化は中国にある日本企業の工場などで生産しています。

-- 世界市場の中で、メーンと考えるターゲットはどの地域でしょうか。

 まずはアジア圏がメーンです。中でも日本、韓国、中国。日本には2年前に日本法人を設立し(※3)準備してきました。

-- 日本市場は品質への要望が高く、参入が難しいといわれています。

 逆に言えば日本水準で認められれば、世界のどこに行っても通用するということです。今、当社がアジアで展開する商品も、すべて日本市場で認められる基準を保っていると確信しています。

-- 13年8月に、販売を開始しましたが、反響は。

 おおむね、好調です。米国では(野球の)メジャーリーグや(プロバスケットの)NBAの選手が使用しており、また建築現場など、外で働く人たちの間で多く使用されているという話も聞いています。日本でもこれから認知度が高まるにつれて、さらなる広がりをみせていくと思っています。

-- 今後の展望は?

 「make a wave」という企業理念が根幹にあります。いまの夢は、店頭に並ぶアパレルがすべて当社の機能性生地でできたものになっていることです。そのためにも、現在の3つの繊維(生地)だけではなく、少なくとも30以上の異なる特徴をもった機能性生地を開発し、商品化していきたいと思っています。

 

【レイズ・インターナショナル】関連記事一覧はこちら

【テクノロジー】の記事一覧はこちら

 

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

現存の不動産に新しい価値を創造する「心築(しんちく)事業」とJ‐REIT運用、太陽光などのクリーンエネルギー事業が主力。社名の「いちご」は一期一会に由来しており、サステナブルインフラを通じて日本の社会を豊かにすることを目指している。文=榎本正義(『経済界』2019年9月号より転載) 長谷川拓…

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

社員に奨学金を提供―ミツバファクトリーが実践する中小企業が勝つための福利厚生とは

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る