政治・経済

大統領就任前のプーチンに真っ先に会った森喜朗氏

森喜朗元首相

森喜朗元首相

 米国の経済誌『フォーブス』が毎年選んでいる「世界で最も影響力のある人物」の2013年番付が発表されると、皆は驚きもし、納得もした。

 一昨年と昨年の1位だった米国のオバマ大統領が2位に退き、ロシアのプーチン大統領が堂々の1位に躍り出たのである。

 フォーブス誌は、選考理由について「プーチン氏はロシア国内の統治を強めている。一方、オバマ氏は任期2期目の大統領としては異例の速さで影響力を失いつつある。最近では米政府機関閉鎖の混乱が良い例だ」としている。

 そしてこの世界で最も影響力のある人物と、恐らく最も長い時間を過ごしたと思われる日本人の政治家に本誌はインタビューした。森喜朗元総理大臣である。

 「小渕総理が、僕が幹事長だった時に、『ロシアをやろうと思うんだけど、手伝ってくれ』というんだ」と、森氏は個人事務所で語ってくれた。立派な体躯。声はよく通る。

 「で、僕は喜んでやらせていただきますと答えたんだ。小渕総理は鈴木宗男君を総理の特使として出していたんだ。しばらくして小渕君は倒れる。鈴木君はモスクワで画策していたわけだけど。小渕君は亡くなってしまって、僕がバトンタッチすることになった。いわゆる、『密室』と呼ばれたけど、密室でも何でもない。打診されて、自民の役員会があって両院議員総会で新総裁を選出することを決めて、その役員会が始まる直前にモスクワの鈴木君から電話があった。

 そして、『これからプーチンに会って森さんが次期首相になると言っていいですか?』 と彼が聞くんだよ。『総会で決める候補者であるとなら言っていい』とは言ったけど、鈴木君から恐らく当時の外務省の分析官の佐藤優さんを通じてプーチンに説明したのだろう。プーチンは恐らく僕に興味を持ったと思うんですよ。

 とにかく僕は、まだ大統領になる前のプーチンに日本の首相として真っ先に会ったんだ。日本はゴールデンウイークで、その1週間の連休を使って。普通、日本の首相は米国からカナダへと回るんだが、僕はサンクトペテルブルクのプーチンに真っ先に会った。食事したり、いろいろなことをやって、一日一緒に居て、夜はアイスホッケーを観戦したから、恐らく10時間以上会っていましたよ。それで何となく人間的に理解し合ったんです」

プーチン大統領も森喜朗氏に倣いコートとマフラーを脱ぎ日本人に黙祷

 お互いの第一印象を問うと、「KGBの中枢にいた人だから、どれだけ恐ろしい人物かと考えていたら、何だか、憂いを帯びた男で、やけにメランコリーだなと思いました。だから割と自由に話しましたよ」と、森氏は言う。

 「やがて大統領になってしまえば、外務省からアレを言うなコレを言うなと雁字がらめになるのでしょうが、まだプーチンは大統領になる前でしたから、あなたの父親はシベリアに拘留されたのか? 何て聞いてきました。『いや、うちの親父はトラック島で米国と戦っていました』と僕は答えました。ウチの親父は軍人でしたから共産党は嫌いで、『ロシア人は明るくて楽しくてほがらかで良い人々なんだが、共産主義が人々を暗くした』と言っていたと伝えたんだ。そしたらプーチンが『どこが暗いんだ?』というから『それが自分で分からないくらい暗いんだ』と重ねると、『ロシアは民主主義だ。米国と同じだ』と苦笑していました」

 「どうやって国を正していくかということについても話しました。『役人の賄賂や汚職や共産主義の負の遺産から抜け出すには大変な努力が必要だ』というような話です」

 「その後、シベリアで亡くなった日本人のお墓参りをしました。そこで僕がマフラーと手袋を脱いで祈っているとプーチンが、どうしたのか、と聞くので、『あなたの責任じゃないが、寒さで死んだ日本人たちのことを思うと、暖かいコートやマフラーや手袋をしてお祈りする気にはならないからだ』と説明すると、プーチンも脱ぎ始めて、そして黙祷していました」

森喜朗氏の首相就任と辞任をいち早く知ったプーチン大統領

048_20140107_03

 時は流れて01年3月、森氏は首相退任前の最後の外遊でもロシアを訪問し、イルクーツクでプーチン大統領と会談を行っている。

 「その時に『僕は日本に戻ると辞意を表明することになる』とプーチンに明かしました。私が首相になることをいち早く知ったのもプーチンならば、私の辞意をいち早く知らされたのもプーチンでした」

 安倍晋三首相の特使としてロシアのモスクワを訪問中の森喜朗元首相が、13年2月21日午後、クレムリンでロシアのプーチン大統領と約1時間、会談している。公開されたプーチンと森氏のツーショットは満面の笑顔で、やはりこの2人は気が合っているとしか思えない。

 北方領土問題に話が及ぶと、プーチンは紙に鉛筆で枠を書いて、枠の外に日本とロシアがいると印を付け、「ここに両国がいる。これじゃプレーができないので、真ん中に引っ張ってこないといけない。そこから『ハジメ』の号令をかける」と、述べたのだという。

 そして、「引き分けとは、勝ち負けなしの解決だ。双方、受け入れ可能な解決を意味する」と、言ったとのことだ。

 

あわせて読みたい

2018年9月21日 
ラグビー日本代表・田中史朗選手に聞く「ラグビーワールドカップ2019」の見どころ

2017年11月30日 
“ティア1”の強豪を相手に日本ラグビーはW杯で白星を挙げられる

2017年8月28日 
試合に出る選手よりも、出場できない選手に気を配る――立川理道(ラグビー日本代表主将)

2017年4月27日 
「地方創生こそがポストオリンピックの鍵だ」──石破 茂(衆議院議員)

2016年8月30日 
政界の最重鎮が本音で語る「わが人生」――森喜朗氏(東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長)×德川家広氏(政治経済評論家)

2015年7月14日 
2020年東京オリンピックに向け新国立競技場設計が迷走、巻き込まれた大手ゼネコン

2014年10月7日 
動き出した日露関係―森喜朗元首相とロシアのプーチン大統領の会談

 

【政治・経済】の記事一覧はこちら

 

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ
一般社団法人かぎろい出版マーケティング代表 西浦孝次氏

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

再エネ時代到来に向け、大石英司・みんな電力社長が目指す「顔の見える」世界

「消費者が電力の供給者を自由に選択できる時代へ」―― 再エネ主体の「顔の見えるでんき」をコンセプトに掲げるみんな電力が目指すのは、富が一部の人々に独占されないフェアな世界だ。法人顧客を中心に、同社への支持が集まっている理由を大石英司社長に聞いた。(吉田浩)大石英司・みんな電力社長プロフィール 消費者が発電事業…

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る