文化・ライフ

 リーマンショックの渦中、アメリカを象徴する巨大企業をめぐって勃発した買収合戦。強欲をエンジンに暴走、破綻に向かうアメリカ経済に翻弄される人々と、その坩堝で戦いを繰り広げる日本最強の企業買収者(ハゲタカ)、鷲津政彦の活躍を描く『グリード』が10月29日に刊行された。著者の真山仁氏に、作品の見どころを聞いた。

経済行為に道徳を持ち込まないアメリカ

-- 主人公の鷲津のキャラクターはどのように作り上げたのですか。

(まやま・じん) 1962年大阪府生まれ。87年、同志社大学法学部政治学科卒業。新聞記者、フリーライターを経て、2004年、企業買収の熾烈な世界を描いた『ハゲタカ』でデビュー。続編の『バイアウト(『ハゲタカII』に改題)』『レッドゾーン』とシリーズ化される。他にも『マグマ』(角川文庫)『プライド』(新潮社)『コラプティオ』(文藝春秋)などの著作がある。

(まやま・じん)
1962年大阪府生まれ。87年、同志社大学法学部政治学科卒業。新聞記者、フリーライターを経て、2004年、企業買収の熾烈な世界を描いた『ハゲタカ』でデビュー。続編の『バイアウト(『ハゲタカII』に改題)』『レッドゾーン』とシリーズ化される。他にも『マグマ』(角川文庫)『プライド』(新潮社)『コラプティオ』(文藝春秋)などの著作がある。

真山 鷲津はデビュー作の『ハゲタカ』から描き続けていますが、「悪くて強い」、そしてアンチヒーロー的な要素を兼ね備えた人物を登場させたいという思いから生まれたキャラクターです。『ハゲタカ』は、1990年代のバブル崩壊後の日本が舞台なので、シリアスに書き過ぎると読んでいられないほど息苦しくなってしまう。そこで、面白く読んでいただくために、強烈なキャラクターをたくさん出して痛快な物語にしようと考えました。鷲津はニコニコしながら、気が付いたら黙って相手を刺しているような人物。彼に限らず、物語に出てくるのは普通より少し強い人々で、できたらみんな悪い人にしたかった。いわば、現代の歌舞伎みたいにしようとしたんです。そうすれば、ドロドロした物語がうまく回っていくのではないかと。

-- 『グリード』を書くにあたって、キッカケとなった出来事は。

真山 リーマンショックが起きた時、メディアから取材も受けましたし、編集者やファンの方からも次回作のテーマはリーマンですね、と言われていました。ただ、ありきたり過ぎるので私は初めそのつもりはありませんでした。とは言え、欧州の債務危機も元はといえばサブプライム問題が原因ですし、いまだに中国経済や日本経済にも影響を及ぼしているのを見ると、この先『ハゲタカ』シリーズを書くにしても避けて通れないテーマだという気がしました。

-- 執筆のための取材はどのように進めたのですか。

真山 あれだけ大きな話になると、数年たって昔話にならないと、誰も本当のことは喋ってくれません。2011年の秋に、ニューヨークに出掛けて金融業界関係者や金融記者などに会って話を聞きました。私にとってはファクトよりムードのほうが大事で、実際に何があったかよりも、彼らの言い訳や今どう考えているかを知りたかったのです。

 マイケル・ダグラス主演の映画『ウォール街』にも出てくる「グリード・イズ・グッド(強欲は善)」という考え方を改めて、反省したかなとも思ったのですが、そうではありませんでした。日本では道徳的に強欲は駄目だと考えられていますし、キリスト教でも7つの大罪の1つです。しかし彼らはグリードは「グッド」どころか「アメリカン・ドリーム」だと言う。リーマン後に金融機関のCEOたちは追放されてしまいましたが、彼らにしたらそれで禊が済んだということですね。その後は、列の後ろに控えていた新興のヘッジファンドやノンバンクなんかがまた前面に出てきた。日本人にはこの感覚は絶対に分からないだろうなと思うんです。

-- その違いを『グリード』では伝えたかったのですか。

真山 アメリカ人と日本人の違いが分かる一番いい例が道徳に対する考え方です。アメリカでは成功すると道徳を口にするようになる。でも、日本人は失敗した人が道徳を口にして、成功した人を強欲とか銭ゲバなどと言って、批判します。アメリカ人にしてみればまず勝つことが大事で、金持ちになったらいくらでも施しをするという考え方なのです。経済行為に道徳を持ち込まないからアメリカは強い。常に新陳代謝をしなければ生きていけないアメリカと、大河のような流れの中で世代交代だけを繰り返す日本との差が、リーマンショックみたいな大きな出来事があるとハッキリ現れる。小説を通じて伝えたかったのは、こうした違いを認識して、正しくアメリカを理解しませんかということなのです。

禁じ手に走った超大国の苦悩

-- 一方で、小説では伝統企業を守ろうとするアメリカ人の情緒的部分も描いていますね。

真山 アメリカという国は、フロンティア・スピリッツに象徴されるように、仲間を非常に大事にする側面があります。投資銀行は実はアメリカではものすごく嫌われていて、地道に物を作るという価値観も大事にしています。でも、そればかりでは世界では勝てないと割り切れるところが日本との違いです。日本人は物を作って磨くのは貴いけれど、金儲けは汚らわしいと思っている。

-- 多様な価値観がアメリカの強さのベースとも言えますが、いつまでも勝ち続けられるものでしょうか。

真山 超大国であり世界の警察でもあるアメリカの役割は常に勝ち続けることですが、実際には難しくなっています。90年代にアメリカが世界のトップに立った原動力はITと金融でしたが、次に何で勝つかが見えていません。昔はそれが政治力であり軍事力でしたが、政治力は衰え、戦争する適当な相手もいなくなってしまったのですごく迷っているように見えます。そしてサブプライムローンのような禁じ手を使ってしまった。失業者に住宅ローンを組ませるなんて普通は考えられません。そういうところに手を着けるというのは、アメリカが絶望的に苦しくなっていることを表しています。

-- 最後に『グリード』の読者にメッセージを。

真山 大きな話をすれば、小説というのは人がどう生きて死ぬのかを考えるものだと思っているんです。『グリード』の冒頭には、「お金は人を幸せにするか」という日本人が一番苦手な問い掛けが出てきます。欲望をどこで止めると人は幸せになれるのか、どの一線を超えると勝っても幸せになれないのか、味わいながら読んでいただければと思います。あまり難しく考える必要はありませんが、日本人が抱く「ほどほどのお金がいいよね」という感覚の理由が、本作を読んでいただければ分かるのではないでしょうか。

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

過密日程の高校サッカー選手権に必要な「戦い方改革」

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

二宮清純の「スポーツ羅針盤」

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

上位進出を狙う高い壁はW杯初戦のコロンビア戦

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

日馬富士の暴行事件で自らの手で首を絞めた相撲界

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

“ティア1”の強豪を相手に日本ラグビーは白星を挙げられるか

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

ハリルジャパンは「弱者の戦術」でどこまでブラッシュアップできるか

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第19回)

壮大な目標を立てると努力しない人材になる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポート――中島優太(エベレディア社長)

「日本初」にこだわる男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。 100年弱の歴史を持つ合成香料のトップメーカー ── まず御社の特徴をお聞かせください。 桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

不動産の現場から生産緑地の将来活用をサポートする――ホンダ商事

ホンダ商事は商業施設や宿泊施設の売買仲介、テナントリーシングを手掛けている。本田和之社長は顧客のニーズを探り最適な有効活用を提案。不動産の現場から、生産緑地の将来活用など社会問題の解決にも取り組む。── 事業の概要について。本田 当社は商業施設やホテル、旅館の売買・賃貸仲介(テナントリーシング)を…

企業eye

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年7月号
[特集]
社会課題で儲ける!

  • ・総論 グローバリズムとどう折り合いをつけるのか
  • ・なぜ、よしもとは社会課題と向き合うのか 大﨑 洋(吉本興業共同代表取締役CEO)
  • ・茶葉から茶殻までバリューチェーン全体で価値を創造する 笹谷秀光(伊藤園顧問)
  • ・持続可能な経営は、持続可能な地域が支えている キリンホールディングス
  • ・人生100年時代の健康問題に取り組む ファンケル
  • ・世の中に貢献する中で商売を広げていく ヤマト運輸
  • ・社会課題を解決する金融モデルは、懐かしい過去に学ぶべき 吉澤保幸 場所文化フォーラム名誉理事

[Special Interview]

 芳井敬一(大和ハウス工業社長)

 創業のDNAに立ち戻り、オーナーの教えを伝承・実践

[NEWS REPORT]

◆史上最高益でも原価低減 豊田章男の「原点回帰」

◆成長戦略再考を迫られた富士通の苦境

◆市場規模はバブル前に逆戻り 規模より知恵を問われるビール商戦

◆7兆円M&Aを仕掛けた武田薬品の野望とリスク

[特集2]

 オフィス革命 仕事場を変える、働き方が変わる

ページ上部へ戻る