文化・ライフ

2020年東京夏季五輪開催が決まり、帰国記者会見でのパラリンピック陸上走り幅跳びの佐藤真海選手

2020年東京夏季五輪開催が決まり、帰国記者会見でのパラリンピック陸上走り幅跳びの佐藤真海選手(写真:時事)

 職業柄、会う人ごとに「7年後、東京にオリンピックがやってきますね」と言われる。パラリンピックも一緒にやってくるのだが、それについて聞かれることは少ない。

 実は1964年も、東京オリンピックの後にパラリンピックは開催されている。60年ローマ大会に続く第2回大会だった。

 約半世紀前、日本における障害者スポーツの認知度は低かった。パラリンピックがどんな大会なのか、ほとんどの国民が理解していなかったと言っても過言ではない。

 当時を知る関係者から、以前こんな話を聞いた。

 「東京パラリンピックの時、米国やカナダといった先進国の選手たちが職業を持っていることに、日本の選手たちは非常に驚いたそうです。しかも結婚して、子どもまでいる。病院で過ごす自分たちとのあまりの違いに、大きなショックを受けたというんです」

 報道陣が義足や車いすのパラリンピアンにカメラを向けると「障害者を見せ物にするな」と、役員から詰め寄られることもあったという。つまり「障害者スポーツ」とは名ばかりで、パラリンピックと言えどもリハビリテーションの一環という位置付けにすぎなかったのだ。

 現在もパラリンピックは厚生労働省が所管している。その意味では、行政の対応に大きな変化はないのだが、少なくとも選手の意識は様変わりした。

 ブエノスアイレスでの最終プレゼンテーションで名をあげたパラリンピック陸上選手の佐藤真海はロンドン大会後、再渡英し、障害者スポーツを取り巻く状況をつぶさに調査した。

 「あらためて〝英国ってすごいな〟と思いました。パラリンピック後も各地域でスポーツのイベントを行っていたんです。私が訪ねたのは英国パラリンピック協会主催のスポーツフェスタ。パラリンピックの全種目が体験できるブースがあり、そこには代表クラスの選手とコーチがいました。パラリンピックを一度限りのイベントで終わらせるのではなく、その後は一般の陸上クラブに障害のある子が入っていく仕組みになっていました」

 佐藤は、その足で障害者スポーツ発祥の地といわれるストークマンデビル病院をも訪ねた。そこにはリハビリ施設の他、スタジアムや体育館もあり、障害者、健常者の分け隔てなくスポーツを楽しんでいた。それが彼女の目には新鮮に映った。

 「この病院ではリハビリ施設にスポーツタイムテーブルが貼ってあり、月曜から金曜までバスケット、テニス、ラグビー、卓球、車いすの基本操作など、たくさんのクラスが用意されていました。希望すれば、誰でもそこに参加できるのです。

 病院を出てからも障害者はスポーツを楽しむことができます。地域の陸上クラブには障害者も入会することができ、健常者と一緒になって跳んだり走ったりしていました。そこではコーチたちも健常者、障害者の区別なく、普通に指導していました」

 射撃の田口亜希も佐藤同様、アテネ、北京、ロンドンと3大会連続でパラリンピックに出場している。今年3月、IOC評価委員会が来日した際には、パラリンピアンの代表として東京招致のプレゼンテーションを行い、高い評価を得た。

 その田口がロンドン大会で注目したのが「ボランティア」だ。これを彼の地では「ゲームズメーカー」と呼び、運営を下支えしていたという。

 なぜゲームズメーカーなのか?

 田口の解釈はこうだ。

 「彼ら、彼女らはただ上から言われたことを忠実にこなすのではなく、自発的に行動していた。要するに選手や観客と一体となってゲームをつくるんです。

 私はエアライフルの試合の時、調子が悪くて、一番最後まで撃っていた。撃ち終わった時、最初に称賛の声をあげてくれたのがゲームズメーカーの人たちでした。それを合図に観客から拍手が起きました。点数が悪くてがっくりきていた私が笑顔で会場を後にできたのは、その歓声と拍手のお陰でした」

 彼女は東京オリンピック・パラリンピック開催決定を受け、次のような期待を抱く。

 「日本がひとつになって盛り上がるのではないでしょうか。パラリンピックも障害者だけでなく、子どもや被災地の方々など日本国民全員がゲームズメーカーとなって盛り上げることができれば、と考えています」

 以前にも書いたが、64年の東京大会は開発型だった。戦後の復興と高度成長を世界に発信したという意味では成功だったと言えよう。

 しかし、この手は2度と使えない。前回のキーワードが「成長」なら、今回は「成熟」だろう。障害者や高齢者にもやさしい都市の姿を世界に披露しなければならない。

 ある意味、成功のカギを握るのはオリンピックよりもパラリンピックだとも言える。 (文中敬称略)

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ
二宮清純の「スポーツ羅針盤」

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

上位進出を狙う高い壁はW杯初戦のコロンビア戦

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

日馬富士の暴行事件で自らの手で首を絞めた相撲界

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

“ティア1”の強豪を相手に日本ラグビーは白星を挙げられるか

[連載]二宮清純のスポーツインサイドアウト

ハリルジャパンは「弱者の戦術」でどこまでブラッシュアップできるか

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポートするサイトマ――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

不動産の現場から生産緑地の将来活用をサポートする――ホンダ商事

ホンダ商事は商業施設や宿泊施設の売買仲介、テナントリーシングを手掛けている。本田和之社長は顧客のニーズを探り最適な有効活用を提案。不動産の現場から、生産緑地の将来活用など社会問題の解決にも取り組む。── 事業の概要について。本田 当社は商業施設やホテル、旅館の売買・賃貸仲介(テナントリーシング)を…

企業eye

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年8月号
[特集]
パナソニック新世紀

  • ・総論 家電事業でもB2Bでも根底に流れる「お役立ち」
  • ・樋口泰行(コネクティッドソリューションズ社社長)
  • ・B2Bに舵を切るパナソニック
  • ・パナソニックのDNA 家電事業の次の100年
  • ・本間哲朗(アプライアンス社社長)
  • ・パナソニックの家電を支えた“街の電気屋”の昨日・今日・明日
  • ・テスラ向け電池は量産へ 成長のカギ握る自動車事業
  • ・パナソニックとオリンピック・パラリンピック

[Special Interview]

 津賀一宏(パナソニック社長)

 変化し進化し続けることでパナソニックの未来を創る

[NEWS REPORT]

◆商品開発に続き環境対策で競い合うコンビニチェーン

◆サムスンを追撃できるか? ようやく船出する東芝メモリの前途

◆スバル・吉永泰之社長はなぜ「裸の王様」になったのか

◆「ニーハオトイレ」は遠い昔 中国を席巻するトイレ革命

[政知巡礼]

 木原誠二(衆議院議員)

 「政治が気合を持って、今のやり方を変えていく覚悟を」

ページ上部へ戻る