文化・ライフ

経営者には「経営者らしい」ゴルフがある。ひと言で言えば、スイングの美しさだ。それは、エグゼグティブが身にまとう時計や車などと似ている。評価にも直結する。では美しいスイングとは何か。どうすれば実現できるのか。本連載で伝えていこう。

美しいスイングは「設計図」で完成する

 今号からゴルフレッスンの連載をさせていただくことになりました、日本ゴルフスイング研究所の吉田洋一郎です。

 本連載の狙いは、キャリアが長くレッスンにも通っているが、一向に上達しないと悩まれているゴルファー(特に経営者の方々)の原因を抽出し、その克服法を解説することで、さらに充実したゴルフライフを楽しんでいただきたのが1つ。

 また、「ゴルフは難しい」と敬遠しておられる読者には、この連載を通じてゴルフ本来の面白さや奥の深さを知っていただき、1人でも多くのゴルファーを誕生させたいという、強い思いもあります。

 私のスイング理論の土台は、4大メジャータイトル18勝に貢献した世界№1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベター氏の提唱する理論に沿ったものですが、同時に、最新のゴルフフィットネスも取り入れ、「心・技・体」トータルバランスのとれたパーフェクトスイングに導いていきます。

 私が開発した、この「パーフェクト・スイング・メソッド」は、これまでシングルゴルファーはもちろん、競技で活躍するアマチュアを多く輩出してきました。

 これは、今までの日本のレッスンにない世界標準のレッスンメソッド実現の結果でもあると自負しています。

 レッスンにおいて、私が重要視しているのは〝美しいスイング〟。特に経営者の方にとっての美しいスイングとは、時計や車と同様、あなたの評価基準です。残念なスイングでは、たとえ良いスコアであっても洗練されたイメージを残すことはできないのです。

 では、その実現には何が必要か。それは“設計図”です。家を建てるのと同じように設計図がなければ、美しいスイングは決して完成しません。

 すべてのレッスンプロが悪いとは言いませんが、一般的なコーチングは、とりあえず球を打たせて、悪い部分をその都度、矯正するパターン。しかし、これでは、その時々でポイントが違ってくるために、1つが直れば、1つが悪くなるといった具合に、結局のところ、「美しいスイングに到達できない」という、最大の欠点を有しています。

 しかし、私のレッスンでは、通常1年間という期間の中で、“設計図”を作り、ステップアップさせながらパーフェクトスイングに導くことで、「飛ばし」や「スコアアップ」も可能にします。

 多くのレッスンプロは、そもそも、この“設計図”の必要性を認識しないまま、教える側に立ってしまったのです。

 これまでレッスンを受けてきたにもかかわらず、あまりスコアが伸びない人は、言うなれば教わるレッスンプロに恵まれなかったのです。

 「腑に落ちる」メソッドがカギ

  現在、私のレッスン受講生は経営者層が中心となっていますが、彼らに共通するのは、いくらスイングの形だけを教えたところで、〝理論的に納得しなければ〟実践しない、ことにあります。

 巷にはスイング理論が氾濫しています。もちろんすべてを否定するわけではありませんが、重要なのは個々人の体型や癖などをトータルで勘案し設計図を描くことなのです。その設計図に従いレッスンを行いながら、同時に受講者が“腑に落ちる”スイング理論を伝授することで、ある意味で、受講者とも、WINWINの関係も構築できるのです。

 正しいスイング理論の普及でゴルフの底辺拡大を

  ゴルフがうまくなりたいという経営者はストイックな方が多い。そういう意味では、レッスンの効率性も重視されます。短時間で結果を出せるのが「パーフェクト・スイング・メソッド」の強みとも言えるでしょう。

 ゴルフを始めたのはいいが、一向に上達しないということから、休止してしまうという人は想像以上に多いものです。ゴルフは、用具代等、他のスポーツに比べ初期負担が掛かります。用具を揃えゴルフを始めたにもかかわらず、休止してしまうのは非常にもったいないと思います。

 国内のゴルフ人口は、減少の一途をたどっています。業界を上げて底辺の拡大を声高に叫んではいますが、実際には思いのほか増えていない現実があります。これはひとえに“ゴルフは難しい”という言葉に集約されるように、レッスン制度、あるいは方法論に問題があると言わざるを得ません。正しいスイング理論さえ身に付ければ、否が応でも上達するということを知っていただくことこそが、ゴルフ人口の底辺拡大に寄与すると私は考えます。

 米国在住の日米のレッスン界を知る日系2世のプロから「日本のゴルフレッスンは15年遅れている」と言われたことがあります。世界の一流コーチや選手から最新の情報を得るために、毎年、米国に渡りメソッドを進化させてきた私であっても、当時は、その意見に同意せざるを得ませんでした。

 しかし、日本ゴルフスイング研究所を開設した現在に至っては、「15年遅れている」という言葉は自信を持って否定できます。今連載を通じ、皆さまのゴルフ上達のお役に立てば幸いと存じます。

 

CEOゴルフのポイント
□ スイングの美しさは時計や車など身にまとうものと同じ。強く印象に残る。
□ 美しく、飛距離を伸ばすスイング実現には設計図が必要

筆者の記事一覧はこちら

【文化・ライフ】の記事一覧はこちら

 

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

現存の不動産に新しい価値を創造する「心築(しんちく)事業」とJ‐REIT運用、太陽光などのクリーンエネルギー事業が主力。社名の「いちご」は一期一会に由来しており、サステナブルインフラを通じて日本の社会を豊かにすることを目指している。文=榎本正義(『経済界』2019年9月号より転載) 長谷川拓…

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

社員に奨学金を提供―ミツバファクトリーが実践する中小企業が勝つための福利厚生とは

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る