国際

米国市民の半数以上はシリア軍事行動に反対

ニューヨーク・タイムズスクエアで8日開かれたシリア爆撃反対デモ(撮影/筆者)

ニューヨーク・タイムズスクエアで8日開かれたシリア爆撃反対デモ(撮影/筆者)

 8月21日にシリアで化学兵器が使われ、多数の市民が犠牲になったニュースが流れてから、米国内は風雲急を告げている。

 30日、ジョン・ケリー国務長官が声明を出し、化学兵器はシリアのアサド政権側が使用したとほぼ断定。31日は、チャック・ヘーゲル国防長官が「国防総省(ペンタゴン)は準備ができている」と発言。そして9月1日、週末土曜日であるにもかかわらず、オバマ大統領がジョー・バイデン副大統領を伴って会見。

 「議会の承認を得て、軍事介入を決める」との方針を明らかにした。オバマ政権の首脳がこれだけ連日テレビに姿を見せるのは、極めてまれなことだ。

 国民の関心も高く、オバマ大統領が会見した1日午後は、ニューヨークのタイムズスクエアなど各地で、軍事介入反対のデモが開かれた。テレビの報道も、合衆国憲法の解釈や議会の反応を伝えて、このニュース一色だ。

 もともと、シリア内戦のニュースは、アラブの春から始まり、この2年、ニューヨーク・タイムズなど主要メディアがずっと報じてきた。シリアの周りには、イスラエルやサウジアラビアなど米国の友邦国もあり、中東問題は常に米国の最大の関心事だ。

 オバマ大統領は、化学兵器の使用が分かった時点で、軍事介入には前向きな考えをみせていた。8月24日には、その意向をホワイトハウスのチームに知らせている。国連の化学兵器に関する調査団も当初の予定より1日早く撤退させ、米メディアは29日にもミサイル攻撃が始まるとみていた。

 しかし、情勢が変わったのは、全面的な支援を得ると期待していた英国のキャメロン首相が、議会の承認を得るのに失敗したからだ。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、8月30日、金曜日の夜まで、ホワイトハウスの国家安全保障チームは、議会の承認を得るという選択肢を全く検討していなかった。オバマ大統領が、国家安全保障に詳しいマクドノー首席補佐官とホワイトハウス内の散歩に45分間出掛け、戻って来てから、大統領が単独で、議会承認を得るという決断をした。

 オバマ大統領は、最大の同盟国の英国が参戦できなくなった中、独善的に武力行使に踏み切ったとみられるのを、懸念していた。それにマクドノー首席補佐官も同意。また、ジャーナルは、米統合参謀本部のデンプシー議長が、オバマ大統領に「米国の攻撃のタイミングは問題にならない」との見解を示したと伝えている。攻撃が明日、あるいは1週間後、1カ月後でも、米軍は作戦の有効性を保証できると、同議長は伝えたという。

 また、有権者に対する配慮も大きい。

 NBCの調査によると、米国は軍事介入をするべきだという人が42%、軍事介入をするべきではないという人は50%で、反対の市民が上回っている。

シリア問題が米国の内政に及ぼす影響

 9月1日、8日の週末にタイムズスクエアで開かれたデモには、1千人ほどの市民が集まった。

 「オバマはシリアを爆撃するな」「シリアをイラクにするな」「ペンタゴン、ミサイルではなく、フードスタンプ(食料配給券)を」というプラカードが無数に立った。

 また、オバマ大統領はイラク戦争からの撤退を公約し、政権に就いてから2年後に達成。アフガニスタン侵攻からの撤退は、今も続行中だ。

 オバマ大統領は今年5月、戦没者追悼記念日にアーリントン軍人墓地を訪れ、式典の後、「セクション60」に特別に足を運んだ。イラク戦争とアフガニスタン侵攻の戦没者の墓地だ。今でも、アフガニスタンで戦死した兵士の新しい墓が毎月立つ。

 「同胞が今現在も国家につくし、闘い、命を戦線にさらしていることを忘れてはならない」と大統領は強調した。ミシェル夫人とともに、大きな祝辞には必ず軍人とその家族を招待するオバマ氏は、「軍事介入は、ブーツを巻き込むことはない」と下院議員らに説明し、地上戦は排除する考えだ。

 向かい風も当然ある。オバマ大統領が強い態度に出ないことに、中東の同盟国、イスラエルやサウジアラビアの不信を強めることになるとして、ウォール・ストリート・ジャーナルは早速「オバマ政権の中東政策は失敗に終わった」と書いた。

 同時に、軍事介入に踏み切る根拠が不透明として、身内の民主党議員にも反対派がいる。

 また、ジャック・ルー財務長官は、10月にも米国の政府債務が上限に達するとして、下院の迅速な行動を求めている。それにもかかわらず、オバマ氏が軍事介入に関する議会の承認を求めたため、議会のリソースはすべて今、シリア問題に向けられている。

 シリア問題が、米国の内政にもたらした負担は計り知れない。

 

津山恵子氏の記事一覧はこちら

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る