テクノロジー

ソニーがビッグデータ事業への展開をにらみ、クラウド上で個人情報を保護するデータ管理システムを開発し、お薬手帳の電子化への適用を進めている。その背景には医療分野への意気込みとプラットフォームビジネスへのこだわりがうかがえる。(本誌/村田晋一郎)

新開発のシステムを電子お薬手帳に適用

平井一夫・ソニー社長は新たなプラットフォームビジネスを構築できるか

平井一夫・ソニー社長は新たなプラットフォームビジネスを構築できるか

 ソニーが、クラウド上での個人情報に配慮したデータ管理システムを開発し、ビッグデータ事業参入への機会をうかがっている。

 今回開発したのは、非接触ICカード技術「Felica」を用いたシステムで、最初の応用事例として、お薬手帳を電子化する「電子お薬手帳サービス」を提案する。

 患者が、Felicaチップが埋め込まれたICカードを薬局に置かれた専用端末にかざすだけの簡単な操作で、患者と薬剤師は調剤履歴などの情報を共有できる。さらに専用のアプリケーションをインストールすれば、スマートフォンからも調剤履歴や服薬後の副作用などの情報の記録が可能となっている。クラウド上で調剤情報を管理することで、手帳の不携帯や紛失の際にも対応できる。また、スマホで調剤情報を管理することで、家族内での情報を共有し、「セルフメディケーション」にも役立つという。

 今回のシステムのベースとなるFelicaは、SuicaやPASMOなどの交通システムや電子マネーに使われているが、もともとはソニーが開発した技術。ソニーがビッグデータへ展開していく上で、その知見を生かした形だ。

 今回のデータ管理システムの売りは新たに開発した個人情報の保護技術にある。従来のクラウドを利用した一般的なサービスでは、利用者の個人情報とデータの両方がペアで同じクラウド上のサーバーに保存されるため、外部もしくは内部からシステムへの侵入があった場合、これらの情報が同時に漏洩するリスクがあった。今回開発したシステムでは、個人情報とデータを分離し、データのみをクラウドに保存。氏名や生年月日などの個人情報はクラウドには送信されず、利用者が所持するICカード内に記録され、その上で個人情報とデータを結び付ける共通IDを割り当てる。この仕組みにより、サーバーへの不正アクセスがあった場合にも、個人情報とは結び付かず、高いセキュリティーが実現できるという。

 同サービスは2011年より川崎市宮前区の約20の薬局で実証実験を行い、約1千人の患者が実際に利用しているという。13年秋より対象エリアを同市全域に拡大する計画。

過去の失敗の教訓は生かされず

 今回のビッグデータへの展開に対して、聞こえてくるのは、「医療分野拡大への足掛かり」そして「プラットフォームビジネスへの固執」という声だ。

 まず医療分野については、ソニーは将来の成長戦略と位置付けている。しかし医療分野は製品の実用化までにさまざまな認可を受ける必要があり、参入障壁が高い上、ビジネスになるまでに時間を要する。今春、オリンパスとの合弁会社「ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ」をスタートさせたが、既に医療分野で実績のあるオリンパスと組むことで認可の問題をクリアするという見方ができる。それでも合弁会社の最初の製品が市場に出るまで数年を要する見込みだ。

 ソニーとしてはオリンパスとの合弁だけに頼らず、幅広く展開していきたい考え。今回のFelicaシステムの最初のアプリケーションがお薬手帳というのも、医療分野での実績をつくろうとする動きにも見て取れる。ただし、お薬手帳の電子化がどこまでその嚆矢になるかは微妙なところだ。

 プラットフォームビジネスについては、ソニーの場合はハードウエアの強みを生かしたプラットフォームを形成し、そのプラットフォーム上に関連する企業やグループを巻き込んで、サービスに付加価値を提供する。平井一夫社長もさまざまな場面でプラットフォーム形成の重要性を語っている。

 しかしソニーは家庭用ゲーム機「プレイステーション」を除いては、プラットフォームビジネスの形成に失敗してきている。Felicaにしても電子マネー「Edy」で失敗した過去がある。子会社「ビットワレット」でEdyを手掛けていたが、収益に結び付けることができなかった。ビットワレットは9年連続で赤字を出した後、楽天の傘下に入り、Edyは「楽天Edy」と名称を変えている。

 業界関係者は語る。「Felicaは高速性に優れる技術的な強みで、SuicaやPASMOなどの交通機関に採用されたが、SuicaやPASMOはソニーのプラットフォームではない。プラットフォームにはどれだけ関連する企業を巻き込めるかが鍵となるが、Edyではそれで失敗した。そして今回のお薬手帳サービスにその失敗の教訓が生かされているとは思えない」

 なぜFelicaなのかという疑問もある。Felicaはソニーの技術ということもあり、普及しているのは日本と東南アジアの一部地域のみ。香港では鉄道システムに「オクトパスカード」が採用されたが、国際的にはガラパゴスな規格だ。Felicaの上位の国際規格としてNFC(Near Field Communication)の普及が現在進んでおり、日本のスマートフォンでもNFC対応機種が出てきている。

 今回のシステムは、Felicaのノウハウに長けるソニーだからこそ実現できたとも言える。しかし、Felicaでのプラットフォームが確立できなければ、普及は難しいだろう。

 「そもそも各薬局にFelica専用端末を置くことは、コストの面からも現実的ではない」(前述の関係者)。ましてお薬手帳にはそれほどの高速性は求められず、必ずしもFelicaである必要はない。本格的なビジネス展開を考えるなら、FelicaではなくNFCでシステムを作り上げるほうが、先の展望も開けるのではないか。

 「このまま実証実験だけで終わる」という冷ややかな見方もある。ビッグデータへ展開していくにしてもプラットフォームが確立できなければ、医療分野への橋頭保を築くことにはならないだろう。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

電力業界のイノベーション

[連載] エネルギーフォーカス

10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

[連載] エネルギーフォーカス

日本は再生エネルギーで世界トップとなる決断を

テクノロジー潮流

一覧へ

アジア大会とノーベル賞

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

水素社会へのステップ

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

刺激を浴びて徹底的に考え抜くことで自らを変革する―― 鎌田英治 グロービス 知命社中代表

「創造と変革」を掲げリーダー教育事業を展開しているグロービス。未来が予見しづらい混迷の時代を迎え、まさに新たな時代を切り拓いていくリーダーが求められている。そのような状況を受けて、グロービスは昨年、新たに執行役員以上に限定したエグゼクティブ向けのプログラム「知命社中」を開設した。[PR]次世代を担う経営リーダ…

ワンストップで手厚くサイトの売却をサポート――中島優太(エベレディア社長)

「支持政党なし」をつくった男のユニークな発想とビジネス――佐野秀光(情報通信ネットワークグループ社長)

新社長登場

一覧へ

「技術立脚の理念の下、付加価値の高い香料を開発します」――高砂香料工業社長 桝村聡

創業から95年、海外に進出してから50年以上たつ国際派企業の高砂香料工業。合成香料では日本最大手であり、国際的にも6%以上のシェアを持つ優良企業だ。100年弱の歴史を持つ高砂香料工業── まず御社の特徴をお聞かせください。桝村 1920年創業ですから、2020年に100周年を迎える香料の専門メーカーです。基本…

桝村 聡

「ネット広告が変わってもクライアント本位の姿勢は変わりません」--バリューコマース社長 香川仁

「最新情報を発信、人と企業の働く環境を良くしていきます」--マンパワーグループ社長 池田匡弥

イノベーターズ

一覧へ

老舗コニャックメゾンがブランド強化で日本市場を深耕――Remy Cointreau Japan代表取締役 宮﨑俊治

フランスの大手高級酒グループ、レミー・コアントロー社の日本法人。18世紀から愛飲されてきた名門コニャックの「レミーマルタン」や世界有数のリキュール「コアントロー」をはじめ、スピリッツやウイスキーなど戦略的なラインアップを日本市場で展開している。同社の宮﨑俊治代表取締役に事業展開について聞いた。 &nbs…

デザイナーズ家具のEC販売で業界の“常識打破”に挑戦――リグナ社長 小澤良介

内装空間の総合プロデュースで想いをカタチに創り上げる――ユニオンテック社長 大川祐介

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 教育部門と…

大学の挑戦

創立100周年を控えて「世界に貢献し、インパクトを与える人」の育成に努めます――西南学院大学・K.J.シャフナー学長

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

企業eye

一覧へ

不動産の現場から生産緑地の将来活用をサポートする――ホンダ商事

ホンダ商事は商業施設や宿泊施設の売買仲介、テナントリーシングを手掛けている。本田和之社長は顧客のニーズを探り最適な有効活用を提案。不動産の現場から、生産緑地の将来活用など社会問題の解決にも取り組む。── 事業の概要について。本田 当社は商業施設やホテル、旅館の売買・賃貸仲介(テナントリーシング)を…

企業eye

社員の人間力を武器に5期連続増収を果たす投資用不動産会社――パートナーズ

クラウドソーシングを活用した動画制作やオンライン動画制作プラットフォームを提供――Crevo

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2018年7月号
[特集]
社会課題で儲ける!

  • ・総論 グローバリズムとどう折り合いをつけるのか
  • ・なぜ、よしもとは社会課題と向き合うのか 大﨑 洋(吉本興業共同代表取締役CEO)
  • ・茶葉から茶殻までバリューチェーン全体で価値を創造する 笹谷秀光(伊藤園顧問)
  • ・持続可能な経営は、持続可能な地域が支えている キリンホールディングス
  • ・人生100年時代の健康問題に取り組む ファンケル
  • ・世の中に貢献する中で商売を広げていく ヤマト運輸
  • ・社会課題を解決する金融モデルは、懐かしい過去に学ぶべき 吉澤保幸 場所文化フォーラム名誉理事

[Special Interview]

 芳井敬一(大和ハウス工業社長)

 創業のDNAに立ち戻り、オーナーの教えを伝承・実践

[NEWS REPORT]

◆史上最高益でも原価低減 豊田章男の「原点回帰」

◆成長戦略再考を迫られた富士通の苦境

◆市場規模はバブル前に逆戻り 規模より知恵を問われるビール商戦

◆7兆円M&Aを仕掛けた武田薬品の野望とリスク

[特集2]

 オフィス革命 仕事場を変える、働き方が変わる

ページ上部へ戻る