文化・ライフ

日米通算4000安打を達成したNYヤンキースのイチロー(写真:AFP=時事)

日米通算4000安打を達成したNYヤンキースのイチロー(写真:AFP=時事)

イチローをじっくり育てようとした土井正三

 人との出会いは大切である。もし恩師との出会いがなかったら、イチローの偉業達成はあり得なかっただろう。

 さる8月21日、ヤンキースのイチローは本拠地のヤンキースタジアムでブルージェイズのR・A・ディッキーからレフト前ヒットを放ち、日米通算4千安打を達成した。

 メジャーリーグの通算最多安打はピート・ローズの4256本。順当に行けば、再来年には、この記録を更新することになる。

 もちろんイチローの場合、日本時代の1278本が含まれているため、メジャーリーグの公式記録にはならない。そのため、仮にローズの記録を上回っても「ナンバーワン」とはみなされない。だが、むしろ「オンリーワン」視されるほうが、日米2つのリーグで活躍したイチローにとっては名誉なことではないか。

 試合後はクールなイチローが珍しく目を潤ませていた。

 「チームメイトやファンの皆さんが、こんなに喜んでくれるとは想像していなかった。ちょっと半泣きになりました」

 いったい、イチローはどこまでヒット数を伸ばすのか。コンディションを見る限り、あと3年、いや5年はレギュラーとしてプレーできるだろう。

 1992年に愛工大名電高からオリックスに入団したイチローは最初の2年間、1軍と2軍を行ったり来たりだった。当時の監督・土井正三(故人)はイチローをじっくり育てようと考えていた。

 「僕はイチローを長い目で見ようと思っていました。そのためには1年間、ファームで〝放牧〟が必要だった。いっぱい食べさせて、練習させて、早く青年の体にしてやろうと。というのも、当時のイチローは少年のような体つきだった。大学や社会人出身の選手とは、明らかに肉体的な面でハンデがありました」

 2年目、ある試合で牽制に引っかかったイチローに土井は二軍行きを命じた。イチローは土井の前で「もう、あんなチョンボはしませんから、一軍に置いてください」と大泣きしながら訴えたという。

 それでも土井は許さなかった。プロの厳しさを叩き込むため、巨人時代の師である川上哲治の「獅子はわが子を千尋の谷に落とす」との教えを忠実に実践したのである。

 こうしたことがあったため、後年、土井は「イチローの素質を見抜けなかった指導者」とバッシングを受けたが、もちろんイチロー憎しの感情でやったわけではない。土井には土井なりの考えがあった。

 生前、土井はこう反省の弁を口にしていた。

 「僕たちの時代は監督命令は絶対で、選手に説明する義務なんてなかった。でも最近の若い子には、きっちり説明すべき点は説明しなければならない。僕はそのことをイチローの一件で学びました」

 

イチローを積極登用した恩師・仰木彬

 

 土井の後を受けたのが仰木彬(故人)である。仰木は登録名を本名の鈴木一朗からイチローに改めさせるなど、積極的に登用し、売り込んだ。

 「パ・リーグにはスターが必要だ」

 パ・リーグで育ち、パ・リーグで指導者となった仰木には信念に近い考えがあった。「セ・リーグ、何するものぞ」との思い。おメガネにかなったのがイチローだった。

 ところが、イチローのトレードマークだった〝振り子打法〟に対しては懐疑的な声がほとんどだった。

 「二本足で打てない者が、一本足で打てるわけがない」

 チーム内にはあからさまに、こう吐き捨てる者もいた。無理もない。イチローの一軍での実績はゼロに等しかったのだから。

 そんな声を制し、「好きにやらせればいいじゃないか」と言ったのが仰木である。

 「僕はフォームについては何も言わなかった。プロは各々、個性があったほうがいい。それにイチローは〝バットにボールが吸いついてくるんじゃないか〟と思わせるくらい、バットコントロールがうまかった。つまり、それだけ理に適ったフォームを変える必要はないんじゃないかと思ったんです」

 監督就任1年目の94年、仰木はイチローを開幕から使い続けた。期待に応えたイチローは日本新記録(当時)となるシーズン210安打を達成する。

 歴史に〝たら〟や〝れば〟は禁句だが、もしイチローが次のシーズンからメジャーリーグでプレーしていたら、今頃はローズの記録を抜いていただろう。

 仰木が世を去って8年になる。愛弟子の快挙を草葉の陰からじっと見守っていたはずだ。そして、それは土井も同じだったのではないか。 (文中敬称略)

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

総合事業プロデューサーとして顧客と共に成長する―中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

広告やマーケティング、ブランディングを事業プロデュースという大きな枠で捉え、事業が成功するまで顧客と並走する姿勢が支持されているグランドビジョン。経営者の思いを形にしていく力で、単なる広告代理店とは一線を画している。 中尾賢一郎・グランドビジョン社長プロフィール &nb…

中尾賢一郎(グランドビジョン社長)

人材戦略を経営の核に成長する駐車場ビジネスのプロ集団―清家政彦(セイワパーク社長)

「PCのかかりつけ医」として100年企業への基盤構築を進める―黒木英隆(メディエイター社長)

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

20歳で探検家グランドスラム達成した南谷真鈴さんの素顔

自らの手で未来をつかみ取る革新者たちは、自分の可能性をどう開花させてきたのか。今回インタビューしたのは、学生でありながら自力で資金を集め、世界最年少で探検家グランドスラムを制した南谷真鈴さんだ。文=唐島明子 Photo=山田朋和(『経済界』2020年1月号より転載)南谷真鈴さんプロフィール&nbs…

南谷真鈴

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年1月号
[特集] 新しい街は懐かしい
  • ・「街の記憶」で未来をリノベーション
  • ・日本橋が「空を取り戻す」水辺と路地がつながる街へ
  • ・水辺はエンタメの宝庫だ 大阪が目指す観光客1300万人
  • ・街の誇りを取り戻せ 名古屋・堀川復活プロジェクト
  • ・なぜ水辺に都市が栄えるのか
  • ・2020以降は海と川がさらに面白くなる
  • ・「住む」と「働く」両方できるが求められている(たまプラーザ)
  • ・「土徳」が育む一流の田舎(南砺市)
  • ・音楽ファンが集う街づくり
[Special Interview]

 辻 慎吾(森ビル社長)

 東京が世界で勝ち抜くために必要なこと

[NEWS REPORT]

◆飛びたくても飛べないスペースジェットの未来

◆エンタメが街を彩る 地方創生に挑むポニーキャニオン

◆問題噴出のコンビニをドラッグストアが抜き去る日

◆始まった自動車世界再編 日本メーカーはどう動く?

[特集2]

 経済界福岡支局開設35周年記念企画

 拓く!九州 財界トップが語る2030年のかたち

ページ上部へ戻る