国際

首都ワシントンでの発行が評価されて高値での買収に

 億万長者が、首都の有力新聞を買収する。日本では考えられないが、米国では現実になった。

 アマゾン・ドットコムの最高経営責任者(CEO)ジェフ・ベゾス氏は8月5日、米紙ワシントン・ポストを自己資金で買収すると発表した。買収額は2億5千万㌦で、この日から60日後に、1875年から続く創業138年の老舗新聞が、ベンチャー企業経営の億万長者の所有となる。

 IT億万長者が、新聞を買った、とショックが走ったが、24時間後にはこんなコメントも出た。

 「新聞界のビッグニュースは、一部では羨望の目でさえみられた」(米紙ニューヨーク・タイムズ)

 なぜか。ワシントン・ポストは実は、部数減少と広告収入の減少による経営不振で、赤字が続いていた。新聞事業のほかに、教育出版事業やテレビ局を保有する親会社ワシントン・ポスト・カンパニーも減益が続いていた。以前は1980年代に買収した教育出版事業が黒字で、新聞の赤字を補ってきたが、最近は、インターネット講座の普及で教育出版事業もダメージを受け、新聞を支えられなくなった。

 つまり、買収価格は通常、時価総額で算定されるが、ポストはそれを算出できる状態ではなかった。アナリストも、「ポストの伝統をかんがみても、価値は5千万~7千万㌦」と見積もる。それが2億5千万㌦にも跳ね上がった。

 同じアナリストは、こう指摘する。

 「ワシントンは政府施設が集中し、高給取りが住む、最もリッチなトップ10のマーケットの1つ。また、首都ワシントンで発行されるということは、政府の考え方、政策、規制、国家運営にまで影響を及ぼすことができる。ポストには、ほかの新聞に比べて図り知れないパワーがある」

 つまり、経営は不振だったものの、発行されている首都という市場の価値が「プレミアム」になったという。ポストは、ベゾス氏に買収され、生き延びた。それで「羨望」とまで言われる取引となったわけだ。

盗聴器を仕掛けるために侵入者が破壊した民主党ビルのドア。ウォーターゲート事件のきっかけとなった(ワシントンのジャーナリズム博物館「ニュージアム」にて。撮影/津山恵子)

盗聴器を仕掛けるために侵入者が破壊した民主党ビルのドア。ウォーターゲート事件のきっかけとなった(ワシントンのジャーナリズム博物館「ニュージアム」にて。撮影/津山恵子)

 これによって33年から80年間、ポストを所有してきたグラハム家の支配は、終わりを告げた。かつては、ニクソン大統領の民主党盗聴スキャンダル、ウォーターゲート事件のスクープを支援し、黄金時代を築いた女性発行人キャサリン・グラハムなどワシントンのセレブをも生んだ。

 しかし、現在のカンパニー会長兼CEOでキャサリンの息子ドナルド・グラハムは、発行人時代からの30年あまりの支配で、ポストを立て直すことができなかった。そればかりではなく、今年7月に溶鉱炉の装置製造会社を買収し、「溶鉱炉会社では、(新聞界の最高の栄誉である)ピュリツァー賞はとれない」(米メディア)と批判されるような経営判断をしている。

 ポストは新しいオーナーに売り渡される運命にあったと言える。

新聞社が売買されることが当たり前になってきた米国

 実は、米国では新聞社が売買されることが、当たり前になってきた。かつて、テレビもなく、新聞がニュース市場を独占していた時代は、現在のインターネット企業のように、高値で取引された。しかし、現在はなぜ、売買されるのか。

 1つは、新聞社の経営不振だ。ポストだけではなく、米国のどこの新聞も発行部数と広告収入の落ち込みの打撃を受けている。リストラのため、この数年間で、記者だけで全米で1万人以上が失業した。このため、オーナーが救済を求めて、新聞社を売りに出すこともある。

 最たる例は、コロラド州のロッキー・マウンテン・ニューズだ。同社は2009年、オーナー会社が売りに出したが、買い手がつかず、廃刊した。ピュリツァー賞も受賞した有力紙だったにもかかわらずだ。

 一方で、中小規模でも買収される新聞社もある。投資会社バークシャー・ハサウェイ会長で億万長者のウォレン・バフェット氏は、この数年で30社近いローカル新聞を買収した。

 「地域に1紙で競合紙がなく、ローカルニュースを強く欲するコミュニティーで発行される中小規模の新聞であれば、将来的に利益が出る」(同氏の株主への書簡)というのが、買収の理由だ。

 ベゾス氏は首都という良質の市場で発行されるワシントン・ポストを買った。バフェット氏は、ローカル需要に徹する新聞を買い続けている。

 重要なのは、新聞とその市場の質が、買い手がつくかつかないかという運命を分けているところだ。何の特徴もなければ、買い手はつかない。

 

津山恵子氏の記事一覧はこちら

 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

売上実績トップ企業に聞く「住宅リフォームの最新トレンドと課題」―榎戸欽治・ニッカホーム会長

素人にはなかなか分かりにくい住宅リフォームの世界。最近の業界動向と事業戦略について、売り上げ規模で全国ナンバーワンを誇るニッカホーム創業者の榎戸欽治会長に聞いた。(聞き手=吉田浩)榎戸欽治氏プロフィールリフォーム業界におけるニッカホームの競争力水廻りと木工事を絡めた中型リフ…

榎戸欽治・ニッカホーム会長

家族葬のファミーユが目指す「生活者目線で故人に寄り添う」葬儀の形

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

新社長登場

一覧へ

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

2019年4月、国内インターネット専業証券で初の女性社長が誕生した。創業者であり、カリスマ社長と呼ばれた松本大前社長から後任を託されたのが清明祐子氏。清明氏は09年にマネックスグループに入社し、子会社社長やグループ役員を経て、マネックス証券の社長に就任した。清明社長はカリスマの後任としてどんな会社をつくってい…

マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

戸村光・ハックジャパンCEO

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年12月号
[特集] 沸騰する食ビジネス!!
  • ・食ビジネスが熱い!! 未来型食品が社会課題を解決する
  • ・市場規模70兆円! 食ビジネスが過熱するわけ
  • ・完全バランス栄養食で誰もがラクして健康になれる
  • ・人工光型植物工場で世界の食と農に新しい常識を
  • ・宇宙食ビジネスで勝ちに行く 10年後に5千億円市場創出へ
  • ・“大人の給食”で栄養の基盤をつくる
  • ・人工肉で糖質制限者に無制限のおいしさを
  • ・テクノロジーで高品質なジビエ調達が可能に
  • ・昆虫食ビジネスの時代到来
[Special Interview]

 伊藤秀二(カルビー社長)

 掘り出そうカルビーの未来

[NEWS REPORT]

◆エンジニアへの高額給与で 富士通は生まれ変われるか

◆豊田章男・自工会会長が挑む東京モーターショー100万人

◆消費増税で現金主義は終焉 キャッシュレス時代が到来した

◆加速するeスポーツ市場! インテルが東京で世界大会を開催

[総力特集]

経済界創刊55周年記念 新しい日本のかたち

東京1964からの55年と東京2020以降の日本の姿

ページ上部へ戻る