テクノロジー

名和利男氏は語る 都市ガス供給システムをめぐって危険な状況が発生する可能性がある

民生品の防衛分野活用では「マルウエア」に要注意

 今回は、(株)サイバーディフェンス研究所の情報分析部長(上級分析官)の名和利男氏に登場いただいた。名和氏は、航空自衛隊でサイバーセキュリティーに向けたプログラム管理を担当。その経験を生かしながら、国民のライフラインを担う都市の重要インフラに対するサイバーテロの発生について警鐘を鳴らし続けている人物である。

***

 ―― 航空自衛隊員時代、サイバー問題に従事し始めたのはどういう経緯からですか。

 名和 空自入間基地(埼玉県)の航空総隊の中に「プログラム管理隊」というのがあり、その幹部を務めていました。当時の主な任務はCOTS(コッツ)の導入を進めることでした。COTSのいうのは「商用オフザシェルフ=Commercial Off-The-Shelf」の略で、軍事面に民生品を利用することを意味しています。米軍が特に有名ですが、以前、米軍は情報通信に関してさまざまな先端技術を開発し、それを民間にスピンオフ(転用)する形をとってきました。

 ―― インターネットが代表例ですね。

 名和 そうです。ところが1990年頃から民間のほうが優れた情報通信技術を開発するようになりました。特にマイクロソフト社のウインドウズが出現して以来、開発競争において米軍のほうが民間に負け続けるという逆転現象が起きました。

 日本でも、米国と同じように重電企業が独自に開発した情報通信関係の製品に、自衛隊は追い付いていけなくなりました。そこで自衛隊は2000年頃から、米軍と同じようにCOTSを積極的に進め、防衛予算を限りなく圧縮しようということにしました。その場合、セキュリティーを意識しながら民生品に替えていかなければなりません。私の任務はそのセキュリティーを保持することでした。

 自衛隊の装備品のうち、戦闘機や重機は、人間の体で言えば、筋肉に相当します。これに対して情報通信技術を多用する通信網は神経あるいは血管と言っていいでしょう。その情報通信システムにマルウェア(悪意のある不正ソフトウェア)が侵入してくれば、人間で言えば、目が見えなくなり、耳が聞こえなくなってしまいます。そこでサイバー攻撃を仕掛けて来る側はどういう技術を持っているかを調べ、最適解となるように備えるというのが私の任務でした。

 民間の場合は「こういう攻撃が来たら、こういうふうに対応する」というやり方ですが、自衛隊がそれでは遅きに失します。ですから攻撃が来る前に攻撃側の技術レベルなどを知っておく必要があるわけで、非常に重要な任務だと認識していました。

シェールガスブームの陰で懸念される「落とし穴」

 ―― その後、自衛隊を辞めたわけですが、どうしてですか。

 名和 サイバー攻撃側は時間を追うごとに能力や経験値を高めているのに、防衛側の国内組織の対応能力は上がっていないどころか、十分に認識されていないことに無力感を持ったのが1つの理由です。そこで「民間に出てアグレッシブにサイバーセキュリティー問題に取り組みたい」と考えて自衛隊を辞めさせていただきました。

 ―― 名和さんはかねがね「都市インフラが攻撃されかねない。なかでも都市ガスの供給システムをめぐって近い将来に危険な状況が発生する可能性がある」と警鐘を鳴らしていますが、どういうことでしょう。

 名和 今年5月、米国のシュールガスの日本への輸出が解禁されました。ロシアの天然ガスも日本を含む極東地域への輸出量が増えていくことでしょう。一方で日本は3・11東日本大震災および東電福島第一原発事故以降、ガスタービンによる発電を増やしています。そのため米国やロシアから天然ガスを受け入れ、処理し、供給するインフラを急ピッチで整備していくことになります。

 一方、天然ガスの受け入れや貯蔵については高いレベルの安全性が担保されなければなりません。少しでもエラーが発生すると、すぐに気化したり、場合によっては爆発につながる危険性があります。それを情報通信技術を使って365日、24時間体制でモニターするわけですが、そのシステムに前述のCOTSが使われています。

 このように現在、日本はエネルギーを供給する仕組みを増やしていますが、COTSでそれらを監視および制御するのが一般的になっています。

 サイバーセキュリティーへの対処活動から得られた経験則は、情報通信技術を多用すればするほど、サイバー攻撃が可能なセキュリティー上の脆弱性が増大するということです。日本の現状は、攻撃側からすれば、得意とする状況と言っていいでしょう。

 このことは、09年に起きた「スタックスネット・ウイルス」によるイラン核施設攻撃、今年3月に起きた韓国の金融機関や放送局への攻撃などで証明されています。同じようなことが日本でも今年中か来年に起きかねないというのが私の見方です。

 ―― 名和さんは、今注目されている「スマートシティ」や「スマートグリッド」についてもサイバー攻撃の危険性を指摘していますね。その点は次回に。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る