国際

27年間獄中にいたネルソン・マンデラ

 マンデラ(Nelson Mandela)が危篤だ。オバマは南ア訪問したが、見舞うことは控えた。

 マンデラは1918年、南アフリカでも最貧地区の1つ、トランスカイにあるムベゾ村で、テンブ人の首長の家庭に生まれた。

 当時、人口の18%だった白人が南アを支配していた。黒人はアフリカ人専用病院で生まれ、専用バスで自宅に連れ帰られ、アフリカ人専用地域で育ち、専用学校に通う。就職も、居住区も、差別的な法律や規則で縛られていた。

 マンデラは通信教育で弁護士の資格を取り、52年に首都ヨハネスブルクに黒人として初めて法律事務所を開設した。61年にアフリカ民族会議(ANC)の地下武装組織「ウムコント・ウェ・シズウェ(民族の槍)」の最高司令官となり、翌62年にはアルジェリアとエチオピアで軍事訓練を受けた。が、64年に逮捕・起訴され、終身刑を言いわたされた。

 ここから何と27年間も牢獄につながれたのだ。

“Think about 27 years in prison,”

〈27年間も牢獄にいたことを考えてもみてください〉

 とオバマは今回、南ア首都ヨハネスバーグソウェイト大学の壇上から生徒に語り掛けた。

“Think about hardships and the struggles and being away from family and friends.

〈家族や友人から引き離される苦難と奮闘を考えてもみてください〉

There were dark moments that tested his faith in humanity, but he refused to give up.

〈時に人間性に対する彼の信念を試されるような最悪な局面もあったでしょうが、彼は信念を捨てませんでした〉

In your lives there will be times to test your faith.

〈あなたがたにも信念を試される局面がくるでしょう〉

Don’t lose those qualities of your youth: your imagination, your optimism, your idealism.”

〈若者特有の創造力や楽観主義や理想主義をなくしてはいけません〉

ネルソン・マンデラが目指した階級なき社会

マンデラは獄中、共産主義者仲間の影響でマルクスやエンゲルス、レーニン、スターリン、毛沢東の著作を学び始めるが資本論には頭痛を覚えたようだ。

While I was stimulated by the Communist Manifesto, I was exhausted by Das Kapital.

〈共産党宣言には刺激を受けましたが、資本論には疲れ果てました〉

But I found myself strongly drawn to the idea of a classless society which, to my mind, was similar to traditional African culture where life was shared and communal.

〈しかし階級なき社会という考えには強く共感した。というのもそれは伝統的アフリカ文化、生活を分かち合うという考えに近かったからです〉

 マンデラはロベン島に18年間収容された後、82年にケープタウンのポールスモア刑務所に移送された。その後、郊外パールのビクター・フェルスター刑務所に再移送された。牢獄から牢獄へ。マンデラはこうも言っている。

“I learned that courage was not the absence of fear, but the triumph over it. The brave man is not he who does not feel afraid, but he who conquers that fear.

〈勇気とは恐怖心の欠落ではなく、それに打ち勝つことにあるのだと学びました。勇者とは恐れを知らない人間ではなく、恐れを克服する人間のことです〉

 国際社会が南アフリカに対し経済制裁で圧力を強める中、89年に強硬派のP・W・ボタ大統領が辞任し、融和的なフレデリク・デクラーク大統領が就任。90年2月11日、マンデラ氏は釈放され、やがて大統領になった。

 マンデラは言う。

It always seems impossible until it’s done.

〈達成するまでは何事も不可能に見えるものだ〉

 

[今号の英語]glory
 gloryとは、栄光、という意味である。英語でMorning glory(朝の栄光)という花がある。朝顔のことだ。マンデラは言う。
The greatest glory in living lies not in never falling, but in rising every time we fall
〈生きる上で最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではなく、転ぶたびに起き上がり続けることにある〉
 起き上がり続ける限り、負けはこない。マンデラは若い頃、ボクサーだった。本当の話。

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

不動産のノウハウや技術を生かしサステナブルインフラへ―いちご

現存の不動産に新しい価値を創造する「心築(しんちく)事業」とJ‐REIT運用、太陽光などのクリーンエネルギー事業が主力。社名の「いちご」は一期一会に由来しており、サステナブルインフラを通じて日本の社会を豊かにすることを目指している。文=榎本正義(『経済界』2019年9月号より転載) 長谷川拓…

次世代車向け先進技術を応用する日本発プラットフォーマー ―イーソル

社員に奨学金を提供―ミツバファクトリーが実践する中小企業が勝つための福利厚生とは

新社長登場

一覧へ

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

アサヒグループ食品の副社長から、この3月にアサヒビールの社長に就任した塩澤賢一氏。長年、ビール営業畑を歩み、マーケティングを兼ねた繁華街歩きを趣味にしている。街の変化から世の中の流れを読む塩澤新社長が挑むのは低迷するビール市場の活性化。若者需要を伸ばしつつ、スポーツイベントを商機として攻勢をかけていく。聞き手…

「事業部門の連携を活性化させ営業利益100億円を目指す」 内藤宏治(ウシオ電機社長 )

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

イノベーターズ

一覧へ

シリコンバレーへの挑戦が生んだ「起業家と投資家が待ち望んだサービス」― 戸村光・ハックジャパンCEO

起業家のスタンスとして、画期的な技術やビジネスモデルを社会で活かすことを目的としたイノベーション先行型もあれば、社会課題解決を最優先とし、そこに必要な技術やノウハウを当てはめていくやり方もある。ハックジャパンCEOの戸村光氏の場合は後者。対象となる課題は「身の周りの気付いたことすべて」だ。(取材・文=吉田浩)…

「測量美術」が起こす道路工事のイノベーション―草木茂雄・エムアールサポート社長

IT化で変革する産業廃棄物処理の世界―福田隆(トライシクルCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年9月号
[特集] 東京五輪以降──ニッポンの未来
  • ・2度目の東京五輪 今度はどんなレガシーが生まれるのか
  • ・高岡浩三 ネスレ日本社長兼CEO
  • ・脱CO2の切り札となる水素活用のスマートシティ
  • ・五輪契機にテレワーク普及へ「柔軟な働き方でハッピーに」
  • ・ワーケーション=仕事×余暇 地域とつながる新しい働き方
  • ・「ピッ」と一瞬で決済完了! QRしのぐタッチ決済の潜在力
  • ・東京五輪で懸念される調達リスク
  • ・フェアウッド100%使用にこだわる佐藤岳利(ワイス・ワイス社長)の挑戦
[Special Interview]

 原田義昭(環境大臣・内閣府特命担当大臣)

 世界の脱炭素化、SDGs「環境」が社会を牽引する

[NEWS REPORT]

◆フェイスブックの「リブラ」で仮想通貨も「GAFA」が支配

◆脱炭素社会へ 鉄リサイクルという光明

◆PBの扱いを巡り業界二分 ビール商戦「夏の陣」に異変あり

◆中国の次は日本に矛先? トランプに脅える自動車業界の前途

[特集2]

 北の大地の幕開け 北海道新時代

・ 鈴木直道(北海道知事)

・ 岩田圭剛(北海道商工会議所連合会会頭)

・ 安田光春(北洋銀行頭取)

・ 笹原晶博(北海道銀行頭取)

・ 佐々木康行(北海道コカ・コーラボトリング社長)

・ 會澤祥弘(會澤高圧コンクリート社長)

・ 佐藤仁志(北海道共伸特機社長)

・ 内間木義勝(ムラタ社長)

ページ上部へ戻る