テクノロジー

サイバー犯罪をめぐる時代の変化

 

 今回は、内閣の「情報セキュリティ政策会議」委員で、サイバー犯罪や、それにかかわる刑事法の専門家である前田雅英・首都大学東京大学院長(教授)の2回目。前田教授は、これまで日本政府は国内のサイバー犯罪への対応に終始してきたが、今や外国からのサイバーテロへの対応に、本気で取り組まざるを得ない時代へと変わったと強調した。

 

日本のサイバー犯罪事情―日本警察の能力不足が露呈した「誤認逮捕」

 

 ―― サイバー犯罪に対する過去の日本政府の取り組みはどうだったのでしょう? 後手後手に回ってきた面はなかったのでしょうか。

 前田 過去、日本で起きたサイバー犯罪はほとんどがポルノに関するものでした。ですから政府も真剣にならなかったと言っていいでしょうね。そうした状況下で、中心になって発言してきたのはPTAの母親たちで「こんなものを子どもに見せてはいけない」などと主張しました。それを受けてフィルタリング(有害サイトアクセス制限)制度をどうするかといった話が出てきましたが、全体としてサイバー犯罪への政府の対応は不十分でした。

 次にはインターネット・オークションによる詐欺事件が横行したりしました。そこで政府は1980年代以降、それらに対して電子計算機損壊等業務妨害罪や同使用詐欺罪、さらには電磁的記録不正作出・供用罪、不正アクセス禁止法などを制定してきました。2011年には刑法にいわゆる「コンピュータ・ウイルス罪(不正指令電磁的記録に関する罪)」が新設されました。

 しかし、インターネットがより国民に浸透するに従って重大な犯罪が起きるようになりました。12年に神奈川県などで起きたPC遠隔操作ウイルスによる犯行予告事件などがそれに当たります。この事件では警察が犯人ではない人を誤認逮捕したことから、日本国内では「政府や捜査機関はサイバー攻撃に対して十分に対応できないのではないか」といった不安感が醸成されたことはご存じのとおりです。

 ―― その後、31歳の男性が威力業務妨害容疑で逮捕・起訴されましたが、捜査過程で警察は失敗を重ねましたね。

 前田 私たちは警察当局に対してサイバー犯罪への対処の仕方を全般的に講義してきたんですが、この事件の発生当時は、心構えが十分でなかった県警が多かったということです。「捜査官のレベルはあの程度だったのか」と言われれば、そのとおりでした。しかし、今は警視庁をはじめIT担当の専門家集団のレベルは上がってきています。

 ―― しかし、この事件に関して一部の弁護士は「冤罪だ」と主張しているようですが。

 前田 英語が堪能なキャリア組の刑事が米国のFBI(連邦捜査局)に行き、容疑者が有罪であることの決定的証拠を入手してきました。このように諸外国の捜査機関との連携、ウイルス対策を手掛けている企業との協力が進みました。さらに容疑者の家宅捜索から「動かぬ証拠」も出てきています。そうした証拠が5点ほどあると聞いています。ですから冤罪ということはなく、有罪であることは動かないと思います。

 

サイバー犯罪の脅威―「原発」よりも「一般生活」への攻撃の方が恐い

 

 ―― この間、日本では10年ごろから政府機関や衆参両院、民間企業、メディアなどがサイバー攻撃、いやサイバーテロを受けてきました。攻撃したのは北朝鮮でしょうか、あるいは中国でしょうか。

 前田 北朝鮮より、むしろ中国でしょうね(末尾の注参照)。ただし、これも完全にシッポを掴んだわけではありません。先ほどのPC遠隔操作事件ではありませんが、発信元のIPアドレスを把握しただけでは本当のところは分かりません。ですから、そこから先をどう突き止めていくかを考えなければなりません。

 前述したとおり、これまで日本で起きていたことは、いたずらをするか、PCマニアが何かやらかす、という程度のものでした。しかし、今は1つの国家が外交や軍事戦略の一環として攻撃して来る時代となっています。例えば尖閣諸島に関連して、日本の海上保安庁の巡視船の速度はどれくらいで、配置はどうなっているか、巡視船はどこで造られているかなどを知るだけでも中国側が得るメリットは大きいのではないでしょうか。サイバー空間が、今やそのレベルの戦場へと大きく変化したということです。

 他方、北朝鮮からのサイバー攻撃で想起されるのは、かつてのオウム事件のようなものです。同事件では狂信的な集団、それも理系の優れた信者で構成された集団がサリンを撒いたりしたわけですが、北朝鮮の場合も原子力発電所やメディアをサイバー攻撃することなどが考えられます。

 ―― 今後、起き得るサイバー攻撃として、そういうものが怖い?

 前田 原発については絶対に侵入させないような態勢を作ることは実はそんなに大変なことではありません。それ以上に心配なのは、国民生活一般にかかわる面への攻撃です。今はカネの出し入れからモノの購入まですべてインターネットが利用されています。そうしたところが攻撃され、システムへの信頼感が失われることになれば大問題です。また水道に毒を入れられる、空気を汚染される……。そういう攻撃こそリアリティーのある脅威だと感じています。

 

【注】 前田教授とのインタビューが終わった後の今年5月24日、農林水産省は、同省がサイバー攻撃を受け、省内のパソコンから12年1月から4月にかけてTPP(環太平洋経済連携協定)交渉などに関する機密文書が海外に流出した事件についての調査結果を公表した。

 調査は同省内に設けられた調査委員会が担当。その結果、①同省内のパソコン39台が「トロイの木馬」型などのウイルスに感染し、うち5台のパソコンから124点の機密文書が流出した痕跡を確認した②124点のうち85点は、政府の統一規範で2番目に重要とされる「機密性2」のものだったという。 

 どこから攻撃されたかについて同調査委は「答えられない」として、具体的な国名は明らかにしていないが、民間の専門家たちは「中国ではないか」との見方を示している。サイバー攻撃はまさに「今そこにある危機」と言っても過言ではない。

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る