国際

オバマ大統領の英語 より良い父に

 オバマの父親はケニアから米国の大学への留学生で、カンザスから来ていた白人女子大生を妊娠させてからほどなくして、母と子を捨ててケニアに帰ってしまった。実はケニアにも妻がいたのである。この捨てられた子はやがてオバマ大統領になるわけだが、こうして父親に捨てられた記憶は長くトラウマになっており、オバマを苦しめ、彼の最初の著書『マイ・ドリーム―バラク・オバマ自伝(Dreams from My Father: A Story of Race and Inheritance)』の大きなテーマの1つにもなった。

 オバマは繰り返し、黒人男性をはじめとする父親全般に「父親としての自覚と責任感を持つように」と訴えてきた。

 先日、オバマはモアハウス大学で卒業生を前にスピーチをしたが、その内容は、「これからは、もう黒人であるということを言い訳にしてはいけない」という厳しいメッセージをユーモアたっぷりに説いたものだった。モアハウス大はジョージア州アトランタ市にある屈指の名門私立大学で多くの著名人を輩出している。設立当初は満足な教育を受ける権利を認められていなかった黒人男子のためだけの大学であったが、現在では人種にかかわらず、志願をし審査を通った男性であれば入学できる。ただし、現在でも在籍する学生は99%が黒人。要は、黒人卒業生を前に初の黒人大統領であるオバマが心を込めた卒業の言葉を贈ったということになる。

“We know that too many young men in our community continue to make bad choices,

〈われわれ黒人コミュニティーに属する多くの若者が、間違った選択をしていることが明らかになってきております〉

Growing up, I made quite a few myself.

〈成長する過程において、私も多くの間違いを犯しました〉

Sometimes I wrote off my own failings as just another example of the world trying to keep a black man down.

〈時に私は、自分の失敗を、あたかもこの世界が仕組んだ黒人男性を陥れる罠のためだ、というように書き置いたりしたものです〉

I had a tendency sometimes to make excuses for me not doing the right thing.”

〈私にも時に、正しきことができなかった場合、言い訳に走ってしまう傾向がありました〉

“Not because racism and discrimination no longer exist; we know those are still out there,

〈これは何も人種差別がもはや存在しないということではありません。そういうものがいまだ存在することは皆分かっております〉

It’s just that in today’s hyper-connected, hyper-competitive world, with millions of young people from China and India and Brazil, many of whom started with a whole lot less than all of you did, all of them entering the global workforce alongside you, nobody is going to give you anything that you haven’t earned.

〈現在、あなたたちほど恵まれた環境にないところから這い上がろうとしている何百万という、中国やインドやブラジルの若者が、このハイパーにつながっている社会、ハイパーに世界レベルで競争している社会で、世界的な労働市場に向けて群がってきており、そんな彼らには、彼ら独自の力で得たもの以外のものを、誰か他人が差し出してくれたりはしない厳しい世界なのです〉

And moreover you have to remember that whatever you’ve gone through pales in comparison to the hardships previous generations endured – and they overcame, and if they overcame them, you can overcome them too.”

〈それでも君たちの経験していることは君たちの先祖が受けて来た困難な状況に比べれば色褪せて見えるのだということは覚えておいてほしいのです。しかもわれわれの先祖はそれらを乗り越えてきたのであり、彼らに乗り越えられたのならば、君たちだってきっと乗り越えられることなのです〉

 世界には70億人という人間が住んでおり、それぞれが必死で生きようとしている。だから文句を垂れたり、言い訳をしている場合ではないのだよ、諸君! というのがオバマの言いたいことだ。

 

[今号の英語]break the cycle
 break the cycleというのは、連鎖を断つ、という意味で、a vicious cycle 悪循環、を断ちたいなら、break the vicious cycleとなる。
 卒業したら、それぞれ社会に貢献してほしいと言ったオバマは自分の父親の行動に関することに言及している。
“Everything else is unfulfilled if we fail at family,
〈しかし、家族を守れなかったら、すべては中途半端になってしまいます〉
I still wish I had a father who was not only present, but involved,
〈今でも私は、いつでもそばにいてくれる父親、それも、家族にかかわってくれる父親がいたら、どれだけ良かったろうかと強く望んでいることがあります〉
“And so my whole life, I’ve tried to be for Michelle and my girls what my father wasn’t for my mother and me. ”
〈私はこれまでの半生を、妻ミシェルと2人の娘のために、私の父が私と私の母にしてやれなかったことをしようと努めてきました〉
“I want to break that cycle. ”
〈私はこうした連鎖を断ち切りたいのです〉
“I want to be a better father, a better husband and a better man.”
〈私はより良い父に、より良い夫に、そしてより良い人間になりたいのです〉
 オバマは自分たちを捨てた父親のトラウマを敢えて自分の中から消し去らないようにしているようだ。

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る