テクノロジー

バイオマス燃料をめぐって起きた石油業界と農業団体の対立

 

バイオマス燃料に対する賛否

 今回が初めての寄稿ということで、自己紹介を兼ねて、バイオ燃料について、書かせていただきます。

 バイオ燃料とは、バイオマス(生物資源)を原料とした、自動車や飛行機に用いられる燃料です。私が代表取締役兼CEOを務めるグリーンアースインスティテュートでは、植物の茎や葉など、食料と競合しないバイオ燃料を元に、プラスチックの材料、アミノ酸などの化学品の製造に取り組んでいます。

 既に、米国で市販されているガソリンには約10%、ブラジルでは約25%のバイオマスから作られたエタノールが含まれています。

 ただし、その原料は、米国ではコーンの実の部分であり、ブラジルではサトウキビと、食料や飼料と競合するものです。

 これに対し、植物の茎や葉、サトウキビの搾りかす(バガス)、さらには古紙といった食料にはならないバイオマスを原料に、燃料を作ろうとする技術開発が盛んに行われてきています。

 私もこうした非可食バイオマスからの燃料の分野でイノベーションを起こし、世界のエネルギー市場を変えたいと思っています。

 さて、そのバイオ燃料ですが、2007年に、米国では、エネルギー自立・安全保障法という法律が制定され、バイオ燃料の導入義務が決められました。22年までにバイオ燃料を2倍以上に増産し、そのうちの半分程度は、セルロース系のバイオマスを原料とすることを決めたのです。

 しかし、ここにきて、バイオ燃料の推進について、米国内で賛否両論があります。

 また、最近の日本の経済誌でも「バイオ燃料普及は曲がり角に来ている」(『週刊エコノミスト』14年1月21日号)といった報道がなされています。

 そのきっかけが、シェールガス・シェールオイルです。つまり、中東の産油国への依存度を低下させるためにバイオ燃料を利用推進していたところに、自国内でシェールガス・シェールオイルが取れるようになり、安全保障上の観点からは、特にバイオ燃料を利用推進する必要性が小さくなったというわけです。

 他方、日経産業新聞14年3月3日付の記事では、国内におけるバイオマスエネルギーの将来の展望を肯定的に報じています。今、この分野は、国際的にも、揺れているといえるでしょう。

一体化する農業とエネルギー産業

 ここに、エネルギー政策の複雑さがあります。すなわち、エネルギー政策とは、国家の安全保障政策とも深い関係があるとともに、化石燃料の燃焼によるCO2排出の環境問題と裏表の関係にあるわけです。

 さらにバイオマスが関係してくると、農業政策にも大きな影響を及ぼすようになります。実際に米国では、バイオエタノールの問題は、石油業界VS農業関係者といった構図になっています。

 昨年、米国のエタノール関係のコンファレンスやワークショップに何度か参加しましたが、その基調講演は、あたかも業界団体の決起集会のようでした。農家やエタノールメーカーの団体のトップはこう息巻きました。

 「今こそ、エタノール推進策を強化すべき。石油業界に、エタノール支援策を非難する資格はない。彼らはこれまで一体どれだけの支援を受けてきたというのか」

 そして、ついには、「これは戦争だ」と言い出すほどです。今や、米国で生産されるトウモロコシの約4割はエタノール、さらには、その茎や葉もバイオ燃料の原料として売れるようになろうとしているのです。

 農家からすれば、バイオエタノールの利用推進が中止されることは、相当な打撃です。そういう意味では、農業とエネルギー産業が一体化しているのです。

 

バイオマス燃料をめぐり共和党内でも意見が対立する米国

 

 ここで、興味深いのは、バイオ燃料をめぐって対立している石油業界と農業団体のいずれもが、共和党の大きな支持母体ということです。すなわち、この問題では、共和党内で意見が分かれているのです。

 それに対し、政権を担う民主党は、環境保護の立場があり、比較的、カーボンニュートラルなバイオ燃料を推進しようというスタンスです。

 従って、シェールガスが出るようになったので、すぐにバイオ燃料への支援をやめようということにはなっていません。

 このように、バイオ燃料には、さまざまな要素が絡み合っているのです。日本では、電力の問題が、エネルギー問題の中心で議論されていますが、燃料の問題も、重要な課題として考えていかなければなりません。

 バイオマスエネルギーについて、エネルギー政策とあわせて、農業政策という視点を、もう少し強く持つ必要があります。

 それは、必ずしも、補助金などを増やすということではなく、イノベーションにより、これまで価値を有していなかったものを有価物に変換することで、日本の農業にとっても、新しい付加価値を生み出すことにつながるのです。

 

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

エネルギーフォーカス

一覧へ

緑の経済成長とエネルギー

[連載] エネルギーフォーカス

Energy Focus

[連載] エネルギーフォーカス

今後、10年後の電力業界の様相(2)

[連載] エネルギーフォーカス

発電単価から既存原発の経済性を考える

テクノロジー潮流

一覧へ

科学技術開発とチームプレー

[連載] テクノロジー潮流

テクノロジー潮流

[連載] テクノロジー潮流

エボラ出血熱と情報セキュリティー

[連載] テクノロジー潮流

21世紀の日本のかたち 農電業と漁電業

[連載] テクノロジー潮流

工学システムの安全について

[連載] テクノロジー潮流

エネルギー移行と国民の価値観の変化

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

自動車産業・産業機械の世界的サプライヤー、シェフラーグループの日本法人で2006年イナベアリングとエフ・エー・ジー・ジャパンが合併して設立。国内4拠点で自動車エンジン、トランスミッション、シャーシなど精密部品、産業機械事業を展開する。文=榎本正義四元伸三・シェフラージャパン代表取締役・マネージング…

シェフラージャパン代表取締役 マネージング・ディレクター 四元伸三氏

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

【特集】2019年注目企業30

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

高校中退、ITスキルなしの17歳の青年が立ち上げた会社が、わずか2年で利用企業約500社、ユーザー約6万人のアプリを運営するまでに成長している。「世の中を変えたい」という思いを原動力に突っ走る谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長に話を聞いた。(取材・文=吉田浩)谷口怜央氏プロフィール…

Wakrak(ワクラク)社長 谷口怜央氏

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年6月号
[特集] 進化するリーダーシップ
  • ・あなたは北風、それとも太陽?
  • ・小路明善(アサヒグループホールディングス社長兼CEO)
  • ・鈴木貴子(エステー社長)
  • ・千葉光太郎(ジャパン マリンユナイテッド社長)
  • ・二木謙一(國學院大學名誉教授)
[Special Interview]

 中村邦晴(住友商事会長)

 「正々堂々と向き合えば、仕事は人を幸せにする」

[NEWS REPORT]

◆パイオニアに続きJDIも 中国に買われる日本企業の悲哀

◆会社はだれのものなのか サイボウズと株主がつくる“共犯関係”

◆24時間営業はどこへ行く コンビニ業界未来予想図

◆トヨタとホンダが手を組み参戦 「MaaS戦争」いよいよ勃発

[特集2]ブランド戦略 新時代

 技術やデザインだけではない ブランドとは商品の哲学だ

ページ上部へ戻る