国際

困難な中心国から先進国への脱皮

 今年に入って、日本株が大きく調整している。株価下落の理由の1つは、昨年、外国人による15兆円という史上最大の買い越しを背景に、日経平均が57%と大きく上がったことの反動だ。そして、もう1つは、景気の低迷、国内の動乱、理財商品を中心とする金融システムなど、中国経済の不安である。

 中国は、発展途上国から短期間で中進国の仲間入りをした。中進国の正確な定義はないものの、1人当たりGDPが5千ドルから3万ドルくらいの国を指すことが多い。ところが、その中進国を卒業するのは難しい。安くて豊富な労働力や潤沢な資源があれば、発展途上国から中進国へ成長することは難しくない。しかし、それからは、賃金上昇により、安価な労働力がなくなる。あるいは、資源だけでは、高い成長率の持続が難しい。これを打破するためには、産業の高付加価値化とイノベーションが必要だ。

 過去数十年間にわたって、中進国から脱皮できていない国の例として、アルゼンチン、メキシコ、南アフリカなどがある。これらは、30年前に既に中進国であったが、いまだに中進国のままだ。発展途上国から中進国へ、そして先進国へと脱皮できた国は、ハイテク産業が育った韓国、台湾、イスラエルなどほんのわずかしかない。

 中国の1人当たりGDPは7138ドルと、ベトナムの2064ドル、インドの1389ドル、そしてミャンマーの980ドルを大きく上回る。加えて、賃金はかなり速いペースで上がっている。もはや、世界の工場としての中国の役割は終わった。その一方で、中国では、世界的なハイテク企業は育っていない。このため、中国が早期に中進国から抜け出すのは難しいだろう。

 加えて、日中関係にも不安が残る。日中関係が悪化すれば、日本企業に大きなダメージが発生することは、2005年と12年の反日暴動の例でも明らかだ。歴史を遡ると、中国の反日運動のルーツは天安門事件(1989年)だ。江沢民総書記(当時)は、中国の最高のインテリが集まる北京大学が暴動のリーダー役であったことを重視した。

 江沢民は、中国共産党のDNAと正当性を子どもたちに理解させるべく、本格的な教育改革に乗り出した。中国共産党のDNAと正当性とは「侵略者である日本を中国から追い出し、中国を統一したのが、中国共産党だ」というものだ。92年に国家主席に就任した江沢民は、反日教育を本格的に開始した。

 中国では、貧富の格差拡大や政府の汚職や腐敗などに加えて、経済成長率の低下に伴い、若年失業率が上がっている。こうした要因を背景に、地方で暴動や事件が相次いでいる。12年の日本政府による尖閣諸島の国有化の直後、反日暴動が起こったが、部分的ではあるものの、反日という名の下に、反政府運動が行われていた。チベットやウイグルなどの紛争を抱えているため、やがては、反日暴動が反政府運動に転化することもあり得よう。

 しかし、警察や軍の締め付けが厳しいので、今のところ、政府のコントロールが効いている。ただし、力のみで、長期間にわたって、国民の不満を抑え続けることは不可能だ。

環境は厳しいが日本株の上昇基調は続く

 その点、力に加えて、外に敵をつくることによって、国民の不満をかわすことは有効だ。この方法によって、国内統治に成功している国として、北朝鮮とイランがある。北朝鮮にとっては日本と米国、イランとっては米国と英国が批判の対象だ。そして、北朝鮮は時折ミサイルを発射し、イランでは民衆が米英の大使館に押しかける。

 中国も、同様に、外に敵をつくることによって、国民の不満をかわしている。中国の場合、批判の対象が日本なのだ。頻繁に、中国は尖閣諸島に船を出し、挑発して帰っていく。国内では、「尖閣諸島を不法に占拠している」と言って、国民の不満を日本に向けさせているのだ。

 しかし、これが、いつまでも通用するだろうか。インターネットで海外の情報を簡単に入手でき、そして、日本に旅行する中国人が急増している。いつまでも、日本を悪者にして、国内の不満をかわすことはできまい。その時は、中国の民主化が大きく進むかもしれない。同時に、政治、社会、そして、経済が大きく混乱するリスクがあることには要注意だ。

 さて、相場に話を戻そう。米国を中心とする先進国経済は順調に回復しているため、日本株相場の上昇基調に変化はない。米国の金利上昇、経常赤字と財政赤字の縮小、日本の経常黒字の縮小を背景とする円安ドル高基調にも変化はない。そして、先進国の中央銀行は歴史的な超金融緩和を続けているため、リスク資産に向かうマネーもふんだんに供給されている。

 今年6~8月頃、日銀による追加金融緩和、そして政府の成長戦略第2弾が発表されることだろう。よって、日本株の長期上昇基調は不変であり、早晩、相場は反発に転じよう。16年後半以降、日経平均は2万2千円前後まで上昇すると予想する。

 

【WORLD INSIGHT】記事一覧はこちら

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る

関連記事

好評連載

グローバルニュースの深層

一覧へ

習近平政権下の中国経済と新時代の到来

[連載] グローバルニュースの深層

グローバルニュースの深層

[連載] グローバルニュースの深層

原油事情に関するロシアの分析

[連載] グローバルニュースの深層

プーチン露大統領の内外記者会見

[連載] グローバルニュースの深層

中間選挙後の米国を展望する

[連載] グローバルニュースの深層

中国を制するものは世界を制す

変貌するアジア

一覧へ

鴻海によるシャープ買収のもう1つの狙い

[連載]変貌するアジア(第37回)

変貌するアジア

[連載]変貌するアジア(第36回)

SDRの一翼を担う人民元への不安

[連載]変貌するアジア(第33回)

開催意義不明の日中韓首脳会議

[連載]変貌するアジア(第32回)

朱立倫の総統選出馬と台湾海峡危機

津山恵子のニューヨークレポート

一覧へ
無農薬野菜

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第20回)

CESの姿が変わる花形家電よりもネットワークに

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第19回)

米・キューバ国交回復のインパクト

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第18回)

クリスマス商戦に異変! 店舗買いが消え行く

[連載] 津山恵子のニューヨークレポート(第17回)

格差問題が深刻化する米国―教育の機会格差解消にNY市が動き出す

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

次なるステージを駆け上がる日本電子「70年目の転進」–日本電子

 最先端の分析機器・理科学機器の製造・販売・開発研究等を手掛ける日本電子(JEOL)は、ノーベル賞受賞者を含むトップサイエンティストや研究機関を顧客に、世界の科学技術振興を支えてきた。足元の業績は2019年3月期で連結営業利益、同経常利益、同最終利益がいずれも過去最高を更新。かつては技術偏重による「儲からない…

独自開発のホテル基幹システムで業務効率化と顧客満足度を向上–ネットシスジャパン

逆転の発想で歴史に残る食パンを 生活に新しい食文化をもたらす–乃が美ホールディングス

新社長登場

一覧へ

森島寛晃・セレッソ大阪社長が目指すクラブ経営とは

前身のヤンマーディーゼルサッカー部を経て1993年に創設されたセレッソ大阪。その25周年にあたる2018年12月に社長に就任した森島寛晃氏は、ヤンマー時代も含めて通算28年間セレッソ一筋、「ミスターセレッソ」の愛称を持つ。今も多くのファンに愛される新社長が目指すクラブ経営とは。聞き手=島本哲平 Photo=藤…

森島寛晃・セレッソ大阪社長

カリスマ創業者の後任として描く「新しいマネックス証券像」― マネックス証券社長 清明祐子

「若者需要の開拓でビール市場を盛り上げていく」塩澤賢一(アサヒビール社長)

イノベーターズ

一覧へ

非大卒就職マーケットの変革に挑む元教師の挑戦―永田謙介(スパーク社長)

日本企業の年功序列と終身雇用が崩壊に向かう中、制度を支えてきた大学生の新卒一括採用の是非もようやく議論されるようになってきた。一方、高校卒業後に就職する学生のための制度は旧態依然とし、変化の兆しがほとんど見えない。こうした現状を打ち破るべく、非大卒就職マーケットの改革に挑戦しているのがSpark(スパーク)社…

起業家にとって「志」が綺麗ごとではなく重要な理由―坂本憲彦(一般財団法人立志財団理事長)

勉強ノウハウと法律知識で企業の「働き方改革」を促進する―鬼頭政人(サイトビジット社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2020年6月号
[特集] 人材輩出の「新御三家」
  • ・[サイバーエージェント]経営人材を育てる方法 研修より緊張感ある現場経験
  • ・中山亮太郎(マクアケ社長)
  • ・大竹慎太郎(トライフォート社長)
  • ・塚原文奈(ストアーズ・ドット・ジェーピーCEO)
  • ・[楽天]ベンチャー精神は創業者が体現する
  • ・体育会的ノリと目標必達の企業風土が育てた起業家群
  • ・[DeNA]意志と情熱を後押しする人材育成術
  • ・橋本 舜(ベースフードCEO)
  • ・鈴鹿竜吾(ライトマップ社長)
[Special Interview]

 飯島彰己(三井物産会長)

 人が成長するために必要なこと

[NEWS REPORT]コロナ禍後の経済地図を読む

◆避けられない合従連衡 日の丸電機の進むべき道

◆自動車業界は大再編必至 生き残れるのはどこだ!

◆存続の危機を迎えた百貨店 小売り業界のEC加速が止まらない

◆“会わずに診る”コロナで広がるオンライン診療

[特集2]

 社長のセルフブランディング

 第一印象/SNS・ネットツール活用/言葉の力/プレゼン技術

 [特別インタビュー]友近(お笑い芸人)

 最強のセルフブランディング術「憑依芸」を語る 

ページ上部へ戻る