広告掲載
経営者に愛読される雑誌に記事を掲載しませんか?

世界最古の企業、宮大工として技術を伝承してきた金剛組

刀根健一氏

宮大工として四天王寺を護り続けた金剛組

 世界最古の企業といわれるのが社寺建築の金剛組だ。創業は飛鳥時代の578年。官寺である四天王寺の建立のために聖徳太子が百済から招いた3人の工匠の1人、金剛重光が創業した。四天王寺の建立後も、金剛組は江戸時代まで四天王寺お抱えの宮大工として、代々、四天王寺を護り続け、優れた技術を継承してきた。

 刀根健一社長は、金剛組が1400年の長きにわたり継続してきた理由を次のように語る。

 「一番は何といっても、四天王寺さんのお陰ですよ。それから宮大工の技術。これに尽きると思っています」

 四天王寺は度重なる戦乱や災害に巻き込まれ、その都度、伽藍が損害を受けてきており、その再建を金剛組が担ってきた。また、1400年の間に、造形の美的感覚を追求し、質を高めてきたことも、技術の研鑚につながっている。

 「あれだけの伽藍の建築を常に仕事にしていたわけで、それだけでも宮大工の技術の伝承はすごいものがある」(刀根社長)

 金剛組の最初の転換点はまず明治になって廃仏毀釈が実施されたこと。これにより、四天王寺は寺領を失い、金剛組も四天王寺からの禄を失った。それ以後は、四天王寺をベースとしながらも、四天王寺以外の社寺建築に進出していった。

金剛組の歴史と技術力に支援が集まる

 昭和恐慌の際には大きな危機を迎えたものの、何とか乗り切った。そして戦後になって、1955年に法人化し株式会社となった。これを機に事業規模の拡大を推進。社寺以外の一般建築も手掛けるようになり、関東にも進出した。

 ピーク時の売上高は99年の130億円で、その6割が一般建築の鉄筋コンクリート造だった。それだけ社寺以外に展開していたことになる。しかし一般建築では大手ゼネコンとのコスト競争に勝てるノウハウはなく、受注しても採算ベースに乗らない案件が多かったという。2005年に売上高は75億円にまで減っていた。結果的には、事業の幅を広げ過ぎたことから経営が破綻した。

 ここで支援の手を差し伸べたのが髙松建設だ。支援の際には、「続いてきたものが、いったん壊れたら元には戻らない。金剛組を潰すのは大阪の同業の恥」という思いがあったという。ただし、髙松建設は上場企業であるため、支援については株主の理解が必要だった。さらに実際に支援できた大きな要因は、債権放棄だったという。

 「関連する業者や銀行が債権放棄に応じてくれたことが大きい。そこまで支援をしてくれるだけの歴史や技術力が金剛組にあったから、皆さんが同じ気持ちになってくれたのではないでしょうか」と刀根社長は語る。

再建後も宮大工との関係は変わらず

刀根健一(とね・けんいち) 1954年生まれ。73年髙松建設入社、2001年同社取締役。04年青木あすなろ建設常務執行役員大阪建築本店長、05年青木マリーン取締役。11年金剛組専務執行役員を経て、12年同社代表取締役社長に就任。

刀根健一(とね・けんいち)
1954年生まれ。73年髙松建設入社、2001年同社取締役。04年青木あすなろ建設常務執行役員大阪建築本店長、05年青木マリーン取締役。11年金剛組専務執行役員を経て、12年同社代表取締役社長に就任。

 06年に、髙松建設が全額出資した新しい金剛組に従来の金剛組から営業権を譲渡させ、従業員の大半を移籍させ、新生・金剛組として再出発した。

 新会社になってからは、特に組織を変えなかったが、「普通の会社」に戻すことに努めたという。それは主に前社長の小川完二氏(髙松コンストラクショングループ社長)が取り組んだ。ひとつはガラス張り経営で、どこの会社でもやっているような情報開示を行った。情報共有や意見交換を行い、とにかく普通の会社の経営に戻したという。また、刀根社長になってからは、見える化を進めてフローチャートを定め、物事の進め方をより組織的に変えていったという。

 経営状況について、刀根社長は次のように語る。

 「恐らく社寺に関しては、そんなにひどい経営はしていなかったと思います。ピーク時の売り上げ130億円の4割が社寺で、規模としては50億円。新会社になってからの売り上げは40億〜50億円で推移していますから、今と変わりません。社寺以外のところの採算が合わなくなっただけだと思います」

 戦後に拡大していった一般建築分野で失敗しただけであり、社寺部門は変わらず順調だったことになる。それだけに現在は髙松コンストラクショングループの一員として、社寺建築専業に徹している。

 金剛組の技術力の源である宮大工は、組という単位で組織され、大阪に6組、東京に2組あり、計8組約120人の専属宮大工で構成される。これらの組は金剛家を棟梁とし、金剛家の弟子という感覚で専属意識を有している。この宮大工との関係は今後も変わらないという。

 ただし、社寺業界は、少子高齢化や檀家離れにより、市場が縮小傾向にあるという。今後について、刀根社長は「業界の中の適正な規模で、あくまで質を追う」と原点に立ち返る構えだ。

 
経済界 電子雑誌版のご購入はこちら!
雑誌の紙面がそのままタブレットやスマートフォンで読める!
電子雑誌版は毎月25日発売です
Amazon Kindleストア
楽天kobo
honto
MAGASTORE
ebookjapan
 

雑誌「経済界」定期購読のご案内はこちら

経済界電子版トップへ戻る