文化・ライフ

グリップを見ただけでゴルフの実力は悟られてしまう。それはグリップがクラブとカラダの唯一の接点であり、カラダとクラブの正しい動きをつかさどる決定的な要素だから。そして美しいスイングの土台となる。正しいグリップを学んでほしい。

クラブの握り方を間違えれば美しいスイングはできない

0424_20140513_CEOgolf_01

小指の付け根から人差し指の第2節のラインをグリップに横からあてがい「指で握るグリップ」を作る

 グリップを作る際に最も注意すべき点は「どこで持つか」です。これは「ゴルフスイングをどのような動きとイメージしているか」に深くかかわっており、ここに勘違いがあると、いかにスイング作りの設計図が理にかなったものであっても、美しいスイングに到達できません。

 「真っすぐ打ちたい」と思うほど、打面を目標に向けたまま真っすぐクラブを押すように動かしたくなります。それにはしっかり手のひらでクラブを持ち、ゆるみが出ないようにつかむ。野球のバットや昔のテニスのラケットの持ち方に近いと言えるでしょう。

 この持ち方の場合、クラブヘッドと同時にグリップも動く。極端に言えばクラブ全体が平行移動するイメージです。インパクトゾーンを真っすぐのラインと発想していることも連動しているのでしょう。

 しかしそれこそがスライスや飛距離を伸ばせずにいる原因なのです。それは手のひらでクラブを持つと手首がロックされてしまうためです。

0424_20140513_CEOgolf_02

ボールを真っすぐ打とうとすると、クラブの動かし方は平行移動のイメージ。これでは手のひらで握りがち

 ゴルフスイングは平行移動ではなく、振り子のイメージです。グリップエンドの動きに比べ、クラブヘッドがより大きく振られるもの。インパクトゾーンも振り子の軌道に沿った曲線になります。この動きならばヘッドは加速しますし、ボールを捕まえるためにフェースが閉じる動きも生まれます。だからスライスしないし、飛距離も出ます。

 そのためのグリップは、指で握ります。小指の付け根の関節から人差し指第2関節に向けてグリップを横からあてがい、それから指先と手のひらを巻き付ける。

 指で握ると手首はやわらかく使える状態になります。グリップについて「小鳥を包むようにやわらかく」と言われることもありますが、それも手首をやわらかく使うためと聞けば、目的も合致し、腑に落ちるのではないでしょうか。

ゴルフクラブの構造に沿った操作法と握り方を考える

 ゴルフクラブのグリップがバットやラケットに比べて細いのは、そのほうが手首をやわらかく使いやすいからです。

 クラブはただの棒ではなく、棒の先にかぎ型に角度(ライ角)をつけたヘッドが装着され、その面でボールを打つ構造。バットやラケットと構造が違えば使い方や持ち方が違うのは当然でしょう。

クラブをグリップエンドを支点にして振り子のように振るイメージ(左)を持つと、グリップを指で握る感覚になる

クラブをグリップエンドを支点にして振り子のように振るイメージ(左)を持つと、グリップを指で握る感覚になる

 この特殊な構造を正しく活用するには、振り子のように動かすこと。そのため、手首を自由に動く状態にしておくことが、グリップを作る上での最重要マターなのです。

 はじめは頼りなく感じたり、勝手に動いてしまうようで不安かもしれません。しかしグリップエンドがあるため、すっぽ抜けたりはしません。自在に操れず、勝手に動かされてしまうように感じるのも、ヘッドの重さによって動かされている、つまり道具によって作られた動きなので、悪い動きではないのです。

 クラブは、カラダとの接点であるグリップを「かなめ」として扇のように動く。こうしたクラブの正しい動きのイメージはそのままカラダの動きの正しいイメージにもつながっていきます。今回は、設計図に沿って築いていくスイング作りの第一歩として、クラブとカラダの接点を完成させ、同時にクラブの動きのイメージをお伝えしました。この土台部分のエラーを解消しておけば、ここから先のスイング作りという作業効率はグンと高まるはずです。

 

CEOゴルフのポイント

□ 力みのない正しいグリップは美しいスイングの前提。

□ 指でクラブを持つと手首がしなやかに使え、振り子としてクラブを操れる。

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

二宮清純のスポーツインサイドアウト

一覧へ

米山公啓の現代医療の真相

一覧へ

見落としやすい薬の副作用

[連載] 現代医療の真相(第19回)

現代医療の真相

[連載] 現代医療の真相(第18回)

肺炎球菌ワクチンから見えるワクチン後進国日本

[連載] 現代医療の真相(第17回)

認知症・徘徊老人を受け入れる街づくり

[連載] 現代医療の真相(第16回)

サプリメント・ブームにもの申す

[連載] 現代医療の真相(第15回)

インフルエンザ予防接種は受けるべきか

吉田たかよしのビジネス脳の作り方

一覧へ

ネット検索の集中力は「独り言」で高まる!

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第20回)

ビジネス脳の作り方

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第18回)

人材育成のコツ ~部下の才能を褒めるとダメ人材に育つ~

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第17回)

株取引の損得は男性ホルモン量で決まる?

[連載]吉田たかよしのビジネス脳の作り方(第16回)

アルツハイマー病は脳の糖尿病!?

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

上場して分かったTOKYO PRO Marketのメリット―前田浩・ニッソウ社長に聞く

多くの経営者が目標とする株式上場。しかし、上場に掛かるコストや時間、その他諸々の条件を考慮して、「上場は到底無理」と諦めてしまうケースも少なくない。そんな経営者にとって有力な選択肢となるのが東京証券取引所の運営する第五の市場TOKYO PRO Marketへの上場だ。2018年に同市場に上場を果たした、株式会…

前田浩氏

未来のモビリティ社会実現に向け日本と欧州の懸け橋に―シェフラージャパン

日本一歴史の長い女性用化粧品会社が挑む「革新と独創」―伊勢半

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

佐藤輝英・BEENEXTファウンダーに聞く「起業家から投資家に転身した理由」

Eコマースを中心に成長を続けるBEENOS。その創業者である佐藤輝英氏は、5年前に社長を退任。4年前には取締役を辞任し、経営から退いた。それまで起業家として生きてきた佐藤氏が次に選んだのは起業家支援。BEENEXTを設立し、新しいイノベーションを起こそうとしている起業家への投資を始めた。その中でも投資の中心と…

チェ・ゲバラに憧れた10代起業家が目指す「働き方革命」― 谷口怜央・Wakrak(ワクラク)社長

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸 …

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年7月号
[特集] 素材の底力〜世界をリードする素材産業〜
  • ・素材のイノベーションが日本経済をリードする
  • ・化学工場 企業ごとの特色も鮮明に存在感増す化学素材
  • ・電気自動車普及が始まる車載バッテリーの覇権戦争
  • ・炭素繊維 市場を開拓してきた日本が技術的優位を保ち続ける法
  • ・「鉄は国家なり」の時代を経て問われる「日の丸製鉄」の競争力
  • ・経産省 日本の素材産業が世界をリードするための3つの課題
  • ・就職人気は下位に低迷でも焦らない素材メーカー
[Special Interview]

 日覺昭廣(東レ社長)

 「長期的視点で開発するのが素材企業のDNA」

[NEWS REPORT]

◆営業利益率10%突破 ソニーならではの「儲けの構造」

◆日本初の民間ロケットが宇宙空間に到達

◆携帯参入まであと4カ月 国内4番手「楽天」の勝算

◆日産・ルノーが直面する「経営統合問題」長期化の落とし穴

[Interview]

 「君は生き延びることができるか」──ガンダム世代が歩んだ40年

 常見陽平(評論家・労働社会学者)

ページ上部へ戻る