政治・経済

関西財界再編成の序曲

 

関西財界首脳らの老化現象

 不況の代名詞になった昭和40年。高度成長期に酔った“花見酒経済”に揺さぶりをかけた戦後20年という節目の不況。その嵐は株式市場を襲い、山陽特殊鋼、サンウェーブなどを倒産に追い込む。指標になる株価は額面割れ銘柄を続出させていた。

 時の関西財界首脳は、大阪商工会議所(大商)会頭が小田原太造(久保田鉄工社長・現クボタ)、関西経済連合会会長が、前回紹介した太田垣士郎のあとを継いだ阿部孝次郎(東洋紡会長)、大阪工業会会長が井口竹次郎(大阪ガス会長)、関西経営者協会会長が湯浅佑一(湯浅電池社長)と、一見万全。

 だが、現代とは異なり、この財界首脳らの年齢は70歳を超えていた。その老化現象が随所で見られ、「これでいいのか」の懸念が噴出し始めていた。

 景況は既に上向き加減。ことに関西は、大阪千里丘陵での「日本万国博覧会(1970年)」の開催決定で、いわゆる“万博景気”が訪れかけていた。この国際化時代への対応に大商・小田原の果たした役割は大きい。

関西財界の世論が小田原引退を後押し

 さりとて、明治25年生まれの小田原は当時既に73歳。老化現象が顕著になり、側近筋・財界筋をハラハラさせる場面が多発し、問題を投げ掛けていた。

 ウルトラワンマンだからこそ、側近筋の活躍で、キメ細かい功績を積み上げてきた小田原の評価は高かった。だが、日増しに深まる老化の色は、周囲の“失笑”を誘いつつ、彼の名声を凋落と表現できるほど下げ始めていた。

 閣僚の来阪や日銀総裁との懇談会。原稿を見ながら挨拶する小田原は、耳を傾ける聴衆を前に、しばしば絶句した。視力の衰えからくるミステイク。それは昭和41年正月の年賀会で頂点に達する。

 挨拶原稿を2枚、一緒にめくり、続かぬ文章に絶句して立ち往生する小田原。静まり返る会場で、噴き出す汗をハンカチで拭いながら、「もとい」と発して挨拶を継続した有名な事件である。

 「これ以上、小田原さんの評価を落とすべきではない」

 「速やかに引退を願おうではないか」

 会場の私語は、やがて、関西財界の世論になる。

 そして、盛り上がる大商会頭更迭論。これこそが、関西財界再編成のトリガー、つまり、引き金になる。

関経連代表幹事の座を断った松下幸之助と堀田庄三

 関西財界再編成の序曲は、老化著しい大阪商工会議所会頭・小田原太造に対する引退勧告の準備から始まった。動いたのは、関西財界のポリシーボード『朝の会』の17人の面々。きわめて周到な手順で事が進められた。

 昭和40年末、関西経済同友会の代表幹事経験者(OBのすべてが朝の会の主要メンバー)による代表幹事選考委員会が開かれた。

 事前の打ち合わせどおり、選考委員会は満場一致で2人の選任を可決する。1人は、過去に2回、代表幹事を経験した中司清。元鐘紡副社長で戦後分離独立した鐘淵化学(カネカ)社長。もう1人は、住友グループの新進気鋭、山本弘・住友信託銀行社長。何とも心憎い人事であり、その裏面では大商会頭と関経連会長の若返りに照準が定まっていた。

 時代はまさに激動のとき。5年後に開催される日本万国博覧会を日本国内はもとより、世界が注目する祭典と見ていた関西財界では、万博会長への大物招聘が優先順位の筆頭だった。

 イの一番に推挙されたのは、〝経営の神様〟松下幸之助。だが、松下は、「支援・協力はするが、その任にあらず」と、婉曲に断わりを入れた。2番手の候補だった住友銀行の堀田庄三も、日銀総裁のポストが念頭にあったために、会長就任を固辞。人選は難航する。

 ただし、水面下では秘かに1つの取引が進捗。堀田の副会長受諾を条件に、石坂泰三・経団連名誉会長を推挙。万国博担当大臣・三木武夫がそれを承諾し、意中の人・石坂を口説き落とすことになる。

 ところが、そんな中、関経連会長の阿部孝次郎が突如として万博会長問題の解決に立ち上がる。それは、彼と側近に、政財界の事情が知らされていなかったという悲喜劇だった。

 もちろん、上京して三木と会った阿部は瞬時に失意の人となり、結局、財界首脳の座、関経連会長を勇退する羽目に陥った。

 他方、同友会代表幹事に就任した中司と山本は昭和41年4月、関西5経済団体首脳に「お披露目の挨拶がしたい」と呼び掛け、大阪の料亭「なだ万」で一席を設ける。その客の中に、事前に趣旨を説明し、了解を取り付けていた相手がいた。

 大阪商工会議所専務理事の里井達三郎と久保田鉄工秘書の東田和四。ともに著名な〝訳知り〟であった。

料亭「なだ万」に集結した関西経済5団体の首脳陣

 大阪市東区(現中央区)にあった著名な料亭「なだ万」。その玄関先に昭和41年4月21日夕刻、高級車が相次ぎ到着した。顔ぶれは関西の経済5団体の正副首脳と側近筋。それは、まぶしいという表現がピタリとはまる、実にきらびやかな光景だった。

 当時の関西経済同友会報「関西経済同友」は、表紙に一同の写真を使い、次のように伝えている。

 「このように経済団体首脳が一堂に集まって懇談するのは前例のないこと。経済団体協調の画期的な一歩として各方面に大きな反響を呼んだ」

 また新聞各紙にも「在阪経済団体協調へ一歩」という大きな見出しが躍り、一斉にこの試みを讃えている。

 しかし、財界裏面史ともいえる、この席で起きたハプニングについては、どの紙面も報道していない。

 この日、同友会の新代表幹事、中司清・鐘淵化学(現カネカ)社長と山本弘・住友信託銀行社長は、就任挨拶状によって財界協調体制確認を前面に打ち出す一方、裏面で、老化顕著な大阪商工会議所会頭・小田原太造の退陣を迫る根回しを完了させていた。

 お座敷の設営もミナミ地盤の小田原に配慮して、芸者もミナミの「大和屋」から先に入れるという周到な舞台回し。財界と財界裏方の英知は、小田原退陣の花道をいかに演出するかに絞り込まれ、側近の東田和四(久保田鉄工秘書)がシナリオを書き、小田原もまた見事に主役を演じ切っていたのである。

 宴会は型通りの就任挨拶で始まり、芸妓・梅富の京舞などで盛り上がった。ところが、直後にハプニングが起きる。小田原がおもむろに立ち上がり、末席に足を運んで「ひとこと、ご挨拶を」と、内ポケットから原稿を取出しこう語り始めたのである。

 「新代表幹事はご両所とも文筆が立ち、絵をたしなまれるとか。さぞかし、関西財界の立派なデッサンを描いておられることと思う。私はこの席を借りて5団体協調の第一歩を皮切りに、今後もこの会合を持つことを提案したい」--。要旨は財界の協調と結束強化。しかし、実質的にはこれが小田原の引退表明であり、次代を担う〝7人の侍〟が仕掛けた無血クーデターの成功を意味していた。

 

関西財界の地殻変動と芦原義重・関経連会長の誕生

 

小田原太造・大阪商工会議所会頭の更迭劇の影響

 昭和41年4月21日夕刻、関西の経済5団体首脳が一堂に会した料亭「なだ万」における〝含み〟のある晩餐会は盛会裏に終わった。

 だが、所期の目的である小田原太造・大阪商工会議所会頭の更迭劇のみに留まらず、それは関西財界の地殻変動にまで発展する。後輩財界人がひそかに待ち望んでいた事態が、まさに急転直下、具現化したからである。

 小田原は任期を待たずに辞めるに際し、側近筋にこう意向を伝えた。

 「ワシは後継者に市川(忍副会頭・丸紅社長)を推すが、キタは間違っても松原(譽三松・日立造船社長)を支持しないだろうねぇ」

 側近筋は即座に〝7人の侍〟に連絡をつける。7人の返事は、「小田原さんが指名する人なら誰でも支持する。条件は飲む。ただし、伏せろ」。

 伏せに伏せられた人事。留任は佐伯勇・近鉄社長と中小企業代表の村井八郎・日東工業社長の両副会頭。新加入は、産業界、金融界をそれぞれ代表する長谷川周重・住友化学社長と寺尾威夫・大和銀行(現りそな)頭取。副会頭布陣は、村井を除く3人が朝の会の有名メンバーで重厚そのものといえた。

関西財界の総本山辞任で芦原義重擁立へ

 大商・小田原更迭という無血クーデターの余波は大阪工業会にも及んだ。井口竹次郎会長(大阪瓦斯会長)が突然辞任。4歳若い室賀国威副会長(敷島紡績社長)が後継者に指名された。そしてその秋、ついに関西財界の総本山、関経連の阿部幸次郎会長が辞意を表明。本命・芦原義重の登板が実現された。

 次代を担う財界人の間では、芦原擁立のコンセンサスが既にできていた。ところが、そこには2つの問題があった。1つは、大阪建物社長の工藤友恵の存在。工藤は関経連の発足時から運営面にタッチする実力派の常務理事で、自他共に〝工藤関経連〟との認識があった。加えて工藤は芦原と同年輩。そのため、芦原擁立のムードに対しては、敢然と反旗をひるがえしていた。

 もう1つの問題は、会長の阿部と東洋紡で同じ禄を食み、先輩・後輩の間柄であった谷口豊三郎だ。立場上、因果な阿部引き落としの手先になることははばかられ、「利害の利、理屈で動かないのが世の中」との考えを貫いていた。

 こうして、関経連の綱引きは秋の総会まで続く。

芦原義重が差配した顔ぶれ

 渓雲漠々 水泠々--長野県の「くろよんロイヤルホテル」の菖蒲池のほとりに80トンという巨岩の句碑に芦原義重・関西電力社長が斎戒沐浴して揮毫した王陽明の漢詩の一説がある。

 「渓の雲、遠くはるかに、水や風の音、清らかで涼しい」

  〝泠〟が 〝冷〟でないところにこの漢籍の素晴らしさがある。今から30年ほど前、黒部開発20周年を記念して、世紀の建設工事に従事したゼネコン5社に対して関電首脳がその労をねぎらい、あらためてお礼の言葉を述べる催事のドラマといえる句碑が建立された。それは芦原にとって、先輩・太田垣士郎と苦楽を共にした記念すべき催事であった。

 太田垣の差配により、阪急電鉄から国策に沿って転じた関西配電(現・関西電力)。しかも、太田垣は芦原を関電のみならず、関西財界の首脳へのお膳立てを行った。そして昭和41年秋、芦原は財界再編成の渦中に関西の財界総本山・関西経済連合会の会長に就任する。その過程で関経連の主である工藤友恵の妨害戦術に遭遇するが、芦原擁立で意思統一する朝の会面々の芦原内閣作りは、工藤を排除した、ほぼ完璧なスタートになる。

 唯一、盟友である東洋紡の谷口豊三郎の副会長受諾問題だけが即決に至らなかった。その背景には、谷口の先輩である阿部孝二郎の関経連会長辞任が財界再編成で引きずり下ろされた印象があり、自らが受諾しにくかったことがある。また、谷口は東洋紡社長の座を川崎邦夫に譲り、繊維業界の若返りを口にしていた。

 そこで芦原は毅然たる態度で組閣に臨む。「新しい革袋に新しい酒を注ぐため、あえて旧弊を避けて通る新内閣と思ってほしい」(芦原)。

 11月総会で誕生し、発足した顔触れは、芦原以下、大原總一郎・倉敷レイヨン社長、中司清・鐘淵化学社長、栗本順三・栗本鉄工所社長、日向方斎・住友金属社長、上枝一雄・三和銀行頭取、それに神戸商工会議所会頭の砂野仁・川崎重工社長、京都商工会議所会頭の森下弘・日本新薬副会長陣。金融系列では、興銀、富士、三和、住友、三井、第一、三菱が網羅された絶妙のバランス。

 会費は会長会社が群を抜き、関電が事務所の交際費をすべて面倒見る滑り出し。花街の評判は上々であった。

筆者の記事一覧はこちら

関連記事

好評連載

深読み経済ニュース

一覧へ

[連載] 深読み経済ニュース解説

2015年の経済見通し

[連載] 深読み経済ニュース解説

再デフレ化に突入し始めた日本経済

[連載] 深読み経済ニュース解説

消費税率引き上げ見送りの評価と影響

[連載] 深読み経済ニュース解説

安倍政権が解散総選挙を急ぐ理由

実録! 関西の勇士たち

一覧へ

稀有のバンカー、大和銀行・寺尾威夫とは

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第20回)

実録! 関西の勇士たち

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第17回)

三和銀行の法皇・渡辺忠雄の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第14回)

住友の天皇・堀田庄三の人生

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第11回)

商売の神様2人の友情 江崎利一と松下幸之助

[連載] 実録! 関西の勇士たち(第7回)

関西財界の歴史―関経連トップに君臨した芦原義重の長期政権

ビジネストレンド新着記事

注目企業

一覧へ

【特集】2019年注目企業30

 2018年の日本経済は、世界のマーケットを席巻してきた中国経済の成長鈍化が鮮明になり、併せて米・中の経済摩擦、英国のEU離脱問題などの対外的な課題が重なって大きな閉そく感が漂う年だった。 しかしながら元気な中堅・中小企業はネガティブな要因をものともせず独自の経営手法で活路を開いている。 原点回帰で、顧客第一…

「超サポ愉快カンパニー」としてワクワクするビジネスサイクルを回す―アシスト

ITと建設機械、グリーンエネルギーの3本柱で地球環境問題解決に貢献する―Abalance

新社長登場

一覧へ

地域に根差した証券会社が迎えた創業100周年―藍澤卓弥(アイザワ証券社長)

中堅証券会社のアイザワ証券は今年7月、創業100周年を迎えた。この記念すべき年に父からバトンを受け継ぎ新社長となったのが、創業者のひ孫にあたる藍澤卓弥氏。地域密着を旗印に掲げてここまで成長してきたアイザワ証券だが、変化の激しい時代に、藍澤社長は何を引き継ぎ、何を変えていくのか。聞き手=関 慎夫 Photo:西…

メディカル事業を横串にすることでシナジーを発揮し、顧客満足度向上へ 伏見有貴(リゾートトラスト社長)

新事業の芽を伸ばすことでさらに大きな個性的な会社を目指す――日髙祥博(ヤマハ発動機社長)

イノベーターズ

一覧へ

ペット仏具の先駆企業が「ペットロスカフェ」で目指す癒しの空間づくり

家族のように接していたペットを亡くし、飼い主が大きな喪失感に襲われる「ペットロス」。このペットロスとなってしまった人々が交流し、お互いを癒し合うカフェが、東京都渋谷区にオープンした。「ディアペット」を運営するインラビングメモリー社の仁部武士社長に、ペット仏具の世界とペットロスカフェをつくった目的について聞いた…

元引きこもり青年が「cluster」で創造する新たなVRビジネスとエンターテインメント(加藤直人・クラスターCEO)

日本人の英語学習の課題解決に向け、学習者目線のアプリを開発―― 山口隼也(ポリグロッツ社長)

大学の挑戦

一覧へ

専門分野に特化した“差別化戦略”で新設大学ながら知名度・ブランド力向上を実現――了徳寺大学・了徳寺健二理事長・学長

2000年設立で、了徳寺大学が母体のグループ法人。医療法人社団了徳寺会をグループ内に持つ。大学名の「了」は悟る、了解する、「徳」は精神の修養により、その身に得た優れた品性、人格を指す。「了徳寺」は人間としての品性、道を論す館の意味を込めた大学名だ。 聞き手=本誌/榎本正義 、写真/佐々木 伸教育部…

大学の挑戦

創立100周年、西南学院大学・K.J.シャフナー学長「世界に貢献しインパクトを与える人材を育てる」〜国際交流・就職支援・インターネット出願〜 

「“STAND BY YOU”のスローガンの下、学生一人ひとりに寄り添う教育を」――中央学院大学・佐藤英明学長

経済界からのお知らせ

最新号のご案内

経済界2019年4月号
[特集]
日本の「食」最前線

  • ・総論 日本の「食」から世界の「食」へ 成長産業となった農水・食品産業
  • ・「食」の輸出1兆円を支えるジェトロの役割
  • ・全国で進むブランド化「食」から始まる地方創生
  • ・上海で見た日本の「食」の未来
  • ・海外進出した外食チェーン「成功」と「失敗」の分かれ目
  • ・日本人が知らない中国の「日本食ブーム」の真実
  • ・消費税引き上げで始まる「外食VS中食」最終戦争

[Special Interview]

 星野晃司(小田急電鉄社長)

 「未来を見据えた挑戦で日本一暮らしやすい沿線をつくる」

[NEWS REPORT]

◆中国リスクが顕在化 電機業界に再び漂い始めた暗雲

◆持続可能な水産業へ 魚はいつまで食べられるのか

◆CES 2019現地レポート 家電からテクノロジーへの主役交代が鮮明に

◆相次ぐトラブルで業績悪化 SUBARUの見えない明日

[総力特集]

 2019年注目企業30

ページ上部へ戻る